ネット集客の補助金の分析調査【失敗しない行政書士の独立開業ノウハウ】

プーケット

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

士業の世界でネット集客の技術に優れているのは、ベリーベスト法律事務所、アディーレ法律事務所、司法書士法人みつ葉グループ、さむらい行政書士法人などがあり、その他にもネット集客に成功して莫大な利益をあげている事務所がたくさんあることが、ネット集客の優秀性を実証してくれています。

ですから、これから独立開業を考えている行政書士の先生にとって、事務所の独立開業で失敗しないためにもネット集客に力を入れないという選択肢は絶対にないと当社では考えています。

当社がサポートしている事務所も実証していることなのですが、ネット集客の正しく活用すれば先生の行政書士事務所の売り上げがあがることは間違いない事実だと思います。

その理由を説明いたしますが、士業の先生の事務所の売り上げを増やす簡単な理屈は、より多くのお客様に先生の事務所サイトに訪問していただき、その訪問してきたお客様からより多くのお問い合わせをいただくことに尽きるからです。

ネット集客のウェブマーケティングを施策は、その両方を高次元で実現させるための様々な施策に尽きますので、ネット集客を正しく活用することイコール事務所の売り上げが増えるという図式が簡単に成り立つことになります。

税理士は税務顧問、司法書士は登記業務など、それぞれの資格によってメインとなる業務が決まっているケースもありますが、行政書士の先生の場合は業務範囲が広い反面、メインにする業務が決まっていませんので、どの業務をメインにするか、またはいくつかの業務を組み合わせて事務所運営のネット集客の戦略を決定していく必要があります。

行政書士の先生の場合は、とにかく業務範囲が広いので、ご自身が詳しい取り扱い業務からスタートして、徐々に取り扱い業務を増やしていく事務所経営が安定した経営に繋がっていくいい流れだと判断できます。

行政書士の先生は、なかなか革新的な先生が多くネットでの集客にも前向きな先生が多いと思っています。ネットでの集客は正しい方法で行えばとにかく絶大な事務所の売り上げに繋がるとても効果的な集客方法なので、ぜひチャレンジして先生の行政書士事務所の安定した売り上げを実現させたいただきたいと思います。

それでは、行政書士事務所の独立開業の取り扱い業務に補助金の申請代行を選択した場合のネット集客の現状について解説をいたします。

今後の先生の業務に活用できるように、当社が保有している補助金についての大切な実証済みのデータも公開いたします。

必ず成功する行政書士の独立開業ノウハウ!補助金でのネット集客の検証!

◆今回のサムライ集客ガイドのテーマ◆

行政書士事務所の開業で取り扱い業務に補助金の申請代行を選択した場合のネット集客の現状についての分析調査の解説。

◆読者の行政書士の先生へのメッセージ◆

行政書士の先生が開業で取り扱っていこうと考えている業務について、事前にネット集客のいろいろな情報がわかっていたら、それは有益な情報として開業の事務所のネット集客に活用できると思います。

今回のサムライ集客ガイドは、行政書士の業務の中で、開業での取り扱い業務に補助金の申請代行を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、補助金の申請代行のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、補助金についてのSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)などのデータについて解説をいたします。

それでは、行政書士事務所の独立開業の取り扱い業務に補助金の申請代行を選択した場合の解説を始めていきましょう。

◆今回のサムライ集客ガイドの内容について◆

  1. 補助金の市場規模と顧客ニーズの分析調査
     
  2. 補助金の競合相手の分析調査
     
  3. 補助金のSEOについての分析調査
     
  4. 補助金のリスティング広告での分析調査
     
  5. 補助金のネット集客についての可能性

補助金の市場規模と顧客ニーズの分析調査

まず、補助金の申請代行に関しては、行政書士以外の他の資格で補助金に関連した業務を扱っているのは若干の税理士事務所と一般の株式会社などがあります。

補助金にもいくつかの種類があり、申請に関する難易度も違ってきますし報酬自体もまったく変わってきます。

補助金に関してキーワードプランナーおよび各種検索エンジンを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、補助金に関連した検索ボリュームは十分なので市場規模としてもかなりの規模がありますし、顧客ニーズについても申し分ないでしょう。補助金の申請代行のネット集客の可能性は十分だと判断することができます。

補助金の申請代行の業務の仕事の受託方法は、仕事を受託する商圏をどうするのかといった問題がありますが、補助金の申請代行の業務に関しては仕事を受託する商圏はある程度絞った方がいいでしょう。基本的にネット集客は簡単に広告の設定で仕事を受託する範囲を変えることができますので、最初は商圏をある程度絞ってから業務を初めて、その後は仕事の量などを考えてすこし広く変更していくという柔軟な戦略でもいいと思います。

ここまでが、行政書士の補助金の申請代行の市場規模と顧客ニーズの分析調査になります。

補助金の競合相手の分析調査

補助金の申請代行に関してシミラーウェブなどのツールおよび各種検索エンジンを使用した3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手の多くは専用のランディングページを用意していますが、競合相手には様々な種類の相手がいて少し怪しい会社もありますので、効率のいいランディングページを作成していくことで十分な成果をだすことは可能だと判断できます。

とりあえず競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。

補助金の申請代行に関しては、受託した仕事を正確に処理し結果を出せるスキルさえあれば、しっかりと成果を出すことができる取り扱い業務だと思います。

ここまでが、行政書士の補助金の申請代行の競合相手の分析調査になります。

補助金のSEOについての分析調査

補助金関連のSEOに関しては、基本的に補助金に関する公的なサイトが多く、ある程度エリアを絞ったローカルSEOまたは複数の単語を組み合わせた「ロングテールキーワード」で上位表示を狙うことになりますが、補助金に関するSEOについてはかなり細かくキーワード選定などを上手くおこなわないとSEOでの上位表示はかなり難しいという印象を受けました。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

とりあえず、公的なサイト以外にもポータルサイトで上位表示されているサイトもありますので、SEOの可能性がないわけではありませんが、手間対効果を考えると他の取り扱い業務のSEOをした方がずっと楽に結果が出しやすいという印象を持っています。

ここまでが、行政書士の補助金関連のSEOについての分析調査になります。

補助金のリスティング広告での分析調査

リスティング広告での補助金の申請代行に関してのCPC(クリック単価)は、それぞれのキーワードの品質スコアによっても変わってしまうので正確なことはお伝えできませんが、「補助金 行政書士」という検索キーワードでも百円~300円前後なので、これは法律サービスのリスティング広告のCPC(クリック単価)としてはまずまずの価格になります。補助金の申請代行に関しての問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、残念ですが当社および関連会社にも現状のデータがなかったのですが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、CPA(相談単価)を安定して5千円以内にすることがが広告運用の目標になってくると予想されます。

補助金に関してのCPA(相談単価)が5千円以内に落ち着けば、30万円のリスティング広告の予算で60件以上の問い合わせを確保できます。当社では、その問い合わせのうちのどれぐらいが実際の受託に繋がるかのデータはありませんが、かなり効率のいいリスティング広告の運用ができる可能性があります。

補助金の申請代行のリスティング広告に関しては、もちろんランディングページの良し悪しやリスティング広告の運用技術にもよりますが、かなり費用対効果が高いリスティング広告の成果が期待できます。

補助金の申請代行に関してのディスプレイ広告の出稿は確認ができませんが、効率のいいバナーを用意してリマーケティング広告を活用することで、ディスプレイ広告でのネット集客の成果も期待できると思います。

補助金のネット集客についての可能性

行政書士事務所の取り扱い業務としての補助金の申請代行に関する当社の総括になりますが、補助金の申請代行に関しては現在ではまだ競合性高い業務ではありませんので、効率のいいランディングページの制作で、かなり効率がいいリスティング広告によるネット集客が期待できる取り扱い業務だと判断できます。

反面、SEOに関しては、少し特殊で難しいというイメージがあり、かなり細かいキーワードの選定やSEOの技術を使わないとSEOで結果を出すのは難しいという印象を受けました。

今までのサムライ集客ガイドでも解説をしてきましたが、ネット集客のウェブマーケティングには、補助金において先生の事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、事務所サイトに誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

SEOに関しては結果を出すのが難しいと感じた割りには、リスティング広告に関しては法律業務に詳しい広告代理店でリスティング広告の運用をすることで、費用対効果の高い成果に繋がりやすいという印象も受けました。

まあ、補助金についての正確な知識がないと基本的なリスティング広告のキーワード選定ができませんし、リスティング広告の広告文についても十分にCTR(クリック率)が高い広告文が作成できませんので、ある程度法律業務の経験がある代理店に運用の依頼ができれば確実に成果は上がりやすくなると思います。

CTR(クリック率)が悪くなると、先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がりますので、広告ランクの低下はCPC(クリック単価)の高騰に繋がってしまいますので、効率がいいリスティング広告の運用ができなくなる可能性があります。

そして1番重要なのが、事務所サイトに誘導してきたユーザーを問い合わせに効率よく繋げるための施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、ほとんどのランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった精度の高いセールスライティングができていませんので、綿密に作られた効率のいいランディングページを手に入れるだけで、大きくネット集客での事務所の売り上げのアップに繋がるものと判断できます。特に今回の補助金のようにSEOよりリスティング広告の比重が重くなりそうなケースだとランディングページの良し悪しは事務所の売り上げに直結してきますので、重要性はさらに高いものになります。

どうでしょうか?先生の行政書士事務所の開業においてネット集客で成果を出すには、いろいろとやらなければいけないことが多いと感じたかもしれませんが、ネット集客は正しく進めていけば必ず成果を出すことができますし、開業した事務所の売り上げの結果が想定通りに出せた時の喜びは大きなものになると思います。

ネットでの集客は、SEOをはじめとして早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の事務所の開業で失敗しないためにも、ぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めていただきたいと思います。

ここまでが、行政書士が取り扱う補助金のネット集客についての可能性になります。

今回のサムライ集客ガイドを最後まで読んでいただきありがとうございました。

サムライ集客ガイドでは、ネット集客にはウェブマーケティングの習得がマストだといったお話しを続けていますが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ウェブマーケティングの習得は難しいという先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。株式会社バウンスバック

よかったらシェアしてね!

目次

コメント

コメントする