士業の事務所の売上の確保に!3C分析の環境分析でネット集客の成功へ!

アマンプロ

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

士業の事務所のネット集客を成功させるためには、先生の取り扱い業務の市場規模や顧客ニーズ、競合相手については知っておく必要がありますよね?

今後、先生が取り扱っていこうと考えている業務の環境が分析できてこそ、ネット集客の成功への道筋が見えてきます。

3C分析は、まったく聞きなれない言葉かもしれませんが、士業の先生のネット集客を成功へ導くために、取り扱い業務の環境を分析するための1つの考え方が3C分析になります。

3C分析では、事務所サイトの取り扱い業務の市場規模や顧客ニーズ、競合相手についての分析調査することができます!

今回のサムライ集客ガイドを読むと、士業のウェブマーケティングの考え方の1つである3C分析について理解することができます!

環境分析の基本的な考え方の3C分析を解説!士業のウェブマーケティング

サムライ集客ガイドは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など、士業の事務所ホームページの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用について、そのノウハウを発信する士業専門の集客ガイドです!

以前のサムライ集客ガイドでは、士業の事務所の売り上げを倍増する!失敗しないウェブマーケティングというテーマで初心者でもわかるような内容でお話しをいたしました。

今回のサムライ集客ガイドは、士業の事務所の売上の確保に!3C分析の環境分析でネット集客の成功へ!というテーマで解説をいたします。

まず、3C分析とは士業の事務所のネット集客において取り扱い業務の環境分析の基本的な考え方になります。

3C分析を要約いたしますと、先生の事務所ホームページにインターネットからお客様を集客し、実際にお仕事に繋げることができるかという環境についての調査分析をするという意味になります。

3C分析のCは、カスタマー「Customerコンペティター「Competitorカンパニー「Company」の3つの単語の頭文字を取ったもので、カスタマー「Customer」は市場規模及び顧客ニーズのこと、コンペティター「Competitor」は競合相手、カンパニー「Company」は先生ご自身の事務所のことになります。

士業の独立開業のノウハウでもお話ししたように、ネット集客では開業において先生の事務所で取り扱っていく業務を決めた方がいいというお話しをしましたが、3C分析は先生が決めた取り扱い業務において、ネットの集客で成功できるかどうかの事前調査という意味合いがあります。

まず、最初のCであるカスタマー「Customer」についてですが、カスタマーを分析するということは、今後先生の事務所で取り扱っていく業務の「市場規模と顧客のニーズ」を調査分析していくことになります。

市場規模というと難しそうに聞こえますが、簡単にいうと先生の事務所の法律サービスを必要としているユーザーの数で、顧客ニーズというとそのユーザーが先生の事務所が提供する法律サービスを求めているかどうかということになります。

法律サービスを提供する先生のスキルがいくら優秀でも、その法律サービスを必要とする市場規模が小さすぎれば十分な事務所の売り上げには繋がりません。

ですから、先生が開業で選ぶ取り扱い業務においては、ある程度の市場規模があり、さらに顧客ニーズがあることを事前に確認する必要があります。

まったく、ニーズがない業務を事務所のメインの取り扱い業務にしても先生の事務所の売り上げには繋がりません。

また、市場規模がとても大きい場合には競合相手も強敵が多くなることも考えられます。

3C分析の最初のCであるカスタマー「Customer」である市場規模と顧客ニーズがある程度問題ないと判断できれば、次の3C分析のCであるコンペティター「Competitor」競合相手について分析調査をしていきます。

先生が開業で選ぶ取り扱い分野において、競合相手が多いのか、少ないのか、強いのか、弱いのか、それによってウェブマーケティングの戦略は変わってくることになりますので、ネット集客において競合相手を分析するということはとても大切なことです。

競合相手については、取り扱い業務の価格設定や売上の規模、ネット集客の方法などを細かく分析、検討する必要があります。

そして最後が、3つ目のCであるカンパニー「Company」先生ご自身の事務所について分析していくことになります。

線背尾ご自身の事務所について分析するということは、先ほど分析した2つ目の3C分析のCである競合相手に対し、ご自身の事務所にどんな強みがあり、どんな弱点があるかを冷静に判断していくことになります。

そして、3C分析の分析結果から考えて、先生のスキル、実績、価格設定、仕事のスピード、対応の仕方などから、どのように競合相手と勝負するのかの方向性を決めていくことになります。

士業のようなお仕事ですと、3C分析といったマーケティング用語は聞きなれていないかもしれませんが、ウェブマーケティングを成功に導くためにはとても大切基本的な考え方になります。

この3C分析をすることで、先生ご自身の事務所がネット集客で成功するための難易度や成功するための努力目標も見えてくることになります。

どうでしょうか?士業のウェブマーケティングの3C分析の基本的な考え方は理解できましたでしょうか?

今回のサムライ集客ガイドは以上となります。

サムライ集客ガイドでは、士業のためのウェブマーケティング講座、士業の独立開業のノウハウなど、士業の皆様方が興味深いような内容の記事を随時情報発信してまいります。

サムライ集客ガイドの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、当サイトのお問い合わせから、または、株式会社バウンスバック公式サイトのメールフォームから気兼ねなくご相談いただけたらと考えております。

それでは、サムライ集客ガイドを最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

ここまでネット集客にはウェブマーケティングの習得がマストだといったお話しを続けてきましたが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ウェブマーケティングの習得は無理だという先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせはこちらへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

目次