ネット集客での逮捕(刑事事件)の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

宮古島

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

士業の独立開業ノウハウといっても開業する資格によっても違いますし、また開業の取り扱い業務によっても開業までのプロセスは変わってきます。

そして、開業で考えている取り扱い業務での売り上げなどは具体的な数字がわかるととても役に立つと思います。

今回のサムライ集客ガイドは、弁護士先生の独立開業の取り扱い業務に逮捕(刑事事件)を選んだ場合に、現在の逮捕(刑事事件)のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査と、事務所サイトの制作から開業までのプロセスを解説いたします。

また、逮捕(刑事事件)のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状についても解説をいたします。

今回のサムライ集客ガイドを読むと、弁護士の先生が開業での取り扱い業務を逮捕(刑事事件)にした場合の、現在の逮捕(刑事事件)でのネット集客の状況と開業までのプロセスが理解できます。

ネット集客での逮捕(刑事事件)の分析調査と開業までのプロセス

サムライ集客ガイドは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など、士業の事務所ホームページの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用について、そのノウハウを発信する士業専門の集客ガイドです!

以前のサムライ集客ガイドは、弁護士の先生が民事再生を開業での取り扱い業務にした場合の、現在の民事再生のネット集客の状況と開業までのプロセスについて解説をいたしました。

今回のサムライ集客ガイドでは、 弁護士先生の独立開業の取り扱い業務に逮捕(刑事事件)を選んだ場合に、現在の逮捕(刑事事件)のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査と、事務所サイトの制作から開業までのプロセスを解説いたします。

弁護士先生が 逮捕(刑事事件) を開業での取り扱い業務にすることは、かなりハードルが高いと思いますが、独立する前の事務所で 逮捕(刑事事件) に携わっていた弁護士先生であれば可能だと考えています。

それでは、弁護士先生が開業での取り扱い業務に逮捕(刑事事件)を選んだケースを解説していきましょう。

まず、 逮捕(刑事事件) に関して3C分析の分析調査の結果からは、 逮捕(刑事事件)の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分なしです!

また、逮捕(刑事事件)という業務が緊急性と秘密性を兼ね備えているところからもネット集客に特に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

逮捕(刑事事件)の場合は先生の事務所サイトの仕事を受託する商圏をどうしていくのかといった問題があります。

現在では、パソコンもスマホもある程度の位置情報が利用できますので、支店の多い大手の法律事務所が全国規模で逮捕(刑事事件)を扱っていますが、ほとんどの法律事務所が商圏を限定して仕事の依頼を受けていますので、開業での取り扱い業務に逮捕(刑事事件)を選ぶのであれば、仕事を受託する商圏はある程度絞る必要があります。

次に、3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますし、さらに競合相手の多くは大手の法律事務所になってきますので、競合相手はかなり強敵だというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

逮捕(刑事事件)のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの逮捕(刑事事件)関連のページが大手の事務所によってよく作りこまれています。

逮捕(刑事事件) のSEOについては、商圏を絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、逮捕(刑事事件)に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも逮捕(刑事事件)のSEOは進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトをそのまま逮捕(刑事事件)専用に特化させてもいいと思いますし、逮捕(刑事事件)の専門ページを作成して、その専門ページでSEOしていくのも、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でメリットがあると思います。

リスティング広告での 逮捕(刑事事件) に関してのクリック単価はまずまずの価格で、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては逮捕(刑事事件)で現状では1万円~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、相談単価(CPA)を1万円に近づけていくことが目標になってくると思います。

相談単価が1万5千円以内に落ち着けば、50万円のリスティング広告の予算で30件以上の問い合わせを確保できますので、その相談の内の2割程度の受託ができれば1か月あたり7件程度の逮捕(刑事事件)の受託が獲得できることになります。

1カ月に7件程度の案件が受託できれば刑事事件を扱ったことがある弁護士先生であればどれぐらいの売り上げになるかは予想できると思います。

どうでしょうか? 弁護士先生が開業での取り扱い業務に逮捕(刑事事件)を選んだケースの独立開業ノウハウについて理解ができましたでしょうか。

それでは、今回のサムライ集客ガイドは以上となります。

サムライ集客ガイドでは、士業のためのウェブマーケティング講座、失敗しない独立開業のノウハウなど、士業の皆様方が興味深いような内容の記事を随時情報発信してまいります。

サムライ集客ガイドの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、当サイトのお問い合わせから、または、株式会社バウンスバック公式サイトのメールフォームから気兼ねなくご相談いただけたらと考えております。

それでは、サムライ集客ガイドを最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、今後のサムライ集客ガイドもよろしくお願いいたします。

株式会社バウンスバック

株式会社バウンスバック

あなたのサイトは集客できていますか?

バウンスバックは、士業専門の集客に特化した手厚いサービスが自慢の制作広告会社です。これからホームページを持ってネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら、まずはお気軽にご相談ください。

株式会社バウンスバックの詳細はこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする