士業の事務所のネット集客を2倍にする凄いキャッチコピーを作ろう!

バリ島

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

士業の先生の事務所のネット集客を成功させるための1番重要なポイントは先生の事務所の多くのお客様をネット集客できるかどうかにかかっています。

士業の事務所ホームページのトップページやリスティング広告のランディングページを改善すると、先生の事務所の売り上げは劇的にアップする可能性があります。

事務所トップページやリスティング広告のランディングページはキャッチコピーの良し悪しによっては売り上げを2倍にすることも不可能ではありません!

実際に当社がサポートしている事務所では、事務所のトップページやリスティング広告のランディングページを改善したことで売り上げが2倍以上になったケースもあります。

今回のサムライ集客ガイドを読むと、売り上げアップに直結するキャッチコピーの作り方についての理解が深まります。

仕事の依頼に繋がるキャッチコピーを作ろう!士業のウェブマーケティング

サムライ集客ガイドは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など、士業の事務所ホームページの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用について、そのノウハウを発信する士業専門の集客ガイドです!

前回、前々回のサムライ集客ガイドでは、PASONAの法則を始めとしてLPO「Landing Page Optimization」についての解説をいたしました。

今回のサムライ集客ガイドでは、さらにLPO「Landing Page Optimization」について深掘りする感じで、お客様からの依頼に繋がるキャッチコピーを作ろうというテーマでお話しをさせていただきます。

この事務所のトップページやリスティング広告のランディングページのキャッチコピーについては、ちょっと変えるだけでも売り上げが1.5倍や場合によっては2倍になることもあるくらいとても大切なウェブマーケティングでのネット集客のカギになる施策になります。

それでは、先生の事務所の依頼に繋がるキャッチコピーについて解説をしていきます。

今回のサムライ集客ガイドで解説をするキャッチコピーについては、前回解説をいたしましたPASONAの法則の型とは別に、その中に盛り込むことで、さらに売り上げを伸ばすことができるテクニックになります。

さて、お客様を依頼に誘導するキャッチコピーはたくさんあるのですが、今回のブログでは1つ1つ細かく解説をいたします。

まず、1つ目は、インターネットの世界では「無料」が最強ということです。

人間はとにかく「無料」という言葉に無意識に反応してしまいますので、ぜひ事務所のトップページやリスティング広告のランディングページの目立つ位置に「無料」という文字は必ず入れるようにしましょう。

ここで、少しだけ余談になるのですが、「無料で資料をダウンロード」というコピーと「資料を無料でダウンロード」というコピーがあったとして、一般的に考えるとそれほど変わらないと考えられがちですが、実際には最初の無料という文字を最初に持ってきたコピーの方がかなりクリック率が高くなり、このような細かいセールスライティングをマイクロコピーライティングと言います。

次が「ターゲットを決める」ということで、基本的には法律業務を考えるとどんなユーザーに対してネット集客するかを考えるのは当たり前のことなのですが、ネット集客の効率化を考えますと、少しイメージが変わります。

債務整理を取り扱い業務としていれば借金で困っている人、離婚を取り扱い業務としていれば離婚を考えている人というのが基本的なターゲットになるのですが、ウェブマーケティングの世界では、もう少しターゲットを絞り込んだ方がネット集客の効率化が高くなるというデータがあります。

このターゲットのことをウェブマーケティングの世界では「ペルソナ」といい、ランディングページに訪れる対象をもう少し詳細に絞り込むことでネット集客の効率が上がります。

これは大企業では常識的な手法で、大手企業のスープストックでは、ペルソナを30代、OL、洋服の趣味、休日の過ごし方、好きな食べ物など、本当に細かく設定することでマーケティングで大きな成功を得ています。

士業のネット集客では、少し難しいかもしれませんが、ペルソナを的確に設定することで、ランディングページからユーザーの問い合わせに繋がる可能性はかなり高くなります。

そして、次が「ベネフィットを示す」ということで、先生の事務所に依頼をすることでどんな明るい未来が手に入れられるかをキャッチコピーに入れる必要があります。債務整理であれば「借金のない安心な生活が手に入る」だとか、交通事故なら「想定以上の慰謝料が手に入る」といったことがここでいうベネフィットになります。

次は、「簡易性を示す」ということで、弁護士に任せれば相手との交渉を全部引き受けますとか、面倒な書類は全部作成いたしますといったことをキャチコピーに入れるようにしましょう。

次が、「権威性を伝える」ということで、資格関連であれば当然のキャッチコピーになりますが、本を出版してるとかテレビに出演したことがあるといったプラスアルファの権威性が示せるとさらにいいキャッチコピーになります。

次が「社会的証明」と「具体的な表記」についてですが、多数の離婚案件を扱ったと書くよりも10年間で1400件の離婚案件を扱ったという風に具体的な数字の表記を書くことでキャッチコピーがユーザーに伝わりやすくなります。

最後が、「ユーザーボイスを使う」ということで、依頼人先生の事務所で手続きをしたことで、300万円あった借金がなくなったとか、泥沼だった離婚がスムーズに終わったとか、そういった依頼人の体験談を事務所のホームページやリスティング広告のランディングページに入れることでユーザーへの信憑性が高まることになります。

今まで書いてきたことをすべて先生の事務所のトップページやリスティング広告のランディングページのキャッチコピーに取り入れる必要はありませんが、ユーザーが先生のランディングページに訪れてたときの心理を考えながら、ユーザーが先生の事務所への問い合わせに繋がるようなストーリーの流れの中にキャッチコピーを入れていきましょう。

そして、ユーザーの目線で考えると、ランディングページに訪れて大体3秒から5秒ぐらいでユーザー自身にとって有益かどうかを判断して、必要ないと感じたらすぐにランディングページを離脱してしまうので、ネット集客する上でキャッチコピーはとても重要になります。

キャッチコピーの良し悪しで、先生の事務所の売り上げは大きく変わってきますので、じっくりと考えて効果的なキャッチコピーを作成しましょう!

どうでしょうか?ホームページのキャッチコピーの考え方について理解できましたでしょうか?

それでは、今回のサムライ集客ガイドの士業の事務所のネット集客を2倍にする凄いキャッチコピーを作ろう!は以上となります。

サムライ集客ガイドでは、士業のためのウェブマーケティング講座、士業の独立開業のノウハウなど、士業の皆様方が興味深いような内容の記事を随時情報発信してまいります。

サムライ集客ガイドの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、当サイトのお問い合わせから、または、株式会社バウンスバック公式サイトのメールフォームから気兼ねなくご相談いただけたらと考えております。

それでは、サムライ集客ガイドを最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

ここまでネット集客が事務所の売り上げのアップにマストな方法だといったお話しを続けてきましたが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ネット集客を先生ご自身で勉強して身に付けることが難しい先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせはこちらへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

目次