ネット集客の民事再生(個人再生)の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

サムライ集客ガイド

こんにちは、「サムライ集客ガイド」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

債務整理と言えば、法律サービスのネット集客の代表格ですが、厳密に言えば個人再生もこの債務整理の一つの種類になります。司法書士の参入もあり競争が激しくなっている債務整理のポイントを少しずらすという意味でも個人再生は有効なネット集客の業務になります。

今回のサムライ集客ガイドは、弁護士先生の独立開業の取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選んだ場合に、現在の民事再生(個人再生)のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査と、事務所サイトの制作から開業までのプロセスを元システムエンジニアで司法書士の久我山左近が詳しく解説いたします。

今回の記事を読むと、弁護士の先生が開業での取り扱い業務を民事再生(個人再生)にした場合の、現在の民事再生(個人再生)でのネット集客の状況と開業までのプロセスが理解できますので、ぜひ最後までお読みください。

失敗しない弁護士の独立開業ノウハウ!ネット集客の民事再生(個人再生)の検証!

司法書士法人ホワイトリーガル
借金減額のページをちょっと見てみる!

サムライ集客ガイドは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など、士業の事務所ホームページの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用について、そのノウハウを発信する士業専門のネット集客ガイドです!

今回のサムライ集客ガイドでは、 弁護士先生の独立開業の取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選んだ場合に、現在の民事再生(個人再生)のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査と、事務所サイトの制作から開業までのプロセスを解説いたします。

それでは、弁護士先生が開業での取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選んだケースを解説していきましょう。

民事再生の市場規模と顧客ニーズの分析調査【事務所の売り上げを2倍に!】

正確に言うと民事再生(個人再生)自体は、債務整理の1部になるのですが、取り扱い業務を民事再生(個人再生)に特化させて、任意整理や自己破産の案件がくれば、それぞれの手続きで受託していくことになります。ただ、法人の民事再生は事務所規模が大きくないと対応できないケースも出てきますので、独立開業での取り扱い業務として考えると個人再生がメインの業務になってくると思います。

まず、民事再生(個人再生)に関して3C分析の分析調査の結果からは、民事再生という言葉自体が少しニッチなので市場規模の検索ボリュームはまずまずで、顧客ニーズについては申し分なしです!

また、民事再生(個人再生)という業務が緊急性と秘密性を兼ね備えているところからもネット集客に特に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

インターネットでの集客は、ネット配信するエリアで仕事を受託する範囲をコントロールすることが可能ですので、民事再生(個人再生)の仕事を受託するエリアは柔軟に考えておいてもいいと思います。

弁護士が取り扱う民事再生(個人再生)の市場規模と顧客ニーズの分析調査は以上になります。

民事再生の競合相手の分析調査【事務所の売り上げを2倍に!】

次に、3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますし、さらに競合相手の多くは大手の法律事務所になってきますので、競合相手はかなり強敵だというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

また、大手の法律事務所は全国展開で民事再生(個人再生)の業務の対応をしていますが、民事再生(個人再生)の場合は裁判所まで出向かなければなりませんので、民事再生(個人再生)を取り扱い業務に選んだ場合は仕事を受託する商圏を絞っても利益率が大きく下がることはないと思います。

ここまでが、弁護士の民事再生(個人再生)の競合相手の分析調査になります。

民事再生のSEOについての分析調査【事務所の売り上げを2倍に!】

どんな取り扱い業務を選択したとしてもネット集客で成功するための条件は先生の弁護士事務所サイトにたくさんのお客様を集めることに尽きます!

民事再生(個人再生)のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの民事再生(個人再生)関連のページが大手の事務所によってよく作りこまれています。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、民事再生(個人再生)に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも民事再生(個人再生)のSEOは進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトの他に民事再生(個人再生)の専門ページを作成して、その専門ページでSEOしていく方が、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でもメリットがあると思います。

弁護士が取り扱う民事再生(個人再生)関連のSEOについての分析調査は以上になります。

民事再生のリスティング広告での分析調査【事務所の売り上げを2倍に!】

リスティング広告での 民事再生(個人再生) に関してのクリック単価はかなり高騰が見られ、問い合わせのCPA(相談単価)に関しても民事再生(個人再生)に限らずに自己破産や任意整理の業務も含めると現状では1万円2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、相談単価(CPA)を1万円以下に近づけていくことが目標になってくると思います。

ディスプレイ広告に関しては、Yahoo広告のリターゲティング広告で債務整理関連のバナー広告が多く表示されていますが、民事再生に特化したバナーはほとんど確認することができませんので、逆に言えばYahoo広告のリターゲティング広告で成果を上げることは十分に可能だと考えられます。

弁護士が取り扱う業務で民事再生(個人再生)に関するリスティング広告についての解説は以上になります。

民事再生のネット集客についての可能性【事務所の売り上げを2倍に!】

民事再生(個人再生)業務に関するわたしの総括になりますが、現在でも多くの法律事務所が参入はしてはいますが、他の債務整理とは違って司法書士との競合が少ないところや、大手の法律事務所も他の債務整理の過払い金や任意整理ほど力を入れていないところなどが、民事再生(個人再生)が今後の取り扱い業務としてのメリットになります。また、民事再生(個人再生)が他の債務整理より受託単価が高額なところもメリットになります。

競合が多い債務整理と比較しても、民事再生(個人再生)という少しターゲットをずらしたネット集客の戦略はトータルでWEBマーケティングの施策をおこなっている事務所はないといってもいいと思いますので、トータルで質のいい施策が実現できれば十分に収益に繋がる業務だと思います。

SEOに関しては先生ご自身で行えば、費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといった大きなメリットがありますが、SEOの効果を十分にあげるには多くのテクニックが必要になってきますので、SEOの効果を十分に発揮させるにはある程度SEOに関する勉強が必要になります。ぜひ、わたしのコラムのSEO対策のパートを読んでいただき、正しいSEO対策を実践していただきたいと思います。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の弁護士事務所のネット集客で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

どうでしょうか? 弁護士先生が開業での取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選んだケースの独立開業ノウハウについて理解ができましたでしょうか。

サムライ集客ガイドを最後まで読んでいただきありがとうございました。

ここまでで今回のサムライ集客ガイドの、「ネット集客の民事再生(個人再生)の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】」のテーマの解説は以上になります。

サムライ集客ガイドの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、当サイトのメールフォームから気兼ねなくご相談いただけたらと考えております。

それでは、司法書士の久我山左近でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

目次