士業の事務所の売上の安定に!事務所サイトへの検索からの流れを把握する!

サムライ集客ガイド

こんにちは、「サムライ集客ガイド」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

新規の顧客となり得るユーザーを事務所ホームページに誘導するためには、検索からの流れを知る必要があり、その検索からの流れには大きく分けて3つの種類があります。

その3つとは、SEO、PPC、MEOの3種類になり、今回のサムライ集客ガイドでは、それぞれの流れについて元システムエンジニアで司法書士の久我山左近がわかりやすく解説いたします。

今回の記事を読むと、大きく分けて3つの種類がある検索からの流れの種類について理解を深めることができます。

事務所サイトへの検索からの流れを把握しよう!士業のWEBマーケティング!

司法書士法人ホワイトリーガル
借金減額のページをちょっと見てみる!

サムライ集客ガイドは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など、士業の事務所ホームページの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用について、そのノウハウを発信する士業専門のネット集客ガイドです!

今回のサムライ集客ガイドからは、事務所のWEBサイトの分析のお話しから離れて、事務所ホームページへのアクセスを増やす施策について解説をしていきます。

まず、事務所ホームページに訪れるユーザーは、直接URLを打つ方や事務所名で検索する方もいますが、その方たちはすでに先生の事務所のユーザーとなっている方々です。

ですから、これから新規の顧客となるユーザーを事務所ホームページに誘導するためには、検索からの流れを知る必要があり、その流れには大きく分けて3つの種類があります。

その3つは「SEO」「PPC」「MEO」の3種類になり、今回のサムライ集客ガイドではそれぞれについて詳しく解説をいたします。

まずSEOについては、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション(Search Engine Optimization)の略で、日本語で言うと検索エンジン最適化ということになります。

以下の画像は、Goole検索で、士業ウェブマーケティングというキーワードで検索した時の検索結果の画面です。

1番上位に広告が表示されている部分が後で説明するPPC(リスティング広告)のエリアで、その下の赤枠で囲まれた部分が自然検索のSEOのエリアになります。

その自然検索のエリアはGoogleのロボットが、どのページがユーザーにとって最適なのかということを判断してランキングが作成されます。SEOとはそのエリアの上位にご自身のWEBサイトを表示させるための施策になります。

このサムライ集客ガイドのテーマでもあるブロガーさんたちが行なっているネット集客のテクニックもこのSEOになりますので、このSEOでのネット集客を成功させることが士業の事務所の成功の鍵でもあります!

SEOの特徴に関しては、たくさんの施策がありますが、ご自身で行えばすべて無料でできること、そして1番大きなことは1度上位表示されて仕事が受託でき始めると、基本的に永続的に仕事が取れるという大きな資産価値があることがSEOの最大のメリットになります。

SEOに関しては仕事にしている会社もありますが、そちらにお願いするとかなり高額な費用はかかりますので、独立したてでお時間が取れる先生は、しっかりとSEOについての知識を勉強してご自身でトライするのがいいと思います。また、ご自身でできるようになると隙間時間でもSEO対策ができますので、スタバでコーヒーを飲みながらでもSEO対策ができるようになります。

SEOに関しては確実に上位表示ができるといった方法が確立されているわけではありませんが、上位表示を狙うための施策についての情報はたくさんありますので、その施策を創意工夫してトライしながら時間をかけてSEO対策を行っていく必要があります。

SEOに関しては不確実で時間がかかるというマイナス面もありますが、ご自身が無料でSEO対策を行うことが可能なこと、上位表示されてしまえば費用がかからずにネット集客ができますので、ご自身のホームページの資産化という意味でも続けていくことにとても大きな意義がある施策だと思います。

さらに言えば、このSEOからのネット集客が上手くいくことで広告への依存度を減らすことができることも大きなメリットになります。わたしの事務所もとにかくネット集客の分散化を1番の目標にしていますので、その意味でも1番重要なネット集客はSEOからの集客になります。

次がPPC広告(Pay Per Click)の略でクリック課金型の広告になり、日本ではリスティング広告という方が名前が浸透していると思います。

以下の画像は、Google検索で、士業ウェブマーケティングというキーワードで検索した時の検索結果の画面です。

1番上位に赤枠で広告と表示されている部分がPPC(リスティング広告)のエリアです。

リスティング広告については、ご自身が指定したキーワードで広告を出稿したいのかを設定して、そのキーワードで検索された時の事務所ホームページを表示することができる広告になります。

PPC(リスティング広告)はクリック課金型の広告でその名の通り、クリックされて初めて費用が発生する広告になります。

SEOと比較すると、リスティング広告はとても即効性がある広告で、広告を配信する設定が終われば約15分もあれば実際に広告の配信ができますので、今日から広告を出して集客をしたいという事務所様にも対応ができますが、広告ですので1回のクリックで100円がかかったりとか、クリック単価が高いものだと1回のクリックで1000円を超えるようなケースもあります。

基本的に法律関係のリスティング広告のクリック単価は、高額なものが多いと考えておいていただきたいと思います。リスティング広告は即効性がある広告ですが、費用がかかるということは覚えておいてください。

リスティング広告が上手くいかない士業の事務所も多いと思いますが、それにはちゃんと理由があります。わたしの事務所でもずっとリスティング広告を運用していますが、費用対効果が悪くなったことがありません。しっかりとしたランディングページを用意してリスティング広告の運用方法に間違いがなければ絶対に失敗がない広告だとわたしは感じています。

最後が、MEOマップ・エンジン・オプティマイゼーション(Map Engine Optimization)の略で、日本語で言うと地図エンジン最適化ということになります。

例えば駅で喫茶店をGoogleなどの検索エンジンでキーワード検索した時にGoogleマップが出てくることがありますが、そのGoogleマップに先生の事務所を表示させることができる施策で、事前にGoogleマイビジネスに登録する必要があります。

このMEOについては、通常のリアル店舗があるレストランや美容室などでは、とても重要な施策でMEOがうまくいくとかなりのユーザーを店舗に誘導することが可能になりますが、法律関係の事務所であればSEOやPPCと比較するとMEOの重要度はかなり低いと思います。

さて、今回のサムライ集客ガイドでは、SEO、PPC、MEOという3種類の検索からの流れを説明いたしましたが、それぞれの詳細については、今後のサムライ集客ガイドで詳しく解説いたします。

それでは、サムライ集客ガイドを最後まで読んでいただきありがとうございました。

ここまでで今回のサムライ集客ガイドの、「士業の事務所の売上の安定に!事務所サイトへの検索からの流れを把握する!」のテーマの解説は以上になります。

サムライ集客ガイドの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、当サイトのメールフォームから気兼ねなくご相談ください。

それでは、司法書士の久我山左近でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

目次