士業の事務所の売り上げをアップ!SEOのタグとHTMLの関係を解説!

アマンプリ

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

士業の先生の事務所のネット集客を成功させるための1番重要なポイントは先生の事務所の多くのお客様をネット集客できるかどうかにかかっています。

士業の先生にとって営業活動の中核を担うホームページの完成度は、開業後のネット集客を考えると1番重要だといっても過言ではありません。

そんな事務所ホームページのネット集客にとても重要な施策の1つがSEO対策になり、SEO対策については続けて行っていくことで、時間はかかりますが必ずネット集客の成果に繋がります。

事務所ホームページのSEOの内部施策として有効になるタグはHTMLで記述する必要があり、今回のサムライ集客ガイドは、SEOで有効となる事務所サイトの内部施策のタグをHTMLで記述する方法について解説をいたします。

こういったことも先生ご自身が理解していると事務所ホームページにちゃんとSEOの内部施策が施されているかどうかの確認ができます。

今回のサムライ集客ガイドを読むと、対策で有効となる内部対策のタグの記述についての基本的な知識が身に付きます!

ネット集客に重要なSEOのタグとHTMLの関係!士業のホームページ作成

サムライ集客ガイドは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など、士業の事務所ホームページの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用について、そのノウハウを発信する士業専門の集客ガイドです!

前回のサムライ集客ガイドで、事務所のホームページを構成する基本的な知識であるHTMLとCSS、そしてJava Scriptというという一般的なホームページを構成するために開発された言語について解説をいたしました。

今回のサムライ集客ガイドでは、ホームページを作成した後のSEOの内部対策の1つとしてHTMLのタグの重要性について解説をしていきます。

士業の事務所のホームページはウェブマーケティングでの集客の中核を担いますので、以前のサムライ集客ガイドでもお話ししたように、ホームページ作成を制作会社に丸投げして粗悪品を掴ませられないようにするためにも、ホームページ作成についての基本的な知識を身に付けていきましょう。

今回のサムライ集客ガイドはかなり高度な内容になっていますので、これから事務所ホームページにSEO対策を施していくための基本的な考え方の1つだとして今回は聞き流す程度で、今後のサムライ集客ガイドで何度もSEOの施策で同じような話しがでてきますので、最終的には理解していただきたいと思います。

それでは、HTMLの中でもSEO対策にもっとも重要とされる「titleタグmetaタグ」「hタグ」の3つのタグについて解説をいたします。

まず、今回のサムライ集客ガイドで解説をするタグについては、先生の事務所のホームページのSEO対策をおこなっていく上で必要な要素だと理解しておいてください。

まず、titleタグ」は、先生の事務所ホームページのタイトルを設定するために使用するタグになります。

「titleタグ」は、事務所のホームページ上に実際に表示されるわけではなく、GoogleやYahooといった検索エンジンの検索結果の一部としてブラウザに表示されます。

また、ちょっとわからない言葉がでてきましたが、ブラウザとは以前は多く使用されていたインターネットエクスプローラーや最近ではグーグルクロムやマイクロソフトエッジなどのことで、パソコンの画面上にホームページを表示するためのソフトウェアのことになります。

下記の画像の赤線に囲まれている部分が、「titleタグ」になります。この「titleタグ」は前回のサムライ集客ガイドで解説をしたHTMLで記述いたします。

「titleタグ」はGoogleなどの検索エンジンが検索結果の順位を決めるために重要な役割を果たします。

「titleタグ」の作成のポイントは、一般的にはタイトルとしての事務所名とサブタイトルとして先生の事務所の特徴が分かるキーワードを盛り込むことで作成し、先生の事務所ホームページのファーストビューとタイトルの内容に相違がないようにします。

「titleタグ」は上記の画像のように事務所ホームページに対しても、それぞれのページやブログ記事に対しても設定することができます。

例えば、今先生が見ているこのページの「titleタグ」は、「士業の事務所の売り上げをアップ!SEOのタグとHTMLの関係を解説!」になります。

なかなかイメージがわかないと思いますが、「titleタグ」は先生の事務所のホームページ上には表示されず、GoogleやYahooといった検索エンジンの検索結果に表示されるということは覚えておいてください。

次が、metaタグ」についての解説になります。

「metaタグ」も「titleタグ」と同様に先生の事務所のホームページ上に表示されるわけではありません。

「metaタグ」も、HTMLの中に記述して、先生の事務所ホームページの付加情報を表現するタグで、SEO対策に有効とされているのが、キーワードタグ「meta keyword」とディスクリプションタグ「meta description」になります。

ただ、どちらも以前ほどはSEO対策に大きな効果が期待できるわけではないのですが、メタディスクリプション「meta descriptionは「titleタグ」の下部分に出てくる解説の説明文にになりますので、メタディスクリプション「meta descriptionの内容が魅力的であれば事務所ホームページやブログ記事などのCTR(クリック率)が高くなり間接的にSEOの効果が期待できます。

また、キーワードタグ「meta keyword」は、例えば先生の事務所ホームページが離婚をメインで取り扱うホームページだとしたら、「離婚」「親権」「財産分与」といった先生の事務所ホームページを検索エンジンで上位表示したいと考えているキーワードをキーワードタグ「meta keyword」で、HTML内に記述するタグの1つになります。

以前はホームページの内容がどのようなキーワードと関係しているのかをGoogleに対し伝える重要な役割を持っていました。

イメージでいうとインスタグラムのハッシュタグを思い描いていただくとわかりやすいと思いますが、以前にキーワードタグが乱用されてしまった結果、現在ではGoogleの非サポートのタグとなってしまいましたので、現在ではSEO的な効果はほとんどないと言われていますが、とりあえず現在でもキーワードタグ「meta keyword」の設定は必要だとされています。

最後が、hタグ」についての解説になります。

この「hタグ」のみが事務所のホームページ上に文章として表示されるタグになります。

以下の画像の赤線で囲まれている部分が「h1タグ」になり、今先生がご覧になっているこのページの記事タイトルの「士業の事務所の売り上げをアップ!SEOのタグとHTMLの関係を解説!」が1番大きな見出しである「h1タグ」になります。

「hタグ」は本の目次のような役割りをするタグで、ホームページの文章の内容が変わった時などで見出しを設定するために使用して、Googleなどの検索エンジンに向けてホームページの構造をわかりやすく示し、文章の構造をより詳しく理解してもらうために使用することでSEO的な効果があると言われています。

「hタグ」には、1番重要な「h1」から「h6」まであり、数字が増えるほどSEO的な重要度は低くなります。

今回のサムライ集客ガイドは、なんだかよくわからなかったというのが正直な感想かもしれません。

今回のサムライ集客ガイドのタグについての解説は、とにかく実感がないと思いますので、再度ワードプレスの解説に合わせてわかりやすく解説をいたしますので、今回はこんなものだという感じでいいと思います。

それでは、今回のサムライ集客ガイドの「士業の事務所の売り上げをアップ!SEOのタグとHTMLの関係を解説!」の解説はは以上となります。

サムライ集客ガイドでは、士業のためのウェブマーケティング講座、失敗しない独立開業のノウハウなど、士業の皆様方が興味深いような内容の記事を随時情報発信してまいります。

サムライ集客ガイドの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、当サイトのお問い合わせから、または、株式会社バウンスバック公式サイトのメールフォームから気兼ねなくご相談いただけたらと考えております。

それでは、サムライ集客ガイドのを最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

ここまでネット集客が事務所の売り上げのアップにマストな方法だといったお話しを続けてきましたが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ネット集客を先生ご自身で勉強して身に付けることが難しい先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせはこちらへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

目次