ネット集客の土地測量の分析調査【土地家屋調査士の独立開業ノウハウ】

金沢兼六園

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

士業の世界でネット集客の技術に優れているのは、ベリーベスト法律事務所、アディーレ法律事務所、司法書士法人みつ葉グループ、さむらい行政書士法人などがあり、その他にもネット集客に成功して莫大な利益をあげている事務所がたくさんあることが、ネット集客の優秀性を実証してくれています。

ですから、これから独立開業を考えている土地家屋調査士の先生にとって、事務所の独立開業で失敗しないためにもネット集客を事務所の集客方法の1つに検討するという選択肢があってもいいと当社では考えています。

当社でサポートさせていただいている事務所も実証していることになりますが、ネット集客の正しく活用すれば先生の土地家屋調査士事務所の売り上げがあがることは間違いない事実だと思います。

その理由を説明しますが、士業の先生の事務所の売り上げを増やす簡単な理屈は、より多くのお客様に先生の事務所サイトに訪れていただき、その訪れてきたお客様の中からより多くのお問い合わせをしていただくことに尽きるからです。

ネット集客のウェブマーケティングを施策は、その両方を高次元で実現させるための様々な施策に尽きますので、ネット集客を正しく活用することイコール事務所の売り上げが増えるという図式が成り立つことになります。

土地家屋調査士の先生の業務は土地の測量業務と建物の表示登記がメインの業務になりますが、現在では土地家屋調査士の業務でネット集客を行っている事務所はほとんどありませんので、今後の土地家屋調査士の先生でネット集客の土台を築いていくと盤石な事務所経営の基盤を作ることも可能だと判断できます。

土地家屋調査士の先生は、なかなか保守的な先生が多くネットでの集客にも無頓着な先生が多いと思っています。ネットでの集客は正しい方法で行えばとにかく絶大な事務所の売り上げに繋がるとても効果的な集客方法なので、ぜひチャレンジして先生の土地家屋調査士事務所の安定した売り上げを実現させたいただきたいと思います。

それでは、土地家屋調査士事務所の独立開業の取り扱い業務の土地測量のネット集客の現状について解説をいたします。

今後の先生の業務に活用できるように、当社が保有している土地測量についての大切な実証済みのデータも公開いたします。

Rebester

失敗しない土地家屋調査士の独立開業!ネット集客での土地測量の検証!

◆今回のサムライ集客ガイドのテーマ◆

土地家屋調査士事務所の開業での取り扱い業務の土地測量のネット集客の現状についての分析調査の解説。

◆読者の土地家屋調査士の先生へのメッセージ◆

土地家屋調査士の先生が開業で取り扱っていこうと考えている業務について、事前にネット集客のいろいろな情報がわかっていたら、それは有益な情報として開業の事務所のネット集客に活用できると思います。

今回のサムライ集客ガイドは、土地家屋調査士の業務の中で、土地測量のネット集客での分析調査として、土地測量のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、土地測量のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)などのデータについて解説をいたします。

◆今回のサムライ集客ガイドの内容について◆

  1. 土地測量の市場規模と顧客ニーズの分析調査
     
  2. 土地測量の競合相手の分析調査
     
  3. 土地測量のSEOについての分析調査
     
  4. 土地測量のリスティング広告での分析調査
     
  5. 土地測量のネット集客についての可能性

土地測量の市場規模と顧客ニーズの分析調査

まず、土地測量に関しては、他の資格で土地測量を扱っている事務所はありませんので、土地測量に関しては土地家屋調査士の独占業務ということになります。

土地測量に関してキーワードプランナーおよび各種検索エンジンを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、土地測量の検索ボリュームは十分なので市場規模としてもかなりの規模がありますし、顧客ニーズについても申し分ないでしょう。この部分からは土地測量のネット集客の可能性は十分だと判断することができます。

土地測量の業務の仕事の受託に関しては、実際に土地を測量をしなければなりませんし近隣の境界確認もしなければなりませんので、土地測量の場合の仕事を受託する商圏は先生の行ける範囲ということになります。

基本的にネット集客は簡単に広告の設定で仕事を受託する範囲を変えることができますので、最初は商圏をある程度絞ってから業務初めて、その後は仕事の量などを考えて少し拡大していくという柔軟な戦略でもいいと思います。

ここまでが、土地家屋調査士の土地の測量の市場規模と顧客ニーズの分析調査になります。

土地測量の競合相手の分析調査

土地の測量に関してシミラーウェブなどのツールおよび各種検索エンジンを使用した3C分析の競合相手の分析調査ですが、土地の測量に関してのネット集客の競合相手はほとんど見つかりませんし、少ない競合相手に関してはまともなランディングページを使用していません。競合相手についてはほぼいませんので、効率のいいランディングページを作成してくことでもかなり楽に成果をだすことが可能な印象です。

土地の測量に関しては、1件の仕事の受託単価がとても高額ですし、法律サービスのネット集客においては、珍しくブルーオーシャンな取り扱い業務だといえますので、かなり成果を出しやすいと判断できます。

ここまでが、土地家屋調査士の土地の測量の競合相手の分析調査になります。

土地測量のSEOについての分析調査

土地の測量のSEOに関しては、まだまだ可能性があるというのが現状で、精度の高い正しい技術を使ってSEOすれば、もちろんある程度の時間はかかりますが、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

土地の測量のSEOについては、まだまだ上位表示の可能性がありますので、土地の測量に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、かなりの確率での上位表示が可能ですので、ぜひ土地の測量のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

また、ある程度エリアを絞ったローカルSEOも事務所の仕事の受託を考えると効果が高いと思います。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができますし、今回の土地の測量のように可能性が高い業務だとなおさら早く始めた方がいい結果が出ると思います。

土地の測量に関してのSEOをおこない先生のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されれば、先生のWEBサイトに費用をかけずにユーザーを集めることができます。SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な先生の資産になりますので、ぜひ早くに土地の測量に関してSEOは進めていいただきたいと思います。

また本体である土地家屋調査士事務所の他に土地の測量に関連した専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

ここまでが、土地家屋調査士の土地測量のSEOについての分析調査になります。

土地測量のリスティング広告での分析調査

リスティング広告での土地測量に関してのCPC(クリック単価)は、それぞれのキーワードの品質スコアによっても変わってしまうので正確なことはお伝えできませんが、「測量 費用」という検索キーワードでも百円以下なので、これは法律サービスのリスティング広告のCPC(クリック単価)としてはかなり安い価格になります。土地測量に関しての問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、残念ですが当社および関連会社にも現状のデータがなかったのですが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)を安定して千円前後にすることがが広告運用の目標になってくると予想されます。

土地測量に関してのCPA(相談単価)が千円前後に落ち着けば、10万円のリスティング広告の予算で100件程度の問い合わせを確保できます。当社では、その問い合わせのうちのどれぐらいが実際の受託に繋がるかのデータはありませんが、かなり効率のいいリスティング広告の運用が期待できます。

今回、土地の測量に関してリスティング広告の分析調査をした印象なのですが、仕事の単価を考えればもっとネット集客に力を入れている事務所が多くてもおかしくないと考えられるのですが、今まではリスティング広告の配信エリアの精度の問題があったのではないかと考えられます。

現在では、リスティング広告の配信エリアの精度はかなり高くなっていますので、これからは土地の測量に関してネット集客の効率アップに繋げられると考えられます。

土地の測量に関しては、もちろんランディングページの良し悪しやリスティング広告の運用技術にもよりますが、かなり費用対効果が高いリスティング広告の成果が期待できます。

土地の測量に関してのディスプレイ広告の出稿は確認がきませんし、ディスプレイ広告で土地の測量のネット集客の成果をあげるのは少し難しいと考えられます。

ここまでが、土地家屋調査士の土地測量のリスティング広告についての分析調査になります。

土地測量のネット集客についての可能性

土地家屋調査士事務所の土地測量のネット集客に関する当社の総括になりますが、土地測量に関しては現在ではまだ競合性高い業務ではありませんので、効率のいいランディングページの制作と土地測量の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、かなり効率がいいネット集客が期待できる取り扱い業務だと判断できます。

今までのサムライ集客ガイドでも解説をしてきましたが、ネット集客のウェブマーケティングには、土地測量の業務において、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、事務所サイトに誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の1つ目であるSEOについては、かなり時間がかかる施策ですので、やはり先行して始めた方が有利になるのは当然のことなので、今後先生が事務所のネット集客を積極的に行っていくのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開していくことができます。

SEOに関しては先生ご自身で行えば、費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといった大きなメリットがありますが、SEOの効果を十分にあげるには多くのテクニックが必要になってきますので、SEOの効果を十分に発揮させるにはある程度SEOに関する勉強が必要になります。

次に、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の2つ目であるリスティング広告に関しては、法律業務に詳しい土地測量の業務内容について熟知している広告代理店でリスティング広告の運用をする方が間違いなくいい成果に繋がります。

土地測量についての正確な知識がないと基本的なリスティング広告のキーワード選定ができませんし、リスティング広告の広告文についても十分にCTR(クリック率)が高い広告文が作成できません。

CTR(クリック率)が悪くなると、先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がりますので、広告ランクの低下はCPC(クリック単価)の高騰に繋がってしまいますので、効率がいいリスティング広告の運用ができなくなる可能性があります。

そして1番重要なのが、事務所サイトに誘導してきたユーザーを問い合わせに効率よく繋げるための施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、ほとんどのランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった精度の高いセールスライティングができていませんので、綿密に作られた効率のいいランディングページを手に入れるだけで、大きくネット集客での事務所の売り上げのアップに繋がるものと判断できます。

どうでしょうか?先生の土地家屋調査士事務所の開業においてネット集客で成果を出すには、いろいろとやらなければいけないことが多いと感じたかもしれませんが、ネット集客は正しく進めていけば必ず成果を出すことができますし、開業した事務所の売り上げの結果が想定通りに出せた時の喜びは大きなものになると思います。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の事務所の開業で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

ここまでが、土地家屋調査士が取り扱う土地測量のネット集客についての可能性になります。

今回のサムライ集客ガイドを最後まで読んでいただきありがとうございました。

サムライ集客ガイドでは、ネット集客にはウェブマーケティングの習得がマストだといったお話しを続けていますが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ウェブマーケティングの習得は難しいという先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。株式会社バウンスバック

よかったらシェアしてね!

目次

コメント

コメントする