売り上げに繋がる取り扱い業務!失敗しない士業の独立開業のカギです!

アマンプロ

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

士業の事務所の売り上げを安定して確保する!士業の先生が独立開業する場合に、失敗しないためにはどんな取り扱い業務をネット集客に選択すれば確実に事務所の売り上げに繋がるのでしょうか?

今回のサムライ集客ガイドは、そんな疑問にお答えする確実に事務所のネット売り上げに繋がる取り扱い業務について解説をいたします。

士業の事務所の中でもネット集客に優れている事務所は、ベリーベスト法律事務所、アディーレ法律事務所、司法書士法人みつ葉グループ、さむらい行政書士法人などなど、多くの士業の事務所がネット集客から莫大な利益をあげていることからも現在は士業の事務所はネット集客への取り組み方によって大きく事務所の収益が変わってくることは、今あげた多くのネット集客に成功している事務所が実証していることでもあります。

しかし、ネット集客で莫大な利益を上げている大きな事務所の傍らで、SEOやリスティング広告で満足いく成果がでていない事務所が数多く存在するのも事実です。

現在では、ネット集客に関しても大きな格差が生まれてしまっているようで、昔のようにリスティング広告のみでネット集客で安定した成果を出すことが難しい時代に入ってきたと感じることが多くなってきました。

逆に言えば、ネット集客のウェブマーケティングを体系的にクオリティ高く活用できている事務所は、まだまだ士業の事務所では少ないと感じていますので、ウェブマーケティングを基本から習得して先生の事務所のネット集客に活用できれば事務所の売り上げの大きな成果に繋がる可能性はまだまだ高いと考えられます。

そして、上記にあげた多くのネット集客に優れた事務所も、1番に考えているのは保有している資格の取り扱い業務の中で、どの取り扱い業務がネット集客に向いているのかであり、ネットでの集客に向いている取り扱い業務にウェブマーケティングの施策を施すことで、その成果として事務所の売り上げの向上に繋がっています。

今回のサムライ集客ガイドを読むと、士業の独立開業でネット集客に成功しやすい取り扱い業務について理解することができます。

士業の独立開業の成功のカギは開業で選択する取り扱い業務によります!

サムライ集客ガイドは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など、士業の事務所ホームページの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用について、そのノウハウを発信する士業専門の集客ガイドです!

◆今回の記事の信頼性◆

今回のサムライ集客ガイドを書いている株式会社バウンスバックは、今までにSEOで自己破産、会社設立、民事再生などのビッグワードでGoogle、Yahooで1位表示の実績があり、年商3億円以上の事務所の立ち上げからサポートまでの実績があります。

◆読者の先生方へのメッセージ◆

士業の事務所の売り上げを伸ばすためには、先生の事務所の多くのお客様をネット集客するのが最重要課題になります。

そして、先生の事務所に多くのお客様を集めることができれば、ほぼネット集客は成功といっても過言ではありません。

今回のサムライ集客ガイドは、士業のための独立開業のノウハウとして、士業の先生方が独立開業をするにあたって、どんな取り扱い業務を選択すればネット集客に失敗しないかといったテーマで解説をしていきます。

士業の先生には保有している資格ごとに取り扱える業務が決まっていますが、その中でもネット集客に向いている業務もあれば、そうでない業務もあり、失敗しない士業の独立開業のカギとなるのはネット集客に向いている取り扱い業を選択して、ユーザーをウェブマーケティングの施策によりネット集客することで先生の事務所の安定した売り上げに繋げていきます。

それでは、先生の事務所の売り上げに繋がる士業の取り扱い業務の選び方について解説をしていきます。

◆売り上げに繋がるネット集客に向いた業務とは◆

士業のネット集客に向いた取り扱い業務とは?

士業の先生が独立開業をする場合に、すでに多くの顧客を持って独立するケースであれば何の心配もいらないのですが、先生が独立するにあたって十分な顧客を持っていなければ、先生の事務所の開業後に新たな仕事の依頼を取っていかなければなりません。

士業の事務所は開業して地味な営業をしているだけでも少しずつは仕事が増えていきますので、何とか食べていくことができる先生がほとんだと思いますが、それでは先生が一生懸命勉強して取得した資格を活かしているとはいえないですし、やはり事務所の売り上げは大きく伸ばしていき将来的には毎月の売り上げを心配する必要のない安定した事務所経営を目指したいものです。

ということで、先生が独立開業したその月から先生の事務所の売り上げを十分にあげることができる士業のネット集客に向いた取り扱い業務について解説をいたします。

日本には、四大法律事務所といわれる4つの大きな法律事務所がありますが、ことインターネットでの集客に関しては、四大法律事務所は、たくさんある法律事務所の中でも最上位に位置しているわけではありません。

では、現在の日本でインターネットでの集客に1番成功している法律事務所はどこなのでしょうか?

まず、インターネットでの集客に一番成功しているのは、「ベリーベスト法律事務所」で、インターネットからのユーザーの訪問数は日本で2番目にランキングされています。また、ちょっとトラブルを起こしてしまいましたが、「アディーレ法律事務所」もインターネットでの集客に成功した法律事務所になります。

ここで、ちょっとした豆知識ですが、日本で1番インターネットでの集客に成功している法律事務所はどこでしょうか?実は巨大な弁護士専用のポータルサイトである「弁護士ドットコム」なんです。

ここで、インターネットを使った集客で1番成功しているベリーベスト法律事務所のインターネット戦略について解説をしていきましょう。

ベリーベスト法律事務所は取り扱っている各業務ごとに、専門性の高いホームページを用意して、そのコンテンツを究極にまで充実させることで、GoogleやYahooといった各検索サイトで検索されたいキーワードで、それぞれの専門サイトを上位表示させることに成功させており、それぞれの業務について多くの案件を各専門サイトにネット集客し、多くのお客様からの仕事の依頼を獲得することに成功しています。

ベリーベスト法律事務所のように抱えている弁護士の数がとても多い事務所であれば、専門性の高いホームページを取り扱っている業務ごとに多く作成することで、それぞれの専門サイトから多くの案件を受託する必要がありますが、独立開業したての事務所や小規模な事務所であれば、専門性の高いホームページを1つ用意してお客様からのお問い合わせを効率よく受託に繋げることで、常に安定した事務所の経営を手に入れることができます。

前回の「売り上げに繋がる事務所サイト!失敗しない士業の独立開業のカギです!」というテーマのブログでも書いたことですが、商品カタログのような事務所ホームページではなく専門性の高いサイトを作成しコンテンツを充実させていくという戦略が必要だということを、ネット集客に成功している多くの事務所が実証してくれています。

ここで問題になるのは、インターネットを使って事務所ホームページにユーザーをネット集客し、実際の事務所の売り上げに繋げていくには、それぞれの資格者が持つ取り扱い業務によってネット集客に対しての向き不向きがあるということです。

ここで、行政書士の事務所ホームページのインターネットでの集客を例にとって、どんな取り扱い業務を選択して専門性の高いホームページを作成すれば集客に繋がりやすいかを考えてみましょう。

行政書士の業務はとても多岐に渡りますが、その中でも車庫証明や免許の更新といった業務は基本的に薄利多売で、一般の方でも割りと自分で対処することが可能な業務になり、どちらかというと、その報酬は手間賃的な意味合いが強くなります。

その点、行政書士の業務の中でも入管業務や各種許可申請といった一般の方では難しく手に負えない、さらに受託単価が高く専門性の高い業務の方が、その専門性を活かしたサイトを作成し、お客様からの仕事の依頼に繋げることが効率がいいインターネットでの集客戦略だといえるでしょう。

このように、それぞれの資格者が持つ取り扱い業務によって、インターネットでの集客戦略に大きな影響を受けることなりますので、士業の事務所を独立開業する上で取り扱う業務は特に慎重に決めていく必要があります。

士業のインターネットでの集客の成功例の紹介です!

ここで1つ行政書士事務所のインターネットでの集客の成功例を紹介いたします。

インターネットでの集客戦略で特に成功されている行政書士事務所は、むらい行政書士法人のインターネットでの集客戦略で、ネット集客のターゲットのメインは入管業務で、自然検索からの流入の割合と実際の訪問者数がとても多く、模範的かつ手間を惜しまずに作り上げたコンテンツSEOでのインターネット集客戦略の大きな成功例だといえるでしょう。

また1つの取り扱い業務に特化した専門サイトという意味では、以下の画像の行政書士山口先生の「建設業許可サポートセンター」がとても参考になる成功例だと思いますので、ぜひご覧になっていただきたいと思います。

以上のように考えていくと、インターネットでの集客を成功させるための第一歩である、開業で選ぶ取り扱い分野をどう選択すればいいかという答えも自ずと見えてくると思いますし、訴求する業務が決まれば作成するホームページのコンテンツも見えてくると思います。

弁護士のネット集客に向いた業務【弁護士の独立開業ノウハウ】

ここからは、それぞれの資格によるネット集客に向いた取り扱い業務を解説の交えながら紹介していきます。

まずは、最高峰の資格である弁護士からネット集客に向いた取り扱い業務を紹介していきます。

ネット集客でお勧めはネットトラブルです!【弁護士の独立開業ノウハウ】

当社が、もし弁護士資格を保有していて、法律事務所を独立開業をすると仮定いたしますと、開業するのに最善の取り扱い業務はネットトラブルだと考えています。

ネットトラブルとしての業務は、「風評被害」「誹謗中傷」「悪質な書き込み」「ネガティブな関連ワード」といったネット上の記事や検索結果などへの対策になります。

まず、ネットトラブルに関してキーワードプランナーと各種検索サイトを活用した3C分析の結果からは、ネットトラブルの市場規模と顧客ニーズの検索ボリュームは十分で顧客ニーズも申し分なしです!

次に、ネットトラブルに関してシミラーウェブなどや各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、まず競合相手の多くに同業者以外の一般の会社も多く、他の業種の行政書士などもちらほらいるなど、競合相手はとにかく楽な相手が多いといったことが3C分析の分析調査の結果になります。

そうはいっても競合相手の相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと調査分析して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための敷居は下げた方がいいでしょう。

弁護士以外の一般の会社は基本的には逆SEOでのネガティブなワードが表示されないようにする解決方法がメインになりますので、ネットトラブルの根本的な解決には至らないことになります。弁護士の多くがこの業務に参入した際には淘汰されるものと考えられます。

また、弁護士以外の資格では、削除請求と書き込みをした個人の特定はできませんので、弁護士はネットトラブルに関してとても大きなアドバンテージがあります。

次にネットトラブルの受託単価に関しても競合相手の会社が、削除の対応にかなり高額な費用を請求していますので、この点でもネットトラブルの受託単価を高く設定できるメリットがあります。

また、同業者の弁護士の先生も基本的にインターネットに抵抗がある先生も多いので、ネットトラブルはかなり楽にネット集客が可能な当社がお勧めの取り扱い業務になります。

また、ネットトラブルのSEOに関してはネットトラブルを調べるための検索キーワードの種類が多く、ネットトラブルで上位表示されているWEBサイトもそれほどコンテンツが充実しているとはいえません。ネットトラブルのSEOでは、まだまだ上位表示が可能ですので、早めにコンテンツSEOに着手してWEBサイトの資産化をしておくと将来は自然検索からも費用をかけずにネット集客が可能になります。

現在のネットトラブルに関するWEBサイトは専門用語が多いサイトが多く、まだまだコンテンツSEOで上位表示が容易な状況だと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトの他にネットトラブル専門ページを作成して、ネットトラブルの専門ページをSEOしていく方が、後に他の業務への展開を考えると柔軟性があっていいと思います。

また、ネットトラブルには特別な知識が必要になるといった業務を行っていく上での敷居の高さはありますが、事務所の人員の確保は必要最低限で業務を行っていけることも大きなメリットになります。

次がリスティング広告についてですが、ネットトラブルに関連する検索キーワードのクリック単価はまだまだ他の弁護士業務と比較すると高騰していませんし、リスティング広告で表示される競合他社のランディングページも、まだまだ改善できるページが多いというのが当社の見解になります。

ネットトラブルのリスティング広告のCPA「相談単価」に関しても、リスティング広告の最適化で5千円以内にはすることが可能ですので、かなり効率よく仕事の受託に繋げられると思います。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務にネットトラブルを選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に離婚を選んだ場合の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

弁護士先生が離婚を開業での取り扱い業務にすることは、独立する前の事務所で離婚の業務に携わっていた弁護士先生であればまったく問題ないと考えています。

それでは、弁護士先生が開業での取り扱い業務に離婚を選んだケースを解説いたします。

まず、離婚および離婚に関連する業務に関してのキーワードプランナー及び各種検索サイトを使用した3C分析の市場規模と顧客ニーズの分析結果からは、検索ボリュームは十分で顧客ニーズも申し分ありません!

ただ、離婚の場合は先生の事務所サイトの仕事を受託するエリアをどうしていくのかといった問題があります。

現在では、ZOOMなどの普及から遠距離の顧客でも受託が可能だというインフラが揃っていますが、離婚に関してはある程度仕事を受託するエリアを限定している事務所も多く、逆に言えば離婚についてはまだまだチャンスがあると言えるでしょう。

また、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐに先生が仕事を受託するエリアの範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブおよび各種検索サイトを活用した離婚に関する3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手のランディングページに専用のものを使用していない事務所もありますし、検索結果には弁護士事務所以外の一般的な会社もあります。

またリスティング広告のクリック単価もそれほど高騰しておらず、この部分でも現状では競合相手に強敵が多いとは言えないというのが当社の分析調査の結果になります。

ただし、競合相手の相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと調査分析して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための敷居は下げた方がいいでしょう。

また、離婚に関してはご自身の事務所の商圏によってはローカルSEOという施策も考えられますし、通常のSEOに関しても離婚関連のキーワードであれば、まだまだ上位表示が可能ですので、早めにコンテンツSEOに着手して離婚に関してのWEBサイトの資産化をしておくと将来は自然検索からも費用をかけずにネットからの集客が可能になります。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトを離婚専門にすることも可能ですし、他に離婚の専門ページを作成して、その専門ページをSEOしていくことも可能ですが、次に慰謝料の請求などの他の業務への展開を考えますと本体の事務所の他に離婚の専門サイトを作成する方が柔軟性があっていいと思います。

以下の画像が離婚関連のSEOで参考になるWEBサイトでアディーレ法律事務所の「パーフェクト離婚ガイド」です。このWEBサイトは離婚関連の多くのキーワードで上位表示されていますし、SEOによってネット集客したユーザーを効率よく仕事に繋げる施策もよく出来ています。今こうしてる瞬間も仕事の受託をしている無給で24時間働く優れた営業マンのようなWEBサイトです。

こうしたSEOでのネット集客に成功しているWEBサイトが1つあるだけでも先生の事務所は安定した仕事の受託をしていくことが出来ます。

次がリスティング広告についてですが、離婚関連の検索キーワードのクリック単価はまだまだ高騰していませんし、リスティング広告で表示される競合相手のランディングページも、まだまだ改善できるページが多いというのがわたしの見解になります。

リスティング広告の離婚の問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、現状では1万円を少し超える程度が実際の金額になりますが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、さらに相談単価(CPA)を引き下げることが可能だと思います。

ただし、離婚に関してのGoogleのディスプレイ広告に関しては、プライバシーの問題からリマーケティング広告が利用できませんので、検索連動型のリスティング広告の配信が中心になります。ただ、Yahooのディスプレイ広告では現在でもリターゲティング広告が利用できますので、Yahoo広告は費用対効果の高い広告運用が可能です。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に離婚業務を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に労働問題を選んだ場合の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

労働問題としての業務は、「未払い給料の請求」「未払い残業代に請求」「未払い退職金の請求」「不当解雇」といったことへの請求または対応になります。

弁護士先生が労働問題を開業での取り扱い業務にすることは、独立する前の事務所で労働問題の業務に携わっていた弁護士先生であればまったく問題ないと考えています。

未払い残業代や退職金の請求については、キーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の市場規模と顧客ニーズの分析結果から、検索ボリュームは十分で顧客ニーズも申し分なしです!

未払い残業代や退職金の請求については、ZOOMなどの普及から遠距離の顧客でも受託が可能だというインフラが揃っていますので、仕事を受託するエリアは大きく考えた方がネット集客に向いています。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手のランディングページに専用のものを使用している事務所も多く、競合相手はある程度しっかりとしていますので、競合相手のランディングページはしっかりと分析調査する必要があります。

競合相手の相談料、着手金、成功報酬などは確実に調査分析して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための敷居は下げた方がいいでしょう。

しかし、労働問題に関してはリスティング広告のCPC(クリック単価)もそれほど高騰しておらず、他の業務と比較すると決まった検索キーワードがなく、多くの検索キーワードに分散していることがクリック単価が少し抑えられている要因だと考えられます。

また、SEOに関しては先ほどリスティング広告でもお話しをしましたが、検索キーワードが分散していますので、SEOのキーワードの選択次第では、まだまだ上位表示が可能ですので、早めにコンテンツSEOに着手して未払い残業代や退職金の請求に関してのWEBサイトの資産化をしておくと将来は自然検索からも費用がかからずにネットからの集客が可能になります。

リスティング広告の未払い給料や残業代の請求問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、現状では1万5千円程度が実際の金額になりますが検索キーワードの分散を上手く精査することや効率のいいランディングページを制作することで、さらに相談単価(CPA)を1万円以下まで引き下げることが可能だと思います。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に労働問題を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に慰謝料請求を選んだ場合の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

慰謝料の請求については、キーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の市場規模と顧客ニーズの分析結果から、検索ボリュームは十分で顧客ニーズも申し分なしですが、リスティング広告のCPC(クリック単価)に関してはかなり高騰しています。

また、慰謝料請求に関しては、弁護士の独占業務で他の資格と競合することがありませんので、その点でもお勧めの業務になります。

慰謝料の請求については、競合他社もZOOMなどで遠距離の顧客の取り込みを行っていますので、仕事を受託するエリアは大きく考えた方がネット集客に向いています。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の慰謝料の請求についての競合相手の分析調査ですが、競合相手のランディングページに専用のものを使用している事務所が多く、競合相手はある程度しっかりとしていますので、競合相手のランディングページはしっかりと分析調査して先生ご自身の事務所のランディングページを作りこむ必要があります。

慰謝料の請求に関しては、相談料や着手金をゼロにしている競合相手が多いので、先生の事務所の競合相手になりそうな事務所に関しては相談料、着手金、成功報酬などは確実に調査分析して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための敷居は下げた方がいいでしょう。

また、慰謝料の請求については、慰謝料を請求する側と請求される側での2つの業務がありますが、どちらかを選択してランディングページを作り広告運用を運用するケースと、2つのランディングページを作って、どちらの側からも依頼を受ける方法が考えられます。

1つのランディングページに両方の業務を載せることも考えられますが、ランディングページは請求する側に寄り添うようなキャッチコピーで集客の効率を上げていきたいので、2つの違ったランディングページを作成することをお勧めいたします。

SEOに関しては、かなり多くのページがよく作りこまれているので、ロングテールのキーワードの上手く選択して、多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては遅すぎるということはありませんので、慰謝料請求に関しての専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、先生ご自身のWEBサイトに費用をかけずにネット集客に繋がる大切な資産になりますので、ぜひ少しずつでもSEOは進めていっていただきたいと思います。

リスティング広告での慰謝料の請求に関しての問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、現状では1万円~2万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、相談単価(CPA)を1万円に近づけていくことが目標になってきます。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に慰謝料請求を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に交通事故を選んだ場合の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

弁護士先生が交通事故を開業での取り扱い業務にすることは、かなりハードルが高いと思いますが、独立する前の事務所で交通事故の業務に携わっていた弁護士先生であれば可能だと考えています。

また、交通事故に関しては医療の知識が必要になることも交通事故を弁護士先生の開業での取り扱い業務にすることの難しさに繋がっていると思います。

まず、交通事故に関してのキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の市場規模と顧客ニーズの分析結果からは、検索ボリュームは十分で顧客ニーズも申し分ありません!

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますし、競合相手に大手も多くなってきますので、競合相手はかなり強敵だというのが分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

また、大手の法律事務所は全国展開で交通事故の業務の対応をしていますが、今回のテーマのように独立開業の取り扱い業務として交通事故を選択するのであれば、仕事を受託するエリアはある程度絞った方がいいと思います。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐにお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

なお、弁護士特約が付いているケースと特約がないケースで報酬を分けている競合事務所が多いのですが、そこは競合事務所と同じような報酬体系で問題ないと思います。

また、交通事故の請求については一般的には被害者側からの依頼で損害賠償額の増額から報酬をもらうケースがほとんどになります。

特に、最近の任意保険の加入者の多くが弁護士特約が付いている保険に入っていますので、交通事故を取り扱い業務に選ぶメリットになります。

また、被害者側からの損害賠償の請求であれば、相手が加害者の保険会社になることがほとんどなので、報酬は保険会社から振り込まれた金額からいただきますので、弁護士報酬を取り損ねることがないのも交通事故のメリットになります。

次に、逆に交通事故で逮捕されてしまったなどの加害者側の対応についての業務も考えられますが、こちらは刑事事件の逮捕というまったく違った業務になりますので、別の記事で取り上げさせていただきます。

交通事故のSEOに関しては、かなり多くのページがよく作りこまれていますので、ロングテールのキーワードの上手く選択して、多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策がいいでしょう。

また、交通事故の仕事を受託する商圏を絞るのであれば、ローカルSEOという施策も検討することができます。

SEOについては遅すぎるということはありませんので、交通事故に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、先生ご自身のWEBサイトに費用をかけずにネット集客に繋がる大切な資産になりますので、ぜひ少しずつでもSEOは進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトを交通事故の専門サイトにするか、本体の事務所サイト以外に交通事故の専門サイトを作成するのか、そのどちらかをSEO対策していくことでネット集客に繋げていく方法がいいと思います。

また、交通事故には特別な知識が必要になるといった敷居の高さがあり、さらに事務所の人員の確保もある程度は必要になってくることも事務所の開業当初での弁護士先生の大きな負担になります。

リスティング広告での交通事故に関してのCPC(クリック単価)はもはや最高に近いぐらいの高騰が見られますが、問い合わせのCPA(相談単価)に関してもはそれほど高額なわけではなく、現状では1万円~2万円程度が実際の金額になります。交通事故に関してもランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を安定して1万円に近づけていくことが目標になってきます。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に交通事故を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に債務整理を選んだ場合の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

まず、債務整理に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果から市場規模の検索ボリュームは十分ですし顧客ニーズについても申し分ありません!

また、債務整理という業務が緊急性と秘密性を兼ね備えているところからもネット集客に特に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますし、さらに競合相手の多くは大手の法律事務所になってきますので、競合相手はかなり強敵だというのが分析調査の結果になります。

債務整理の競合相手は相談料や着手金をゼロにしている事務所がほとんどなので、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、各種費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するためのランディングページの構成やキャッチコピーなども細かく分析する必要があります。

また、最近の債務整理ではランディングページに金太郎飴のような借金減額シミュレーターを使う事務所が増えてきていますので、ほとんど同じように見えてしまい新鮮味もなく、差別化もなくなってしまっているので、できれば大手の法律事務所のようにオリジナルなランディングページで、ネット集客を展開していく方が長い目で見ればネット集客の効率も上がると思います。

また、大手の法律事務所は全国展開で債務整理の業務の対応をしていますので、過払い金の返金を含めた任意整理をメインで取り扱うのでしたら、大手事務所と同じように全国展開の方がネット集客の効率がいいと思います。

なお、任意整理に関しては、振り込みの件数が多くなってくると弁済の代行費用も大きな事務所の収入源になりますので、任意整理をメインにするのであれば手間はかかりますが債権者への弁済は依頼人に任せずに事務所で弁済代行を行った方がいいでしょう。

債務整理のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの債務整理関連のページがよく作りこまれています。しかし、SEOに関しては不可能ということはなく、正しい方法で時間をかけさえすれば必ずいい結果に繋がっていきます。

基本的に上位表示が難しい債務整理のSEOについては、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからのネット集客を狙っていく施策が効果的です。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、債務整理に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも債務整理のSEOは進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトを債務整理の専門のサイトにするか、本体の事務所の他に債務整理の専門ページを作成するか、そのどちらかを選択してSEO対策をしていく方法になります。

以下の画像は「アディーレ法律事務所のトップページ」になりますが、債務整理のSEOの見本のようなWEBサイトなので、ぜひご覧になっていただき参考にしてみてください。

現在のSEOは、EAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」がGoogleに重要視されていることもあって士業の業務のSEOはその業務の専門サイトを作成するメリットはかなりあると考えられます。

また、最近のGoogleは、YMYLと言われるジャンルに対しては専門家でないと上位表示がしにくいようにアップデートを行いました。YMYLとは「Your Money Your Life」の略で、Googleが定義しているお金や健康などユーザーの生活に直結するジャンルのことになります。

例を挙げますと、人の命に係わる医療関係を筆頭に、投資などの情報や政治や国際問題などの重要な問題、その他法律や人種、宗教などが、このYMYLのジャンルになり、法律関連の業務もこの中に入っていますので、そういった意味でも弁護士が書いた債務整理の専門サイトには価値があると思います。

債務整理を開業の取り扱い業務に選択すると、事務所の人員の確保は最低限で済みますので、事務所の開業当初での弁護士先生の負担がすくなくなるといったメリットがあります。

リスティング広告での債務整理に関してのクリック単価はもはや最高に近いぐらいの高騰が見られますが、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては現状の実際の金額で1万円~2万円程度になりますので、CPA(クリック単価)を考えればそれほど高いとは言えません。また、債務整理に関してはランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、相談単価(CPA)を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になってくると思います。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に債務整理を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に自己破産を選んだ場合の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

正確に言うと自己破産自体は、債務整理の1部になるのですが、取り扱い業務を自己破産に特化させて、任意整理や民事再生の案件がくれば、それぞれの手続きで受託していくことになります。弁護士の取り扱う自己破産については司法書士と違って受託できない案件がないことと、個人と会社の両方で依頼になる案件が多いことも大きなメリットになります。

自己破産という業務が緊急性と秘密性を兼ね備えているところからもネット集客に特に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

まず、自己破産に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果から市場規模の検索ボリュームは申し分なしですし顧客ニーズについても十分にあります!

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは債務整理には専用のランディングページを用意していますが、自己破産に特化した専用のランディングページを用意している事務所はほとんどありませんので、債務整理からポイントをずらすという意味でも自己破産に特化したネット集客には価値があると考えられます。

そうはいっても、競合相手は大手の事務所が多くなりますので、相談料や着手金をゼロにしている事務所も多く、ランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための効率がいいランディングページは用意する必要があります。

また、大手の法律事務所は全国展開で自己破産の業務の対応をしていますが、自己破産の場合は裁判所まで出向かなければなりませんので、開業で自己破産を取り扱い業務に選んだ場合は仕事を受託するエリアを絞っても利益率が大きく下がることはないと思います。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐにお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

なお、自己破産の費用の回収に関しては、個人破産の場合は分割での支払いがほとんどになりますので、費用の振り込み日の前にメールをするなど、定期的に支払いを促しておかないと入金しない依頼人が多くなってきますので、自己破産を取り扱い業にした場合は、費用の分割払いの依頼人に対するケアが必要になってきます。

自己破産のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの自己破産関連のページが大手の事務所によってよく作りこまれています。

自己破産のSEOについては、エリアを絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策が効果的になります。

自己破産のSEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、自己破産に関しての専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトへのクリック数が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも自己破産のSEOは進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの制作については、本体の事務所サイトを自己破産の専門ページにするか、本体の事務所サイト以外に自己破産の専門サイトを制作して、そのどちらかをSEOしていく方が効率よくSEOからネット集客できる可能性が高くなります。

リスティング広告での自己破産理に関してのCPC(クリック単価)はかなり高騰が見られ、問い合わせのCPA(相談単価)に関しても現状では1万円~2万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を1万円以内に近づけていくことが目標になります。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に自己破産を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客での民事再生(個人再生)の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

正確に言うと民事再生(個人再生)自体は、債務整理の1部になるのですが、取り扱い業務を民事再生(個人再生)に特化させて、任意整理や自己破産の案件がくれば、それぞれの手続きで受託していくことになります。債務整理は本当に多くの事務所が参入していますので、債務整理から少しポイントをずらすという意味でも民事再生(個人再生)に特化したネット集客は価値があると思います。

法人の民事再生については会社の規模が大きくなると、事務所規模が大きくないと対応できないケースも出てきますので、独立開業での取り扱い業務として考えると個人再生がメインの業務になってくると思います。

まず、民事再生(個人再生)に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、民事再生という言葉自体が少しニッチなので市場規模の検索ボリュームはまずまずで、顧客ニーズについては申し分なしです!

また、民事再生(個人再生)という業務が緊急性と秘密性を兼ね備えているところからもネット集客に特に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますが、そのランディングページのレベル自体はそれほど高いものではありませんので、競合相手はしっかりしている事務所が多いですが、債務整理と比較するとまだ戦いやすい競合相手がほとんどだというのが分析調査の結果になります。

競合相手は相談料や着手金をゼロにしている事務所も多く、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための効率がいいランディングページを用意する必要があります。

また、大手の法律事務所は全国展開で民事再生(個人再生)の業務の対応をしていますが、民事再生(個人再生)の場合は裁判所まで出向かなければなりませんので、民事再生(個人再生)を取り扱い業務に選んだ場合は仕事を受託するエリアを絞っても利益率が大きく下がることはないと考えられます。

ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐにお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

民事再生(個人再生)のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの民事再生(個人再生)関連のページが大手の事務所によってよく作りこまれています。

民事再生(個人再生) のSEOについては、エリアを絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、民事再生(個人再生)に関しての専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも民事再生(個人再生)のSEOは進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトを民事再生に特化した専門ページにする方法も考えられますが、他に民事再生(個人再生)の専門ページを作成して、その専門ページでSEOしていく方が、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でもメリットがあると思います。

リスティング広告での 民事再生(個人再生) に関してのCPC(クリック単価)はかなり高騰が見られ、問い合わせのCPA(相談単価)に関しても民事再生(個人再生)に限らずに自己破産や任意整理の業務も含めると現状では1万円~2万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を1万円以内に近づけていくことが目標になります。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客での逮捕(刑事事件)の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

弁護士先生が 逮捕(刑事事件) を開業での取り扱い業務にすることは、かなりハードルが高いと思いますが、独立する前の事務所で 逮捕(刑事事件) に携わっていた弁護士先生であれば可能だと考えています。

まず、 逮捕(刑事事件) に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、 逮捕(刑事事件)の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分なしです!

また、逮捕(刑事事件)という業務が緊急性と秘密性を兼ね備えているところからもネット集客に特に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

逮捕(刑事事件)の場合は先生の事務所サイトの仕事を受託するエリアをどうしていくのかといった問題があります。

現在では、パソコンもスマホもある程度の位置情報が利用できますので、支店の多い大手の法律事務所が全国規模で逮捕(刑事事件)を扱っていますが、ほとんどの法律事務所がエリアを限定して仕事の依頼を受けていますので、開業での取り扱い業務に逮捕(刑事事件)を選ぶのであれば、仕事を受託するエリアはある程度絞る必要があると思います。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐにお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますし、さらに競合相手の多くは大手の法律事務所になってきますので、競合相手はかなり強敵だというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

逮捕(刑事事件)のSEOに関しては、かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの逮捕(刑事事件)関連のページがよく作りこまれていますが、逮捕(刑事事件)のSEOは弁護士が取り扱う他の業務と比較するとまだ可能性がある業務だと考えられます。

逮捕(刑事事件) のSEOについては、商圏を絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策が効率がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、逮捕(刑事事件)に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも逮捕(刑事事件)のSEOは進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトをそのまま逮捕(刑事事件)専用に特化させてもいいと思いますし、逮捕(刑事事件)の専門ページを作成して、その専門ページでSEOしていくのも、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でメリットがあると思います。

リスティング広告での 逮捕(刑事事件) に関してのクリック単価はまずまずの価格で、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては逮捕(刑事事件)で現状では1万円~2万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を安定して1万円に近づけていくことが目標になります。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に逮捕(刑事事件)を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客での相続問題を選んだ場合の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

まず、相続に関しては、司法書士、行政書士などのいろいろな資格で、相続を事務所の取り扱い業務にしていることが多く、もちろん相続トラブルになったケースは弁護士の独占業務になるのですが、それ以外のケースでは他の資格でも対応が可能だということです。また、相続税が発生するケースでは税理士の業務範囲になりますので、他の資格との連携を取れるようにしておくと先生の弁護士事務所だけのワンストップサービスが可能になります。

弁護士先生の開業の取り扱い業務のメインに、相続一本で行くのは難しいですし、逆にもったいないので、相続は次の一手として考えていくことがベターだと思います。

まず、相続に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、 相続の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分なしです!

また、相続というと突然におこることもありますので業務に緊急性がある場合もありネット集客に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

相続の場合は先生の事務所サイトの仕事を受託するエリアをどうしていくのかといった問題があります。

現在では、パソコンもスマホもある程度の位置情報が利用できますので、支店の多い大手の法律事務所は全国規模で相続を扱っていますが、開業での取り扱い業務に相続を選ぶのであれば、仕事を受託するエリアはある程度絞っていく必要があります。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐにお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますし、さらに競合相手の多くは大手の法律事務所を含めて多岐に渡ってきますので、競合相手はかなり強敵だというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための効率がいいランディングページを用意する必要があります。

相続関連のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの相続関連のページがいろいろな資格の事務所によってよく作りこまれています。

相続関連のSEOについては、エリアを絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、相続に関しての専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトのクリック数が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも相続関連のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトはそのままで、相続の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていくのも、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でメリットがあると思います。

リスティング広告での相続に関してのクリック単価は高いというほどではないのですが、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては意外に高く相続関連で現状では1万円~2万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を1万円以内に近づけていくことが目標になります。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に相続問題を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客で債権回収を選んだ場合の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

まず、債権回収に関してのキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、 債権回収の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについてもまったく問題ないレベルです!

しかし、債権回収会社の存在もありますので、弁護士先生の開業の取り扱い業務のメインに、債権回収一本で行くのを考えるのではなく、債権回収はメインの業種を決めた上での次の一手として考えていくことがベターだと思います。

債権回収については、競合他社もZOOMなどで遠距離の顧客の取り込みを行っていますので、仕事を受託するエリアは大きく考えた方がネット集客に向いています。

次に、債権回収に関してシミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手はとにかく多岐に渡り専用のランディングページを持っている事務所のあればそうでもない事務所もあり、さらに競合相手も大手の法律事務所を含めて多岐に渡ってきますので、競合相手はある程度の強敵ではあるけど、まだ入り込む余地は十分にあるというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、成功報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための効率がいいランディングページはしっかりと用意する必要があります。

債権回収のSEOに関しては、もちろん法律業務なのでかなリ厳しいというのが現状になりますが、他の弁護士の取扱い業務ほどで上位表示が難しいわけではありません。

債権回収のSEOについては、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策が効率がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、債権回収に関しての専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトへのクリック数が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも債権回収のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトはそのままで、債権回収の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていくのがその後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でメリットがあると思います。

現在のSEOは、EAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」がGoogleに重要視されていることもあって士業の業務のSEOはその業務の専門サイトを作成するメリットはかなりあると考えられます。

また、最近のGoogleは、YMYLと言われるジャンルに対しては専門家でないと上位表示がしにくいようにアップデートを行いました。YMYLとは「Your Money Your Life」の略で、Googleが定義しているお金や健康などユーザーの生活に直結するジャンルのことになります。

例を挙げますと、人の命に係わる医療関係を筆頭に、投資などの情報や政治や国際問題などの重要な問題、その他法律や人種、宗教などが、このYMYLのジャンルになり、法律関連の業務もこの中に入っていますので、そういった意味でも弁護士が書いた債権回収の専門サイトには価値があると思います。

リスティング広告での債権回収に関してのクリック単価はまずまずの価格で、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては債権回収で現状では1万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を安定して5千円に近づけていくことが目標になります。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に債権回収を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客で企業法務を選んだ場合の分析調査【弁護士の独立開業ノウハウ】

まず、企業法務に関してのキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、企業法務の検索ボリュームはまずまずですが、顧客ニーズについてはあるのですが、企業法務がネット集客に向いているとは言えません。

法律事務所とすでに顧問契約をしている大手が顧問契約を変更することはほとんどありませんし、一般的な会社だとすでに税理士が顧問契約をしていますので、顧問税理士の紹介で弁護士事務所を選ぶ会社が多いというのが現状になります。

ネット集客での企業法務については、弁護士先生の開業の取り扱い業務のネット集客のメインにするのは正直難しいと思いますので、企業法務はメインの取り扱い業務を決めた上でのサポートの業務として考えていくことがベターだと思います。

企業法務については、現在ではZOOMなどで遠距離の顧客の対応も可能になっていますので、仕事の依頼を受けるエリアは大きく考えた方がネット集客には向いています。

次に、企業法務に関してのシミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手はとにかく多岐に渡り専用の巨大なポータルサイトである弁護士ドットコムをはじめ、ランディングページを持っている事務所のあればそうでもない事務所もあり、とても多岐に渡っていますので、ネット集客で企業法務案件を安定して受託するのは、非常に難しいというのが3C分析の分析調査の結果になります。

企業法務のSEOに関しては、もちろん法律業務なのでかなリ難しいというのが現状ですが、仮にSEOで上位表示されたとしても、顧問契約に繋がるかどうかは少し微妙な印象を受けます。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトの中に企業法務のページを作成して、その企業法務のページにSEO用の記事を増やしていくといった方法でSEOに取り組むぐらいで、もし企業法務のSEOに力を入れるのであれば、その労力を他の取り扱い業務のSEOに充てた方がネット集客の効率化という意味ではずっとメリットがあると思います。

リスティング広告での企業法務に関連したクリック単価はまずまずの価格ですが、問い合わせのCPA(相談単価)に関してのデータは当社および関連の会社にはなく、リスティング広告から効率よく顧問契約を受託するのは難しいかもしれません。

企業法務に関しては、大手の法律事務所はネット集客に力を入れていませんので、その部分がネット集客に関しての1番の懸念点で、企業法務をネット集客する難しさの表れなのかもしれません。

以上が弁護士が開業の取り扱い業務に企業法務を選択した場合のネット集客の分析になります。

司法書士のネット集客に向いた業務【司法書士の独立開業ノウハウ】

次は、司法書士のネット集客に向いた取り扱い業務を紹介していきます。

ネット集客に債務整理を選んだ場合の分析調査【司法書士の独立開業ノウハウ】

債務整理は正確に言うと任意整理だけでなく、自己破産と個人再生を含めた借金整理の総称になりますが、今回の取り扱い業務としては過払い金を含む任意整理をメインに考えての業務になります。

とはいえ債務整理の1部である自己破産や個人再生の案件がくれば、それぞれの手続きで受託していくことになります。

まず、債務整理に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果から市場規模の検索ボリュームは十分ですし顧客ニーズについても申し分ありません!

また、債務整理という業務が緊急性と秘密性を兼ね備えているところからも司法書士の取り扱い業務の中でもネット集客に特に向いている業務だと言えます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますし、さらに競合相手の多くは大手の法律事務所になってきますので、競合相手はかなりの強敵だというのが分析調査の結果になります。

債務整理の場合は相談料や着手金をゼロにしている事務所がほとんどですし、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための効率のいいランディングページを用意する必要があります。

また、最近の債務整理では、ランディングページやバナー広告に金太郎飴のような借金減額シミュレーターを使う事務所が増えてきていますので、ほとんど同じように見えてしまい差別化もできなくなってしまっているので、できれば大手の法律事務所のように効率的なオリジナルのランディングページで、ネット集客を展開していく方が長い目で見ればネット集客の効率も上がると考えられます。

また、大手の法律事務所は全国展開で債務整理の業務の対応をしていますので、過払い金の返金を含めた任意整理をメインで取り扱うのでしたら、大手事務所と同じように全国展開の方がネット集客の効率が上がると思います。

なお、任意整理に関しては、受託案件が多くなり振り込みの件数が多くなってくると弁済の代行費用も大きな事務所の収入源になりますので、任意整理をメインにするのであれば手間はかかりますが債権者への弁済は依頼人に任せずに事務所で弁済代行を行った方がいいでしょう。

債務整理のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの債務整理関連のページが大手の法律事務所や大手の司法書士事務所によく作りこまれています。

債務整理のSEOについては、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOから先生の事務所へのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、先生の事務所ホームページを債務整理の専門サイトにするか、本体の事務所とは別に債務整理の専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトのクリック数が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも債務整理のSEOは進めていっていただきたいと思います。

また、債務整理を開業の取り扱い業務に選択すると、事務所の人員の確保は最低限で済みますので、事務所の開業当初での司法書士の先生の負担が少なくて済むといったメリットがあります。

リスティング広告での債務整理に関してのクリック単価はもはや最高に近いぐらいの高騰が見られ、問い合わせのCPA(相談単価)に関しても現状では1万円~2万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)を1万円以内に近づけていくことが目標になります。

以上が司法書士が開業の取り扱い業務に債務整理を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に自己破産を選んだ場合の分析調査【司法書士の独立開業ノウハウ】

司法書士事務所で自己破産を取り扱い業務にするということは、ネット集客で自己破産に付随して任意整理や個人再生の案件がきますので、それぞれの手続きで受託していくことになります。

まず、キーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した自己破産に関して3C分析の分析調査の結果から市場規模の検索ボリュームは十分ですし顧客ニーズについても申し分ありません!

また、自己破産という業務が緊急性と秘密性を兼ね備えているところからも司法書士の業務の中でもネット集客に特に向いている取り扱い業務だと言えます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは債務整理のランディングページを流用していますので、自己破産単体に合わせたランディングページを用意している事務所はそれほど多くはありません。しかし競合相手の多くは大手の法律事務所になってきますので、競合相手はかなりの強敵だというのが分析調査の結果になります。

上記でも書かせていただきましたが、検索のキーワードを自己破産関連にしても債務整理に関するランディングページが広告表示されることが多く、先生の事務所が自己破産を主力業務にしていくのであれば、自己破産に特化したランディングページや事務所サイトにするというのも大手事務所との直接の競合を避けるという意味では大いにありだと思います。

自己破産に関しては相談料や着手金をゼロにしている事務所が多いですし、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための効率のいいランディングページを用意する必要があります。

また、大手の法律事務所は全国展開で自己破産の業務の対応をしていますが、今回のテーマのように独立開業の取り扱い業務として自己破産を選択するのであれば、仕事を受託するエリアはある程度絞った方がいいと思います。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐにお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

自己破産のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの自己破産関連のページが大手の法律事務所や大手の司法書士事務所によく作りこまれています。

自己破産のSEOについては、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOから先生の司法書士事務所へのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

また、自己破産を受託するエリアを絞るのであれば、ローカルSEOという施策も検討することができます。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、自己破産に関しての専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトへのクリック数が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも自己破産のSEOは進めていっていただきたいと思います。

司法書士の事務所サイトの作成については、先生の事務所の取り扱い業務のメインを自己破産にするのであれば、本体の事務所サイトを自己破産専門にするという方法もいいと思いますし、さらに他に自己破産の専門ページを作成して、その両方のページをSEOしていく方法も大手との競合を避けるという意味でも効果が高いと思います。

リスティング広告での自己破産に関してのクリック単価は債務整理に近いぐらいの高騰が見られ、問い合わせのCPA(相談単価)に関しても現状では1万円~2万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)を1万円以内に近づけていくことが目標になります。

以上が司法書士が開業の取り扱い業務に自己破産を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に相続遺言を選んだ場合の分析調査【司法書士の独立開業ノウハウ】

まず、相続遺言に関しては、弁護士、行政書士などのいろいろな資格で、相続遺言を事務所の取り扱い業務にしていることが多く、もちろん相続トラブルになったケースは弁護士の独占業務になるのですが、それ以外のケースでは他の資格でも対応が可能だということです。

ですから、司法書士の先生の開業の取り扱い業務のメインに、相続遺言の一本で行くのを考えるのではなく、相続遺言は次の一手として考えていくことがベターだと思います。また、相続遺言に関しては弁護士や税理士といった他業種との連携を取っていくことも念頭に置いた方がいいでしょう。

まず、相続遺言に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、 相続遺言の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分なしです!

また、相続というと突然におこることもありますので業務に緊急性がある場合もありネット集客に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

相続遺言の場合は司法書士の先生の仕事を受託するエリアをどうしていくのかといった問題があります。

現在では、パソコンもスマホもある程度の位置情報が利用できますので、支店の多い大手の法律事務所は全国規模で相続を扱っていますが、開業での取り扱い業務に相続を選ぶのであれば、仕事を受託するエリアはある程度絞っていく必要があります。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐに先生のお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手は専用のランディングページを用意しているところもありますが、事務所のホームページを流用しているところもあり、さらに競合相手の多くは大手の法律事務所を含めて多岐に渡ってきますので、競合相手はかなり多岐に及ぶというのが3C分析の分析調査の結果になります。

競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないようにユーザーを問い合わせに誘導するための効率のいいランディングページを用意が必要になります。

相続遺言のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの相続遺言関連のページがそれぞれの資格の事務所によってよく作りこまれています。

相続遺言のSEOについては、商圏を絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOから先生の司法書士事務所へのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、相続遺言に関しての専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも相続遺言のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトはそのままで、相続遺言の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていく方が、その後に他の業務への展開を考えますと柔軟性を持たせるという意味でメリットがあると思います。

リスティング広告での相続遺言に関してのクリック単価はそれほどでもないのですがで、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては意外に高く相続関連で現状では1万円~2万円程度が実際の金額になります。ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を1万円以下に近づけていくことが目標になります。

以上が司法書士が開業の取り扱い業務に相続遺言を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に成年後見を選んだ場合の分析調査【司法書士の独立開業ノウハウ】

まず、成年後見に関しては、弁護士事務所も成年後見を事務所の取り扱い業務にしているところもあります。

司法書士の先生の開業の取り扱い業務は、一般的には不動産登記をメインにする先生が多いと思いますので、成年後見はそのサポート的な役割りとして考えていくことがベターだと思います。

まず、成年後見に関してのキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、 成年後見の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分ありません。

成年後見の場合は、司法書士の先生の事務所で仕事を受託する商圏をどうしていくのかといった問題がありますが、成年後見に関しては仕事を受託するエリアはある程度絞っていく必要があります。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐに先生のお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手のランディングページに専用のものを使用していない事務所もありますし、検索結果には法律関連の事務所以外の一般的な会社もあります。

またリスティング広告のクリック単価はそれほど高騰しておらず、この部分でも現状では競合相手に強敵が多いとは言えないというのが当社の分析調査の結果になります。

そうはいっても、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための効率のいいランディングページを用意することが必要です。

成年後見のSEOに関しては先生の事務所の仕事を受託するエリアによってはローカルSEOという施策も考えられますし、通常のSEOに関しても成年後見関連のキーワードであれば、まだまだ上位表示が可能ですので、早めにコンテンツSEOに着手して成年後見に関してのWEBサイトの資産化をしておくと将来は自然検索からも費用をかけずにネットからの集客が可能になります。

先生の事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトはそのままで、成年後見の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていくのが、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でメリットがあると思います。

リスティング広告での成年後見に関してのクリック単価はそんなに高騰はしておらず、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては成年後見で現状では1万5千円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を1万円以内にしていくことが目標になります。

以上が司法書士が開業の取り扱い業務に成年後見を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に登記業務を選んだ場合の分析調査【司法書士の独立開業ノウハウ】

司法書士の取り扱い業務と言えば、一般的には不動産登記をメインにする先生がほとんどだと思いますが、実は司法書士の取り扱い業務の中で1番ネット集客に向いていないのが、登記業務になると思います。

司法書士の取り扱う登記業務には、不動産登記と会社登記がありますが、基本的にどちらもネット集客には向いていません。

まず、不動産登記については所有権移転登記や抵当権設定登記は、不動産会社や金融機関から依頼を受けることがほとんどなので、ネットからの集客はほとんど期待できません。

会社登記に関しても定期的に必要な変更の登記などは既存の司法書士に依頼することがほとんどですし、会社設立に関してはその後の顧問契約に繋がれば税理士や会計士がほとんど無償で手続きを行っているケースもありますので、ネット集客で会社設立の登記を受任するのは非常に難しいと思います。

唯一、SEOでのネット集客で登記業務をネット集客することが可能だと思うのですが、松戸の司法書士の高島先生ぐらいのスキルとボリュームがないと安定した登記業務の受託は難しいのかもしれません。

それでは、司法書士の先生が開業での取り扱い業務のネット集客に登記業務を選んだケースを解説いたします。

まず、登記業務に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、 登記業務の検索ボリュームは十分なので調べる人は多いのですが、実際に仕事の依頼に繋がる顧客ニーズがあまり多くありません。

次に、3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手のランディングページに専用のものを使用していない事務所がほとんどですし、検索結果には相続に関係したランディングページや不動産会社のランディングページなど、いろいろな分野の事務所や会社が表示されますので、やはりネット集客の登記業務に需要がないことの証明になっていると思います。

登記業務のSEOに関してはリスティング広告で需要がないということは自然検索でもネット集客が難しい証明になっていると思いますので、もしSEOから登記業務のネット集客を検討するのであれば、その労力を他の取り扱い業務に使った方が確実に先生の事務所の売り上げに繋がると考えられます。

登記業務に関する当社の総括になりますが、司法書士の登記業務がネット集客に向いているとはいえませんので、リスティング広告でネット集客を考えるのは登記以外の他の業務で、登記業務に関しては通常の司法書士事務所の営業活動の中から登記の仕事の依頼を受けることのサポートとして、本体の司法書士事務所の中に不動産登記や会社の登記などの記事を書く程度でSEOからのネット集客を行っていくのが1番いい施策だと判断できます。

以上が司法書士が開業の取り扱い業務に登記業務を選択した場合のネット集客の分析になります。

税理士のネット集客に向いた業務【税理士の独立開業ノウハウ】

次は、税理士のネット集客に向いた取り扱い業務を紹介していきます。

ネット集客に創業融資を選んだ場合の分析調査【税理士の独立開業ノウハウ】

税理士の先生にとってはお客様との税務顧問契約が1番の事務所の収入源になってきますが、税務顧問契約に関しては1度契約すると顧問税理士を変更することはなかなかありませんので、基本的に税理士業務のネット集客は難しくSEO以外だとポータルサイトに頼ってしまうことが多いのですが、創業融資のサポートから新たな税務顧問契約を取る方法が1つの手段になります。

それでは、税理士の先生が開業での取り扱い業務に創業融資を選んだケースを解説していきましょう。

まず、創業融資に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、創業融資の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分ありません。また、創業融資に関してはお客様から直接の問い合わせの前に、資料請求のページを作るといったツーステップマーケティングを取り入れるのも事務所への問い合わせを増やす1つの施策になります。

創業融資の場合は、税理士の先生の事務所で仕事を受託するエリアをどうしていくのかといった問題がありますが、創業融資に関しては仕事を受託するエリアはある程度絞っていく必要があると思います。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐに先生のお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手のランディングページに専用のものを使用していない事務所もありますし、検索結果には税理士、会計士事務所以外の行政書士や一般の会社もあります。

またリスティング広告のクリック単価はそれほど高騰しておらず、この部分でも現状では競合相手に強敵が多いとは言えないというのが当社の分析調査の結果になります。

そうはいっても、創業融資に関しての競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための効率のいいランディングページを用意することが事務所の売り上げを伸ばすための絶対条件になります。

創業融資のSEOについては、商圏を絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、創業融資に関しての専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも創業融資のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトはそのままで、創業融資の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていくのがSEOの成果を考えると1番いい方法になります。

リスティング広告での創業融資に関してのクリック単価はまずまずの価格で、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては創業融資関連で現状では1万円~2万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になります。

創業融資の場合は融資が受けられないケースもありますし、その後の税務顧問契約にすぐに繋がらないかもしれませんが、お客様と繋がっていれば後日に税務顧問契約の契約に至る可能性がありますので、一概にその時のみの売り上げに固執しない方がいいかもしれません。

創業融資に関してのディスプレイ広告の出稿はほとんど確認ができないのですが、ディスプレイ広告のリマーケティング広告に関してはかなりの効果が見込まれますので、ディスプレイ広告の配信はまだまだ可能性があり創業融資の業務の受託が期待できます。

以上が税理士が開業の取り扱い業務に創業融資を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に相続税を選んだ場合の分析調査【税理士の独立開業ノウハウ】

税理士の先生にとってはお客様との税務顧問契約が1番の事務所の収入源になってきますが、税務顧問契約に関しては1度契約すると顧問税理士を変更することはなかなかありませんので、基本的に税理士業務のネット集客は難しくSEO以外だとポータルサイトに頼ってしまうことが多いのですが、相続税の申告は唯一ネット集客にとても向いている取り扱い業務で単発でも税理士事務所の売り上げとして成立する業務だと思います。

相続というと突然におこることもありますので業務に緊急性があることもありネット集客に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

また、相続税の申告に関しては、税金の申告は税理士でトラブルになれば弁護士、登記は司法書士といった他業種と連携を取っていくことも念頭に置いた方がいいでしょう。

まず、相続税の申告に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、 相続税の申告の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分なしです!また、相続税の申告に関してはお客様から直接の問い合わせの前に、資料請求のページを作るといったツーステップマーケティングを取り入れるのも事務所への問い合わせを増やす1つの施策になります。

相続税の申告の場合は先生の事務所サイトの仕事を受託するエリアをどうしていくのかといった問題があります。

現在では、パソコンもスマホもある程度の位置情報が利用できますので、支店の多い大手の税理士事務所は全国規模で相続税の申告を扱っていることろもありますが、ほとんどの税理士事務所は相続税の申告を受託するエリアを絞っていますので、開業での取り扱い業務に相続税の申告を選ぶのであれば、仕事を受託するエリアはある程度絞っていく必要があります。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐに先生のお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますし、さらに競合相手の多くは大手の税理士事務所を含めて多岐に渡ってきますので、競合相手はかなり強敵だというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、手続き費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

相続税関連のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの相続税関連のページが多くの事務所によってよく作りこまれています。

相続税に関するSEOについては、エリアを絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからのネット集客を狙っていく施策が効率がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、相続税に関しての専門サイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも相続税に関してのSEOについては進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトを相続税の専門サイトにするケースと、本体のサイトはそのままで相続税の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていく方法があります。どちらにしても相続税の専門サイトの方がSEOの効果も上がりやすいですし、事務所の専門性を前面に出すことができますのでメリットが高いと思います。

また現在のSEOについてはEAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」が重視されていますので、税理士という専門性がSEOで評価されやすくなっていますので、その部分でも相続税関連のSEOについては追い風になっていると思います。

最近のGoogleでは、YMYL「Your Money or Your Life」という、直訳すると「あなたのお金と人生」で、人々のお金や人生に影響を与えるWEBサイトは、専門家が制作していないと上位表示が困難になっています。

法律分野のWEBサイトもYMYLの中に入っていますので、その部分でも税理士の先生が相続税関連の専門サイトを作成する意味が大いにあると考えられます。

リスティング広告での相続税の申告に関してのクリック単価はかなり高騰していて、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては相続税の申告関連で現状では1万円~2万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になってくると思います。

以上が税理士が開業の取り扱い業務に相続税を選択した場合のネット集客の分析になります。

ネット集客に顧問契約を選んだ場合の分析調査【税理士の独立開業ノウハウ】

税理士の先生にとってはお客様との税務顧問契約が1番の事務所の収入源になってきますが、税務顧問契約に関しては1度契約すると顧問税理士を変更することはなかなかありませんので、基本的に税理士の税務顧問契約のネット集客は難しくSEO以外だと税理士ドットコムなどのポータルサイトに頼ってしまうことが多いと思います。

それでは、税理士の先生が開業での取り扱い業務のネット集客に顧問契約を選んだケースを解説していきましょう。

まず、税理士の顧問契約に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、 顧問契約の検索ボリュームはそれほどでもなく「税金申告」というキーワードのように調べる人は多いのですが、実際に仕事の依頼に繋がる顧客ニーズもはそれほどではありません。

税理士の取り扱い業務と言えば、一般的には税務顧問契約をメインにする税理士の先生がほぼ100パーセントだと思いますが、実は税理士の取り扱い業務の中で1番ネット集客に向いていないのが、税務顧問契約になると思います。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手のほとんどが税理士ドットコムのようなポータサイトになりますので、直接戦っても勝ち目はなく、やはり税理士の先生ご自身の事務所をリスティング広告してもネット集客の顧問契約が難しいことの証明になっていると思います。

ですから、ネット集客で直接税務顧問契約を受託するのではなく、創業融資や会社設立といったネット集客から税務顧問契約に誘導していく方法がずっと効率がいいと思います。

税務顧問解約自体のSEOに関しては、ほとんど上位表示されているがポータルサイトなのでかなリ厳しいというのが現状です。

ただし、顧問契約とは関係なく税金の情報を先生の事務所サイトに載せていくSEOについては、商圏を絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOから先生の事務所へのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、税金についてのわかりやすい情報でコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトのクリック数が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、少しずつでも税金関係に関してのSEOについては進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトの中に税金関係のページを作成して、その税金関係のページに記事を増やしていくといった方法でSEOに取り組むぐらいで、他に専門のWEBサイトを作成する必要はないと思います。

税務顧問契約に関してのディスプレイ広告の出稿もほとんどが大手のポータルサイトによって出稿されていますので、ディスプレイ広告のリマーケティング広告に関してはかなりの効果が見込まれますが、ここでも一般の税理士事務所の参入は少し難易度が高い状況だと判断できます。

ネット集客に向いていないとお話しをした税務顧問契約ですが、ネット集客で有望なのがSNSで、多くの方が税金に関する興味を持っていますので、有益な情報発信を続けることでSNSから税務顧問契約に繋げていくのは可能性は十分にあると思います。

以上が税理士が開業の取り扱い業務に顧問契約を選択した場合のネット集客の分析になります。

行政書士のネット集客に向いた業務【行政書士の独立開業ノウハウ】

次は、行政書士のネット集客に向いた取り扱い業務を紹介していきます。

ネット集客に入管業務を選んだ場合の分析調査【行政書士の独立開業ノウハウ】

税理士は税務顧問、司法書士は登記業務など、それぞれの資格によってメインとなる業務が決まっているケースもありますが、行政書士の先生の場合は業務範囲が広い反面、メインにする業務が決まっていませんので、どの業務をメインにするか、またはいくつかの業務を組み合わせで行政書士事務所運営の戦略を決定していく必要があります。

よく例に出してしまうのですが、さむらい行政書士法人の場合は、入管業務を中心に補助金の申請、融資の支援、相続遺言などの業務を絡めて事務所の安定した運営を実現しています。

こうして、いくつかの取り扱い業務を選択したのちにSEOを中心として、補助的にリスティング広告を使ってネット集客していく方法が、行政書士事務所の運営としてはベストな戦略になると思います。

これは当社の見解ですが、数ある資格の中で1番ネット集客に長けている事務所の数が多いのは、実は行政書士事務所で逆に遅れているのが大手の弁護士事務所以外の一般的な弁護士事務所だと考えられます。逆に言えば行政書士事務所でネット集客を成功させるためには綿密なネット集客の戦略が必要で、弁護士事務所でネット集客を成功させるのはかなりイージーな作業だということになります。

それでは、行政書士の先生が開業での取り扱い業務に入管業務を選んだケースを解説していきましょう。

まず、取り扱い業務を入管業務とすると、「在留資格」「VISA」「帰化」などが取り扱い業務になってくると思います。

まず、入管業務に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した分析調査の結果からは、入管業務の検索ボリュームはまずまずで、顧客ニーズについてもある程度は確保されています。

入管業務の場合は、行政書士の先生の事務所で仕事を受託するエリアをどうするのかという問題がありますが、入管業務に関しては仕事を受託するエリアはある程度絞っていく必要があります。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐに先生の行政書士事務所のお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますので、競合相手はかなり強敵だというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための効率のいいランディングページを用意することが必要になります。

入管業務のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの入管業務のページが大手の事務所によってよく作りこまれています。

入管業務のSEOについては、商圏を絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOから先生の行政事務所へのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、入管業務に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトのクリック数が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも入管業務のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトの入管業務にして勝負に出てもいいと思いますし、本体の事務所はそのままで、入管業務の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていくのも、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でメリットがあります。

リスティング広告での入管業務に関してのクリック単価はそれほどでもなく、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては入管業務関連で現状では1万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を5千円程度まで下げることが目標になります。

入管業務に関してのディスプレイ広告の出稿はほとんど確認ができません。

入管業務に関する当社の総括になりますが、現在でも多くの行政書士事務所が参入はしてはいますが、効率のいいランディングページの制作と入管業務の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、行政書士事務所の開業についてのネット集客のメインの1つにしてもいいと思うぐらいの可能性がある業務だと判断できます。

ここまでが、行政書士が取り扱う入管業務のネット集客についての分析になります。

ネット集客に建設業許可を選んだ場合の分析調査【行政書士の独立開業ノウハウ】

まず、キーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した建設業許可に関して3C分析の分析調査の結果からは、入管業務の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分ありません。

建設業許可の場合は、行政書士の先生の事務所で仕事を受託するエリアをどうするのかという問題がありますが、建設業許可に関しては仕事を受託するエリアはある程度絞っていく必要があります。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐにお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意せずに事務所ホームページを流用している事務所も多く、競合相手は強敵ではあるけど、まだまだ参入の余地があるというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための効率がいいランディングページをぜひ用意しましょう。

建設業許可のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、かなり多くの建設業許可のページが大手の事務所によってよく作りこまれています。

建設業許可のSEOについては、商圏を絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、建設業許可に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも建設業許可のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

建設業許可のSEOで参考になるWEBサイトが以下の画像の行政書士の山口先生の「建設業許可サポートセンター」がとてもWEBサイト内にSEO用の記事が充実していますので、建設業許可のSEOで参考になるWEBサイトになります。

事務所サイトの作成については、山口先生のように本体の事務所サイトを建設業許可に特化させることもありですし、、建設業許可の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていくのも、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でもメリットがあります。

リスティング広告での建設業許可に関してのクリック単価はまずまずの価格になっていて、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては建設業許可で現状では1万円程度が実際の金額になりますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)を5千円以内に下げることが目標になります。

建設業許可に関してのディスプレイ広告の出稿はほとんど確認ができません。

建設業許可に関する当社の総括になりますが、現在でも多くの行政書士事務所が参入はしてはいますが、効率のいいランディングページの制作と建設業許可の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、行政書士事務所の開業についてのネット集客のメインの1つにしてもいいと思うぐらいの可能性がある業務だと判断できます。また、建設業許可の仕事した会社からはその後も定期的に更新の仕事も来ることになる可能性が高いので、その部分でもメリットがあります。

ここまでが、行政書士が取り扱う建設業許可のネット集客についての分析になります。

ネット集客に営業許可を選んだ場合の分析調査【行政書士の独立開業ノウハウ】

まず、取り扱い業務を営業許可とすると、飲食店営業許可、深夜営業届、風俗営業許可などが取り扱い業務になってくると思いますが、この周辺は全部カバーできると事務所の売り上げの効率がよくなります。

まず、営業許可関連に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、営業許可関連の検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分ありません。

営業許可関連の場合は、行政書士の先生の事務所で仕事を受託するエリアをどうするのかという問題がありますが、営業許可関連に関しては仕事を受託するエリアはある程度絞っていく必要があります。

ただ、ネット集客は臨機応変に広告の配信エリアのコントロールができますので、もう少し範囲を広げようと考えればすぐに先生の行政書士事務所でお仕事を受託する商圏の範囲を変更することができます。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますので、競合相手は割りとしっかりしているというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための効率がいいランディングページを用意することが必要になります。

営業許可関連のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、それぞれの営業許可関連のページがよく作りこまれています。

営業許可関連のSEOについては、商圏を絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOから先生の行政書士事務所へのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、営業許可関連に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトのクリック数が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも営業許可関連のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトはそのままで、営業許可関連の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていくのも、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でメリットがあります。

リスティング広告での営業許可関連に関してのクリック単価は営業許可の種類によって価格が変わってきますが、それほど高い価格ではなく、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては営業許可の種類によっても変わってきます。

平均的なCPA(相談単価)が現状では当社及び当社の関連会社にはデータがありませんのでランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA(相談単価)をできるだけ下げることが目標になってきます。

営業許可関連に関してのディスプレイ広告の出稿はほとんど確認ができません。

営業許可関連に関する当社の総括になりますが、現在でも多くの行政書士事務所が参入はしてはいますが、効率のいいランディングページの制作と営業許可関連の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、行政書士事務所の開業についてのネット集客のメインの1つにしてもいいと思うぐらいの可能性がある業務だと判断できます。また、営業許可の仕事した会社からはその後も定期的に更新の仕事も来ることになる可能性が高いので、その部分でもメリットがあります。

ここまでが、行政書士が取り扱う営業許可のネット集客についての分析になります。

ネット集客に相続遺言を選んだ場合の分析調査【行政書士の独立開業ノウハウ】

相続遺言を取り扱い業務にしているのは、行政書士以外にも弁護士、司法書士などのいろいろな資格があります。

相続が起きてトラブルになったケースは弁護士の独占業務になりますし、相続での名義変更などに関しては司法書士が1番知名度が高いと思います。

相続遺言に関しては、相続税が絡むと税理士の業務範囲になりますので、相続遺言には多くの資格が関係してくることになり、行政書士の先生が相続をメインの取り扱い業務に考えるのでしたら他業種と連携を取っていくことも検討しておく必要があります。

それでは、行政書士の先生が開業での取り扱い業務のネット集客に相続遺言を選んだケースを解説していきましょう。

まず、相続遺言関連に関してキーワードプランナー及び各種検索サイトを活用した3C分析の分析調査の結果からは、相続関連も遺言関連のどちらも検索ボリュームは十分で、顧客ニーズについても申し分ありません。

相続遺言の場合は、行政書士の先生の事務所で仕事を受託するエリアどうするのかという問題がありますが、独立開業ということもあり相続遺言に関しては仕事を受託するエリアある程度絞っておいた方がいいでしょう。

次に、シミラーウェブなどの分析ツール及び各種検索サイトを活用した3C分析の競合相手の分析ですが、競合相手は専用のランディングページを用意している事務所もありますが事務所のホームページを流用している事務所もあります。また、それぞれの資格で大手の事務所もありますので、競合相手は割としっかりしているというのが3C分析の分析調査の結果になります。

そこで、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するためのランディングページの用意は必要になります。

相続遺言関連のSEOに関しては、正直かなリ厳しいというのが現状で、それぞれの相続遺言関連のページがよく作りこまれています。

相続遺言関連のSEOについては、商圏を絞ったローカルSEOか、地味にロングテールのキーワードの上手く選択して、より多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの集客を狙っていく施策がいいでしょう。

SEOについては、いくら厳しいといっても遅すぎるということはありませんので、相続遺言関連に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、徐々にですが先生の事務所サイトの露出が増えていき、ユーザーの訪問も増えてきますので、ぜひ少しずつでも相続遺言関連のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトはそのままで、相続遺言関連の専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていくのも、その後に他の業務への展開を考えますと、柔軟性を持たせるという意味でメリットがあります。

リスティング広告での相続遺言関連に関してのクリック単価はまずまずの価格で、問い合わせのCPA(相談単価)に関しては現状では1万5千円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、相談単価(CPA)を安定して1万円以内に引き下げることが広告運用の目標になります。

相続遺言に関してのディスプレイ広告の出稿はほとんど確認ができないのですが、ディスプレイ広告のリマーケティング広告に関してはかなりの効果が見込まれますので、ディスプレイ広告の配信はまだまだ可能性があり相続遺言の業務の受託が期待できます。

相続遺言関連に関する当社の総括になりますが、現在でも多くの行政書士事務所をはじめ多くの他の資格の事務所が参入はしてはいますが、 有料のリスティング広告に関してはまだそれほど競合性が高い業務ではありません。 相続遺言はネット集客のメインとして考えていくにしても、リスティング広告は抑えめで運用を行い相続遺言の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで長いスパンで安定したネット集客を考えていく方がいい取り扱い業務だと判断できます。

ここまでが、行政書士が取り扱う相続遺言のネット集客についての分析になります。

ネット集客の古物商許可についての分析調査【行政書士の独立開業ノウハウ】

まず、古物商の許可に関しては、他の資格で古物商許可を扱っている事務所はありませんので、古物商の許可に関しては行政書士の独占業務ということになります。

古物商の許可に関してキーワードプランナーおよび各種検索エンジンを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、古物商の許可の検索ボリュームは十分なので市場規模としてもかなりの規模がありますし、顧客ニーズについても申し分ないでしょう。古物商の許可のネット集客の可能性は十分だと判断することができます。

古物商の許可の業務の仕事の受託方法は、提出書類の作成のみのケースと先生が書類の提出まで行うケースがあります。古物商の許可の場合は、仕事を受託するエリアをどうするのかといった問題がありますが、現在ではZOOMなどで遠距離からの相談を受けることができるインフラが整っていますので、先生がご自身で書類の提出まで行いたいと考えれば仕事を受託するエリアは絞った方がいいですし、提出書類の作成だけの業務も行いたいのであれば、商圏は広く考えてもいいと思います。基本的にネット集客は簡単に広告の設定で仕事を受託する範囲を変えることができますので、最初は商圏をある程度絞ってから業務初めて、その後は仕事の量などを考えて変更していくという柔軟な戦略でもいいと思います。

古物商の許可に関してシミラーウェブなどの分析ツールおよび各種検索エンジンを使用した3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手の中には専用のランディングページを用意していますが、競合相手が強いかというとそんなことはありませんので、効率のいいランディングページを作成してくことでもかなり楽に成果をだすことが可能になります。

しかし、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための効率がいいランディングページを用意する必要があります。

古物商の許可に関しては、仕事の受託単価がそれほど高額ではないというデメリットはありますが、法律サービスのネット集客においては、珍しくブルーオーシャンな取り扱い業務だといえますので、かなり成果を出しやすい業務だと思います。

古物商の許可のSEOに関しては、まだまだ可能性があるというのが現状で、精度の高い正しい技術を使ってSEOすれば、もちろんある程度の時間はかかりますが、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

古物商許可のSEOについては、まだまだ上位表示の可能性がありますので、古物商許可に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、かなりの確率での上位表示が可能ですので、ぜひ古物商許可のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができますし、今回の古物商の許可のように可能性が高い業務だとなおさら早く始めた方がいい結果が出ると思います。

古物商許可に関してのSEOをおこない先生のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されれば、先生のWEBサイトに費用をかけずにユーザーを集めることができます。SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な先生の資産になりますので、ぜひ早くに古物商許可に関してSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後の先生の主力業務の1つに古物商の許可を選択していくのであれば、本体である行政書士事務所の他に古物商許可の専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

リスティング広告での古物商許可関連に関してのCPC(クリック単価)は、それぞれのキーワードの品質スコアによっても変わってしまうので正確なことはお伝えできませんが、「古物商許可 行政書士」という検索キーワードでも百円前後なので、これは法律サービスのリスティング広告のCPC(クリック単価)としてはかなり安い価格になります。古物商許可に関しての問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、残念ですが当社および関連会社にも現状のデータがなかったのですが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)をできるだけ下げることが広告運用の目標になってきます。

古物商許可のリスティング広告に関しては、もちろんランディングページの良し悪しやリスティング広告の運用技術にもよりますが、かなり費用対効果が高いリスティング広告の成果が期待できます。

古物商許可に関してのディスプレイ広告の出稿は確認がきませんし、ディスプレイ広告で古物商許可のネット集客の成果をあげるのは少し難しいと思います。

行政書士事務所の取り扱い業務としての古物商許可に関する当社の総括になりますが、古物商の許可に関しては現在ではまだ競合性高い業務ではありませんので、効率のいいランディングページの制作と古物商許可の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、かなり効率がいいネット集客が期待できる取り扱い業務だと判断できます。

今までのサムライ集客ガイドでも解説をしてきましたが、ネット集客のウェブマーケティングには、古物商許可の業務において、先生の行政書士事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、行政書士事務所サイトに誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の1つ目であるSEOについては、かなり時間がかかる施策ですので、やはり先行して始めた方が有利になるのは当然のことなので、今後先生が事務所のネット集客を積極的に行っていくのでしたら、SEOを始めるのは早い方がネット集客を有利に展開していくことができます。

SEOに関しては先生ご自身で行えば、費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといった大きなメリットがありますが、SEOの効果を十分にあげるには多くのテクニックが必要になってきますので、SEOの効果を十分に発揮させるにはある程度SEOに関する勉強が必要になります。

ぜひ、当社のブログのSEO対策のパートを読んでいただき、正しいSEO対策を実践していただきたいと思います。

次に、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の2つ目であるリスティング広告に関しては、古物商許可の業務内容について熟知している広告代理店は存在しないと思いますので、できれば先生自らがリスティング広告の基本的なノウハウを身につけてしまう方が間違いなくいい成果に繋がると思います。

古物商許可についての正確な知識がないと基本的なリスティング広告のキーワード選定ができませんし、リスティング広告の広告文についても十分にCTR(クリック率)が高い広告文が作成できません。

CTR(クリック率)が悪くなると、先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がりますので、広告ランクの低下はCPC(クリック単価)の高騰に繋がってしまいますので、効率がいいリスティング広告の運用ができなくなる可能性があります。

そして1番重要なのが、事務所サイトに誘導してきたユーザーを問い合わせに効率よく繋げるための施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、ほとんどのランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった精度の高いセールスライティングができていませんので、綿密に作られた効率のいいランディングページを手に入れるだけで、古物商許可のネット集客での事務所の売り上げのアップに繋がるものと判断できます。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の事務所の開業で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

ここまでが、行政書士が取り扱う古物商許可のネット集客についての分析になります。

ネット集客の酒類販売についての分析調査【行政書士の独立開業ノウハウ】

まず、酒類販売免許の申請に関しては、他の資格で酒類販売免許の申請を扱っている事務所はありませんので、酒類販売免許の申請に関しては行政書士の独占業務ということになります。

酒類販売に関してキーワードプランナーおよび各種検索エンジンを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、酒類販売の許可の検索ボリュームは十分なので市場規模としてもかなりの規模がありますし、顧客ニーズについても申し分ないでしょう。酒類販売免許の申請のネット集客の可能性は十分だと判断することができます。

酒類販売免許の申請の場合は、仕事を受託する商圏をどうするのかといった問題がありますが、現在ではZOOMなどで遠距離からの相談を受けることができるインフラが整っていますが、最初はある程度仕事を受託するエリアを絞った方がいいと思います。基本的にネット集客は簡単に広告の設定で仕事を受託する範囲を変えることができますので、最初は商圏をある程度絞ってから業務初めて、その後は仕事の量などを考えて変更していくという柔軟な戦略でもいいと思います。

酒類販売に関してシミラーウェブなどのツールおよび各種検索エンジンを使用した3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますが、競合相手が強いかというとそんなことはありませんので、効率のいいランディングページを作成していくことでもかなり楽に成果をだすことが可能になります。

しかし、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

酒類販売に関しては、仕事の受託単価が割りと高額なわりには、法律サービスのネット集客においては、まだまだ競合性の低い取り扱い業務だといえますので、かなり成果を出しやすいと思います。

酒類販売のSEOに関しては、まだまだ可能性があるというのが現状で、精度の高い正しい技術を使ってSEOすれば、もちろんある程度の時間はかかりますが、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

酒類販売のSEOについては、酒類販売に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、かなりの確率での上位表示が可能ですので、ぜひ酒類販売のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができますし、今回の酒類販売のように可能性が高い業務だとなおさら早く始めた方がいい結果が出ると思います。

酒類販売に関してのSEOをおこない先生のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されれば、先生のWEBサイトに費用をかけずにユーザーを集めることができます。SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な先生の資産になりますので、ぜひ早くに酒類販売に関してSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後の先生の主力業務の1つに酒類販売の許可を選択していくのであれば、本体である行政書士事務所の他に酒類販売の専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

リスティング広告での酒類販売関連に関してのCPC(クリック単価)は、それぞれのキーワードの品質スコアによっても変わってしまうので正確なことはお伝えできませんが、「酒類販売 行政書士」という検索キーワードでも百円前後なので、これは法律サービスのリスティング広告のCPC(クリック単価)としてはかなり安い価格になります。酒類販売に関しての問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、残念ですが当社および関連会社にも現状のデータがなかったのですが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)をできるだけ下げることが広告運用の目標になってきます。

酒類販売のリスティング広告に関しては、もちろんランディングページの良し悪しやリスティング広告の運用技術にもよりますが、かなり費用対効果が高いリスティング広告の成果が期待できます。

酒類販売免許の申請に関してのディスプレイ広告の出稿は確認ができません。

行政書士事務所の取り扱い業務としての酒類販売に関する当社の総括になりますが、酒類販売に関しては現在ではまだ競合性高い業務ではありませんので、効率のいいランディングページの制作と酒類販売の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、かなり効率がいいネット集客が期待できる取り扱い業務だと判断できます。

今までのサムライ集客ガイドでも解説をしてきましたが、ネット集客のウェブマーケティングには、酒類販売の業務において、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、事務所サイトに誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の1つ目であるSEOについては、かなり時間がかかる施策ですので、やはり先行して始めた方が有利になるのは当然のことなので、今後先生が事務所のネット集客を積極的に行っていくのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開していくことができます。

SEOに関しては先生ご自身で行えば、費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといった大きなメリットがありますが、SEOの効果を十分にあげるには多くのテクニックが必要になってきますので、SEOの効果を十分に発揮させるにはある程度SEOに関する勉強が必要になります。

次に、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の2つ目であるリスティング広告に関しては、酒類販売の業務内容について熟知している広告代理店は存在しないと思いますので、できれば先生自らがリスティング広告の基本的なノウハウを身につけてしまう方が間違いなくいい成果に繋がると思います。

酒類販売についての正確な知識がないと基本的なリスティング広告のキーワード選定ができませんし、リスティング広告の広告文についても十分にCTR(クリック率)が高い広告文が作成できません。

CTR(クリック率)が悪くなると、先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がりますので、広告ランクの低下はCPC(クリック単価)の高騰に繋がってしまいますので、効率がいいリスティング広告の運用ができなくなる可能性があります。

そして1番重要なのが、事務所サイトに誘導してきたユーザーを問い合わせに効率よく繋げるための施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、ほとんどのランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった精度の高いセールスライティングができていませんので、綿密に作られた効率のいいランディングページを手に入れるだけで、大きくネット集客での事務所の売り上げのアップに繋がるものと判断できます。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の事務所の開業で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

ここまでが、行政書士が取り扱う酒類販売のネット集客についての分析になります。

土地家屋調査士のネット集客に向いた業務【土地家屋調査士の独立開業ノウハウ】

次は、土地家屋調査士のネット集客に向いた取り扱い業務を紹介していきます。

まず、土地測量に関しては、他の資格で土地測量を扱っている事務所はありませんので、土地測量に関しては土地家屋調査士の独占業務ということになります。

土地測量に関してキーワードプランナーおよび各種検索エンジンを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、土地測量の検索ボリュームは十分なので市場規模としてもかなりの規模がありますし、顧客ニーズについても申し分ないでしょう。この部分からは土地測量のネット集客の可能性は十分だと判断することができます。

土地測量の業務の仕事の受託に関しては、実際に土地を測量をしなければなりませんし近隣の境界確認もしなければなりませんので、土地測量の場合の仕事を受託するエリアは先生の行ける範囲ということになります。

基本的にネット集客は簡単に広告の設定で仕事を受託する範囲を変えることができますので、最初はエリアをある程度絞ってから業務初めて、その後は仕事の量などを考えて少し拡大していくという柔軟な戦略でもいいと思います。

土地の測量に関してシミラーウェブなどのツールおよび各種検索エンジンを使用した3C分析の競合相手の分析調査ですが、土地の測量に関してのネット集客の競合相手はほとんど見つかりませんし、少ない競合相手に関してはまともなランディングページを使用していません。競合相手についてはほぼいませんので、効率のいいランディングページを作成してくことでもかなり楽に成果を出すことが可能になります。

土地の測量に関しては、1件の仕事の受託単価がとても高額ですし、法律サービスのネット集客においては、珍しくブルーオーシャンな取り扱い業務だといえますので、かなり成果を出しやすいと業務だと判断できます。

土地の測量のSEOに関しては、まだまだ可能性があるというのが現状で、精度の高い正しい技術を使ってSEOすれば、もちろんある程度の時間はかかりますが、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

土地の測量のSEOについては、まだまだ上位表示の可能性がありますので、土地の測量に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、かなりの確率での上位表示が可能ですので、ぜひ土地の測量のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

また、ある程度エリアを絞ったローカルSEOも事務所の仕事の受託を考えると効果が高いと思います。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができますし、今回の土地の測量のように可能性が高い業務だとなおさら早く始めた方がいい結果が出ると思います。

土地の測量に関してのSEOをおこない先生のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されれば、先生のWEBサイトに費用をかけずにユーザーを集めることができます。SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な先生の資産になりますので、ぜひ早くに土地の測量に関してSEOは進めていいただきたいと思います。

また本体である土地家屋調査士事務所の他に土地の測量に関連した専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

リスティング広告での土地測量に関してのCPC(クリック単価)は、それぞれのキーワードの品質スコアによっても変わってしまうので正確なことはお伝えできませんが、「測量 費用」という検索キーワードでも百円以下なので、これは法律サービスのリスティング広告のCPC(クリック単価)としてはかなり安い価格になります。土地測量に関しての問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、残念ですが当社および関連会社にも現状のデータがなかったのですが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)をできるだけ下げることがが広告運用の目標になってきます。

今回、土地の測量に関してリスティング広告の分析調査をした印象なのですが、仕事の単価を考えればもっとネット集客に力を入れている事務所が多くてもおかしくないと考えられるのですが、今まではリスティング広告の配信エリアの精度が悪かったのに原因があったのではないかと考えられます。

現在では、リスティング広告の配信エリアの精度はかなり高くなっていますので、これからは土地の測量に関してネット集客の効率アップに繋げられると考えられます。

土地の測量に関しては、もちろんランディングページの良し悪しやリスティング広告の運用技術にもよりますが、かなり費用対効果が高いリスティング広告の成果が期待できます。

土地の測量に関してのディスプレイ広告の出稿は確認がきませんし、ディスプレイ広告で土地の測量のネット集客の成果をあげるのは少し難しいと考えられます。

土地家屋調査士事務所の土地測量のネット集客に関する当社の総括になりますが、土地測量に関しては現在ではまだ競合性高い業務ではありませんので、効率のいいランディングページの制作と土地測量の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、かなり効率がいいネット集客が期待できる取り扱い業務だと判断できます。

今までのサムライ集客ガイドでも解説をしてきましたが、ネット集客のウェブマーケティングには、土地測量の業務において、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、事務所サイトに誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の1つ目であるSEOについては、かなり時間がかかる施策ですので、やはり先行して始めた方が有利になるのは当然のことなので、今後先生が事務所のネット集客を積極的に行っていくのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開していくことができます。

SEOに関しては先生ご自身で行えば、費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといった大きなメリットがありますが、SEOの効果を十分にあげるには多くのテクニックが必要になってきますので、SEOの効果を十分に発揮させるにはある程度SEOに関する勉強が必要になります。

次に、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の2つ目であるリスティング広告に関しては、土地測量の業務内容について熟知している広告代理店は存在しないと思いますので、できれば先生自らがリスティング広告の基本的なノウハウを身につけてしまう方が間違いなくいい成果に繋がると思います。

土地測量についての正確な知識がないと基本的なリスティング広告のキーワード選定ができませんし、リスティング広告の広告文についても十分にCTR(クリック率)が高い広告文が作成できません。

CTR(クリック率)が悪くなると、先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がりますので、広告ランクの低下はCPC(クリック単価)の高騰に繋がってしまいますので、効率がいいリスティング広告の運用ができなくなる可能性があります。

そして1番重要なのが、事務所サイトに誘導してきたユーザーを問い合わせに効率よく繋げるための施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、ほとんどのランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった精度の高いセールスライティングができていませんので、綿密に作られた効率のいいランディングページを手に入れるだけで、大きくネット集客での事務所の売り上げのアップに大きく繋がるものと判断できます。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の事務所の開業で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

ここまでが、土地家屋調査士が取り扱う土地測量のネット集客についての分析になります。

社労士のネット集客に向いた業務【社労士の独立開業ノウハウ】

次は、社労士のネット集客に向いた取り扱い業務を紹介していきます。

まず、助成金の申請代行に関しては、他の資格で助成金を扱っている事務所はありませんので、助成金の申請代行に関しては社労士の独占業務ということになります。

助成金には多くの種類があり、申請に関する難易度も違ってきますし報酬自体もまったく変わってきます。

助成金に関してキーワードプランナーおよび各種検索エンジンを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、助成金に関連した検索ボリュームは十分なので市場規模としてもかなりの規模がありますし、顧客ニーズについても申し分ないでしょう。助成金の申請代行のネット集客の可能性は十分だと判断することができます。

助成金の申請代行業務の受託については、仕事を受託するエリアをどうするのかといった問題がありますが、助成金の申請代行の業務に関しては仕事を受託するエリアはある程度絞った方がいいでしょう。基本的にネット集客は簡単に広告の設定で仕事を受託する範囲を変えることができますので、最初はエリアをある程度絞ってから業務を初めて、その後は仕事の量などを考えてすこし広く変更していくという柔軟な戦略でもいいと思います。

助成金の申請代行に関してシミラーウェブなどのツールおよび各種検索エンジンを使用した3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますが、ランディングページの質的な部分ではそれほどよくできたランディングページはありませんので、効率のいいランディングページを作成していくことで十分な成果をだすことは可能だと判断できます。

とりあえず競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

助成金の申請代行に関しては、受託した仕事を正確に処理し結果を出せるスキルさえあれば、しっかりと成果を出すことができる取り扱い業務だと思います。

助成金関連のSEOに関しては、以前ご紹介した補助金と比較しますとまだまだ上位表示が可能な状況で、基本的には複数の単語を組み合わせた「ロングテールキーワード」で上位表示を狙うことになりますが、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

また今後の先生の主力業務の1つに助成金の申請代行を選択していくのであれば、本体である社労士事務所の他に助成金の申請代行の専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

リスティング広告での助成金の申請代行に関してのCPC(クリック単価)は、それぞれのキーワードの品質スコアによっても変わってしまうので正確なことはお伝えできませんが、「助成金 社労士」という検索キーワードでも100円~500円前後なので、これは法律サービスのリスティング広告のCPC(クリック単価)としてはまずまずの価格になります。助成金の申請代行に関しての問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、残念ですが当社および関連会社にも現状のデータがなかったのですが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)をできるだけ下げることが広告運用の目標になってきます。

助成金の申請代行のリスティング広告に関しては、もちろんランディングページの良し悪しやリスティング広告の運用技術にもよりますが、かなり費用対効果が高いリスティング広告の成果が期待できます。

助成金の申請代行に関してのディスプレイ広告の出稿は確認ができませんが、効率のいいバナーを用意してリマーケティング広告を活用することで、ディスプレイ広告でのネット集客の成果も期待できると思います。

社労士の取り扱い業務としての助成金の申請代行に関する当社の総括になりますが、助成金の申請代行に関しては現在ではまだ競合性高い業務ではありませんので、効率のいいランディングページの制作と助成金の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、かなり効率がいいネット集客が期待できる取り扱い業務だと判断できます。

今までのサムライ集客ガイドでも解説をしてきましたが、ネット集客のウェブマーケティングには、助成金の申請代行において、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、事務所サイトに誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の1つ目であるSEOについては、かなり時間がかかる施策ですので、やはり先行して始めた方が有利になるのは当然のことなので、今後先生が事務所のネット集客を積極的に行っていくのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開していくことができます。

SEOに関しては先生ご自身で行えば、費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといった大きなメリットがありますが、SEOの効果を十分にあげるには多くのテクニックが必要になってきますので、SEOの効果を十分に発揮させるにはある程度SEOに関する勉強が必要になります。

次に、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の2つ目であるリスティング広告に関しては、助成金の業務内容について熟知している広告代理店は存在しないと思いますので、できれば先生自らがリスティング広告の基本的なノウハウを身につけてしまう方が間違いなくいい成果に繋がると思います。

補助金の申請代行についての正確な知識がないと基本的なリスティング広告のキーワード選定ができませんし、リスティング広告の広告文についても十分にCTR(クリック率)が高い広告文が作成できません。

CTR(クリック率)が悪くなると、先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がりますので、広告ランクの低下はCPC(クリック単価)の高騰に繋がってしまいますので、効率がいいリスティング広告の運用ができなくなる可能性があります。

そして1番重要なのが、事務所サイトに誘導してきたユーザーを問い合わせに効率よく繋げるための施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、ほとんどのランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった精度の高いセールスライティングができていませんので、綿密に作られた効率のいいランディングページを手に入れるだけで、大きくネット集客での事務所の売り上げのアップに繋がるものと判断できます。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の事務所の開業で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

ここまでが、社労士が取り扱う助成金のネット集客についての分析になります。

弁理士のネット集客に向いた業務【弁理士の独立開業ノウハウ】

次は、弁理士のネット集客に向いた取り扱い業務を紹介していきます。

ネット集客の特許出願についての分析調査【弁理士の独立開業ノウハウ】

まず、特許出願の申請代行に関しては、弁理士以外の他の資格で特許出願に関連した業務を扱っているのは事務所はありませんので、特許出願に関しては弁理士の独占業務ということになります。

特許出願には多くの種類があり、申請に関する難易度も違ってきますし報酬自体もまったく変わってきます。

特許出願に関してキーワードプランナーおよび各種検索エンジンを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、特許出願に関連した検索ボリュームは十分なので市場規模としてもかなりの規模がありますし、顧客ニーズについても申し分ないでしょう。弁理士業界が大手の事務所がシェアを独占しているという背景があったとしても特許出願のネット集客の可能性は十分だと判断することができます。

特許出願の申請代行の業務の仕事の受託方法は、仕事を受託するエリアをどうするのかといった問題がありますが、特許出願の申請代行の業務に関しては当初は仕事を受託するエリアはある程度絞った方がいいでしょう。基本的にネット集客は簡単に広告の設定で仕事を受託する範囲を変えることができますので、最初はエリアをある程度絞ってから業務を初めて、その後は仕事の量などを考えてすこしずつ広く変更していくという柔軟な戦略でもいいと思います。

特許出願に関してシミラーウェブなどのツールおよび各種検索エンジンを使用した3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますが、競合相手が強いかというとそんなことはありませんので、効率のいいランディングページを作成していくことで、かなり楽に成果をだすことが可能になります。

しかし、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

特許出願に関しては、CPC(クリック単価)はある程度高いものの競合相手のランディングページは程度の低いページが多く法律サービスのネット集客においては、まだまだ競合性の低い取り扱い業務なので成果自体は出しやすいといえます。

特許出願のSEOに関しては、まだまだ可能性があるというのが現状で、精度の高い正しい技術を使ってSEOすれば、もちろんある程度の時間はかかりますが、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

特許出願のSEOについては、特許出願に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、かなりの確率での上位表示が可能ですので、ぜひ特許出願のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

特許出願に関してのSEOをおこない先生のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されれば、先生のWEBサイトに費用をかけずにユーザーを集めることができます。SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な先生の資産になりますので、ぜひ早くに特許出願に関してSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後の先生の主力業務の1つになる特許出願に関しては、本体である弁理士事務所の他に特許出願の専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

リスティング広告での特許出願の申請代行に関してのCPC(クリック単価)は、それぞれのキーワードの品質スコアによっても変わってしまうので正確なことはお伝えできませんが、「特許 弁理士」という検索キーワードでも100円~500円前後なので、これは法律サービスのリスティング広告のCPC(クリック単価)としてはまずまずの価格になります。特許出願に関しての問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、残念ですが当社および関連会社にも現状のデータがなかったのですが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)をできるだけ下げることが広告運用の目標になってきます。

特許出願の申請代行のリスティング広告に関しては、もちろんランディングページの良し悪しやリスティング広告の運用技術にもよりますが、かなり費用対効果が高いリスティング広告の成果が期待できます。

特許出願に関してのディスプレイ広告の出稿は確認ができませんが、効率のいいバナーを用意してリマーケティング広告を活用することで、ディスプレイ広告でのネット集客の成果も期待できると思います。

弁理士の取り扱い業務としての特許出願に関する当社の総括になりますが、特許出願に関しては現在ではまだ競合性高い業務ではありませんので、効率のいいランディングページの制作と特許出願の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、かなり効率がいいネット集客が期待できる取り扱い業務だと判断できます。

今までのサムライ集客ガイドでも解説をしてきましたが、ネット集客のウェブマーケティングには、特許出願において、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、事務所サイトに誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の1つ目であるSEOについては、かなり時間がかかる施策ですので、やはり先行して始めた方が有利になるのは当然のことなので、今後先生が事務所のネット集客を積極的に行っていくのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開していくことができます。

SEOに関しては先生ご自身で行えば、費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといった大きなメリットがありますが、SEOの効果を十分にあげるには多くのテクニックが必要になってきますので、SEOの効果を十分に発揮させるにはある程度SEOに関する勉強が必要になります。

次に、先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の2つ目であるリスティング広告に関しては、特許出願の内容について熟知している広告代理店は存在しないと思いますので、できれば先生自らがリスティング広告の基本的なノウハウを身につけてしまう方が間違いなくいい成果に繋がると思います。

特許出願についての正確な知識がないと基本的なリスティング広告のキーワード選定ができませんし、リスティング広告の広告文についても十分にCTR(クリック率)が高い広告文が作成できません。

CTR(クリック率)が悪くなると、先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がりますので、広告ランクの低下はCPC(クリック単価)の高騰に繋がってしまいますので、効率がいいリスティング広告の運用ができなくなる可能性があります。

そして1番重要なのが、事務所サイトに誘導してきたユーザーを問い合わせに効率よく繋げるための施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、ほとんどのランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった精度の高いセールスライティングができていませんので、綿密に作られた効率のいいランディングページを手に入れるだけで、大きくネット集客での事務所の売り上げのアップに繋がるものと判断できます。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の事務所の開業で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

ここまでが、弁理士が取り扱う特許出願のネット集客についての可能性になります。

ネット集客の商標登録についての分析調査【弁理士の独立開業ノウハウ】

まず、商標登録の申請代行に関しては、弁理士以外の他の資格で商標登録に関連した業務を扱っているのは事務所はありませんので、商標登録に関しては弁理士の独占業務ということになります。

商標登録に関してキーワードプランナーおよび各種検索エンジンを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、商標登録に関連した検索ボリュームは十分なので市場規模としてもかなりの規模がありますし、顧客ニーズについても申し分ないでしょう。弁理士業界が大手の事務所がシェアの多くを占めているという背景があったとしても商標登録のネット集客の可能性は十分だと判断することができます。

商標登録の申請代行の業務の仕事の受託方法は、仕事を受託するエリアをどうするのかといった問題がありますが、商標登録の申請代行の業務に関しては当初は仕事を受託するエリアはある程度絞った方がいいでしょう。基本的にネット集客は簡単に広告の設定で仕事を受託する範囲を変えることができますので、最初はエリアをある程度絞ってから業務を初めて、その後は仕事の量などを考えてすこしずつ広く変更していくという柔軟な戦略でもいいと思います。

商標登録に関してシミラーウェブなどのツールおよび各種検索エンジンを使用した3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手は専用のランディングページを用意している事務所もいますが、数個の事務所を除いてはちゃんとしたランディングページを用意していないのが現状で、競合相手に関してはまだ弱いといってもいいと判断できますので、効率のいいランディングページを作成していくことで、かなり楽に成果をだすことが可能になります。

しかし、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、報酬などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

特許出願に関しては、CPC(クリック単価)はある程度高いものの競合相手のランディングページは程度の低いページが多く法律サービスのネット集客においては、まだまだ競合性の低い取り扱い業務なので成果自体は出しやすいといえます。

商標登録のSEOに関しては、まだまだ可能性があるというのが現状で、精度の高い正しい技術を使ってSEOすれば、もちろんある程度の時間はかかりますが、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

商標登録のSEOについては、商標登録に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、かなりの確率での上位表示が可能ですので、ぜひ商標登録のSEOについては進めていっていただきたいと思います。

また現在のSEOについてはEAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」が重視されていますので、弁理士以外の商標登録のSEOは難しくなっていますので、その部分でも商標登録のSEOについては追い風になっていると思います。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

商標登録に関してのSEOをおこない先生のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されれば、先生のWEBサイトに費用をかけずにユーザーを集めることができます。SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な先生の資産になりますので、ぜひ早くに商標登録に関してSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後の先生の主力業務の1つになる商標登録に関しては、本体である弁理士事務所の他に商標登録の専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

リスティング広告での商標登録の申請代行に関してのCPC(クリック単価)は、それぞれのキーワードの品質スコアによっても変わってしまうので正確なことはお伝えできませんが、「商標 弁理士」という検索キーワードでも200円~700円前後なので、これは法律サービスのリスティング広告のCPC(クリック単価)としてはまずまずの価格になります。商標登録に関しての問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、残念ですが当社および関連会社にも現状のデータがなかったのですが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)をできるだけ下げることが広告運用の目標になってきます。

商標登録の申請代行のリスティング広告に関しては、もちろんランディングページの良し悪しやリスティング広告の運用技術にもよりますが、かなり費用対効果が高いリスティング広告の成果が期待できます。

商標登録に関してのディスプレイ広告の出稿は確認ができませんが、効率のいいバナーを用意してリマーケティング広告を活用することで、ディスプレイ広告でのネット集客の成果も期待できると思います。

弁理士の取り扱い業務としての商標登録に関する当社の総括になりますが、商標登録に関しては現在ではまだ競合性高い業務ではありませんので、効率のいいランディングページの制作と商標登録の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、かなり効率がいいネット集客が期待できる取り扱い業務だと判断できます。

今までのサムライ集客ガイドでも解説をしてきましたが、ネット集客のウェブマーケティングには、商標登録において、先生の弁理士事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、弁理士事務所サイトに誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

先生の弁理士事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の1つ目であるSEOについては、かなり時間がかかる施策ですので、やはり先行して始めた方が有利になるのは当然のことなので、今後先生が弁理士事務所のネット集客を積極的に行っていくのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開していくことができます。

SEOに関しては先生ご自身で行えば、費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといった大きなメリットがありますが、SEOの効果を十分にあげるには多くのテクニックが必要になってきますので、SEOの効果を十分に発揮させるにはある程度SEOに関する勉強が必要になります。

次に、先生の弁理士事務所サイトに多くのユーザーを誘導するための施策の2つ目であるリスティング広告に関しては、商標登録の内容について熟知している広告代理店は存在しないと思いますので、できれば先生自らがリスティング広告の基本的なノウハウを身につけてしまう方が間違いなくいい成果に繋がると思います。

商標登録についての正確な知識がないと基本的なリスティング広告のキーワード選定ができませんし、リスティング広告の広告文についても十分にCTR(クリック率)が高い広告文が作成できません。

CTR(クリック率)が悪くなると、先生の弁理士事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がりますので、広告ランクの低下はCPC(クリック単価)の高騰に繋がってしまいますので、効率がいいリスティング広告の運用ができなくなる可能性があります。

そして1番重要なのが、先生の事務所サイトに誘導してきたユーザーを問い合わせに効率よく繋げるための施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、ほとんどのランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった精度の高いセールスライティングができていませんので、綿密に作られた効率のいいランディングページを手に入れるだけで、大きくネット集客での先生の事務所の売り上げのアップに繋がるものと判断できます。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の弁理士事務所の開業で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

ここまでが、弁理士が取り扱う商標登録のネット集客についての分析になります。

サムライ集客ガイドでは、士業のためのウェブマーケティング講座、失敗しない独立開業のノウハウなど、士業の皆様方が興味深いような内容の記事を随時情報発信してまいります。

サムライ集客ガイドの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、当サイトのお問い合わせから、または、株式会社バウンスバック公式サイトのメールフォームから気兼ねなくご相談いただけたらと考えております。

それでは、サムライ集客ガイドを最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

ここまでネット集客にはウェブマーケティングの習得がマストだといったお話しを続けてきましたが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ウェブマーケティングの習得は無理だという先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。株式会社バウンスバック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

目次