士業の事務所の売り上げを2倍に!ネット集客はサムライ集客ガイド!

waikiki

はじめまして、「サムライ集客ガイド」の執筆者の元司法書士の久我山左近です。

第1回目の「サムライ集客ガイド」は自己紹介を兼ねまして「サムライ集客ガイド」を読むことでネット集客についてのどんなことを学習することが出来るかの紹介をいたします。

現在でも数多くの士業の事務所が一般的な営業や長く築いてきた実績によって、安定した仕事の受注から安定した事務所の経営をおこなっています。

そうした長く築いてきた実績で安定した経営をしている事務所とは別に最近の士業の事務所ではネット集客に力を入れて大きくブレークしている事務所も数多く存在します。

ネット集客で1番成功している士業の事務所は弁護士事務所のベリーベスト法律事務所で、それ以外にもアディーレ法律事務所、司法書士法人みつ葉グループ、さむらい行政書士法人、チェスター税理士法人など、まだまだたくさんのネット集客で成功している士業の事務所が存在いたします。

前述したネット集客で成功している多くの士業の事務所たちが、WEBマーケティングを使ったネット集客の優位性を明確に実証してくれています。 また、ネット集客では広告を出したその日から仕事を受託することが出来ることが多く、一般的な営業などと比較しても結果を出すのに時間がかからないということも大きなメリットだと考えられます。

こうしたネット集客に成功して莫大な収益を上げている事務所がいる傍らで、SEOやリスティング広告などのネット集客で満足な結果をだすことが出来ない事務所が多くあることも事実になります。

最近ではネット集客の成果についても大きな格差が生まれるようになっていて、ネット集客のWEBマーケティングを基本から体系的に理解している事務所と、SEOやリスティング広告を片手間におこなっているような事務所では、ネット集客においての事務所の売り上げについては大きな成果の違いとなっています。

逆にいえば、ネット集客のWEBマーケティングをトータルで高いクオリティでおこなっている事務所は現在でもまだまだ少ないといえますので、これからでもネット集客のWEBマーケティングを基本から身に付けて実践することで、ネット集客で大きな成果を上げられる可能性はまだまだ高いと考えられます。

こういった背景もありますので、これから事務所ホームページのネット集客に力を入れていきたいとお考えの先生は、ぜひわたしが執筆している「サムライ集客ガイド」を読んでいただきWEBマーケティングを体系的に習得して、先生の事務所の安定した経営を手に入れていただきたいと思っています。

サムライ集客ガイド」は、わかりやすく丁寧に士業のネット集客のノウハウについて解説をしていきますので、ぜひ先生ご自身でWEBマーケティングのノウハウを習得して、先生の事務所のネット集客の売り上げを2倍、3倍に増やしていただきたいと思っています。わたしが執筆している「サムライ集客ガイド」にはそうした効果があると確信しています!

士業のネット集客の売り上げアップが実証されたノウハウを習得しよう。

◆本記事のMENU◆

「サムライ集客ガイド」を執筆している久我山左近の実績!

サムライ集客ガイド」では、効率よくネット集客に繋がる事務所ホームページ作成のノウハウ、作成した事務所ホームページをお客様に認知してもらうための拡散のノウハウ、検索エンジンを活用したお客様を事務所ホームページにネット集客するためのSEOやPPC広告(リスティング広告)のノウハウなど、士業の事務所の売り上げアップに繋がる情報を随時発信しています。

この「サムライ集客ガイド」のコラム記事を執筆している久我山左近は、元システムエンジニアで、その後司法書士の資格を取得してからは1998年にはすでに自身の事務所のホームページを所有していましたし、リスティング広告の運用が始まった当初からずっとネット広告の運用に関与してきました。

そして、久我山左近のWEBマーケティングにおける実績ですが、今までにSEOで「自己破産」「会社設立」「民事再生」などのビッグワードでGoogle検索、Yahoo検索で1位表示の実績あり、年商4億円の事務所を運営していた実績があります。

無料で士業のネット集客のノウハウが身に付く!「サムライ集客ガイド」

士業のネット集客で先生の事務所の売り上げを大きく伸ばしていくためには、大きく分けて2つのWEBマーケティングの施策をおこなっていく必要があります。

その施策とは、先生の「事務所ホームページに多くのユーザーをネット集客する施策」と、先生の「事務所ホームページに訪れたユーザーを問い合わせに効率よく誘導する施策」の2つになります。

大きく分けて2つという表現をいたしましたが、どちらの施策も同じ比重というわけではありません!

先生の事務所ホームページに訪れたユーザーを問い合わせに効率よく繋げる施策については、先生の事務所ホームページに多くのユーザーをネット集客できなければ、まったくその効果を発揮することができないからという理由からになります!

わたしは副業でブログから収入を得ているのですが、ブログからなぜお金を稼ぐことができるかをご存じでしょうか?「ブログで商品を紹介して売れた場合に報酬がもらえるから!」というのが一般的な回答だと思いますが、実は「ブログがネット集客ができるツールだから!」というのが正解で、ブログも先生の事務所ホームページも同じでネット集客で多くのお客様に訪問していただけなければブログで商品も売れませんし、先生のホームページもお客様からの問い合わせに繋がることもありません。

ですから、WEBマーケティングで1番重要なことは先生の事務所ホームページにお客様をネット集客できるかどうかということで、先生の事務所の売り上げを理想通りに確保できるかどうかの80パーセント以上は、先生の事務所ホームページに多くのユーザーをネット集客で切るかどうかで決まると考えていいと思います。

先生の事務所ホームページに、多くのユーザーをネット集客する施策には大きく分けて「SEO対策」と「リスティング広告」の2種類があります。

その他にも弁護士ドットコムのようなポータルサイトからのネット集客という選択肢がありますが、SEO対策はネット集客できるようになると無料でお客様を先生の事務所ホームページにユーザーを集めることができる資産性が非常に高い施策で、リスティング広告に関してもランディングページの作成や広告運用のノウハウにはSEO対策ほどではありませんが、やはり大きな資産価値がありますが、ポータルサイトはやめてしまうとそこで終わりなので、ネット集客の方法としては間違いなく1番資産的な価値のないネット集客の方法になります。

最終的にはポータルサイトに依存しないで先生ご自身が所有しているネット集客の資産を使って、お客様を先生の事務所ホームページに集めることが出来ることがベストな目標になります。

SEO対策は長い時間はかかりますが、SEOからのネット集客を先生の事務所ホームページのネット集客のメインにすることができれば理想と言えます。SEO対策でのネット集客は、先生の事務所ホームページにお客様を集めるのに費用がかからないというところが最大のメリットになるという理由からです。

SEO対策は正しい知識で続けていけば、SEO対策を続けた期間と共に先生の事務所ホームページに訪れるユーザーの数は確実に増えていきますので、「サムライ集客ガイド」ではSEO対策の正しい方法について深く発信していきます!

ここで、士業の事務所の独立開業を失敗しないためのネット集客の優先順位を考えてみましょう!

先生は何から始めればいいとお考えでしょうか?

もちろん事務所を借りたりパソコンを用意したりといったハード面は揃っていると仮定してのお話しになります。

今回の記事の趣旨からもネット集客で先生の事務所の売り上げを確保するのが目的なので、まず先生の事務所のホームページは間違いなく必要になります。

ネット集客の特化した士業の事務所ホームページにはいくつかの作成方法がありますが、士業の事務所ホームページの作成方法は1つの取り扱い業務に特化させた専門的な事務所ホームページの制作がネット集客においてはベストな選択になります。

これはネット集客で成功している士業の事務所の多くが実践している方法なのですが、事務所ホームページを1つの取り扱い業務に決めて制作することで、SEO対策と事務所のトップページにランディングページを兼ねて制作する方法になります。

いくつか参考例を挙げると、行政書士の山口先生の「建設業許可サポートセンター」や「相続税の税理士法人チェスター」といったところが建設業許可と相続税の申告のみといった1種類の取り扱い業務に特化した事務所ホームページを制作してネット集客に成功している例で、弁護士事務所のベリーベストやアディーレなどは、各分野ごとに上記のような専門サイトを作成してネット集客に成功していますが、プラスしてリスティング広告のランディングページを別に制作することで、リスティング広告の費用対効果をさらに向上させています。

以下の画像が建設業許可という1つの取り扱い業務のみのSEOでネット集客に成功している行政書士の山口先生の「建設業許可サポートセンター」のWEBサイトになります。SEO用の記事の充実度はかなり目を見張るものがあり、SEOでのネット集客の見本になる事務所ホームページです。

次の画像がもう1つ成功例である「相続税の税理士法人チェスター」の相続税の申告のみといった1種類の取り扱い業務でSEOでのネット集客に成功している事務所ホームページになります。

リスティング広告のランディングページは別に制作した方がさらにネット集客の効率アップに繋がりますが、この1つの取り扱い業務に決めて士業の事務所ホームページを作成する方法がネット集客の成功例としてはとても多いパターンだと思います。

士業の事務所ホームページを作成する方法は理解できたと思いますが、士業の事務所ホームページを作成してSEO対策を始めても残念ながらSEOの効果が出るまでの期間は、先生の事務所ホームページにユーザーが訪れてはくれません。

士業の場合のSEO対策には結果が出るまで最低でも6カ月から1年程度は時間がかかりますので、その間は他の方法で先生の事務所ホームページにネット集客する必要が出てくるのですが、即効性のあるネット集客に1番向いている施策が検索連動型の広告のリスティング広告になります。

リスティング広告はとても費用対効果の高い有料の広告ですが、リスティング広告で結果を出すために1番重要なのは間違いなくランディングページの良し悪しにかかってきます。リスティング広告の費用対効果を高めるためにも、さらに言えば先生が事務所の経営に失敗しないためにもリスティング広告用のランディングページにはぜひ費用をかけてでも良いものを制作していただきたいと思っています。

事務所ホームページがいくら専門に特化したホームページだったとしても、事務所ホームページをランディングページとして使用することはリスティング広告の成果は確実に落ちることになりますので、リスティング広告の成果を最大にするためには絶対にリスティング広告用のランディングページが必要になります。大手企業のランディングページは、本当によくできていて、訪問してきたお客様にサービスや商品を購入してもらうための様々なセールスライティングの技術を使って制作されています。

リスティング広告は不確定要素の大きいSEO対策と違って、確実にユーザーを先生の事務所ホームページにネット集客することができますので、効率がいいランディングページさえあれば、確実にリスティング広告の成果はあがります。

リスティング広告は、開業した当初から先生の事務所の売り上げに大きく貢献することができる施策といえます!

以下の画像はアディーレ法律事務所のランディングページですが、本体のアディーレ法律事務所の公式サイトに似ているのですが、リスティング広告のランディングページならではの訪れてきたユーザーをお問い合わせに誘導するポイントが随所に散りばめられています。

また、リスティング広告の運用を広告代理店にお願いするにしても、ぜひ先生自身でリスティング広告について理解していただきたいと思います。

先生がリスティング広告の運用を広告代理店に依頼するのが一般的なサービスや商品ではなく法律業務という特所なサービスなので、広告代理店やリスティング広告を運用する担当者が実際に運用したことがない場合が多いと思いますし、仮にその法律業務の広告の運用をしたことがあったとしても、運用者がその法律業務を完全に理解することは困難な作業になります。

結論から言いますと広告代理店に先生の法律業務を理解させるより先生自身がリスティング広告を理解する方がずっと早いし効率がいい、そしてその知識は先生にとって大きな資産になると、法律とWEBマーケティングのどちらのことも深く理解しているわたしが思うことです。

このようにSEO対策とリスティング広告の運用を併用していく流れで先生の事務所を開業していただければ、失敗しないだけでなく時間が経過するほど事務所の売り上げが伸びていく反面でSEO対策の記事を書くといったネット集客としての作業は確実に減っていきますので、ぜひ安定した事務所経営までがんばっていただきたいと思います。

サムライ集客ガイド」は、士業の事務所ホームページの作成やランディングページの作成からSEO対策やリスティング広告などの詳細な知識を情報発信していきますので、ぜひ続けて読んでいただき先生のネット集客の成功に活用したいただきたいと思っています。

ネット集客に繋がる士業の事務所サイトの制作について

わたしは自身の事務所ホームページやわたし自身のブログをワードプレス(ホームページ制作ツールの1つです。)を使用してレスポンシブデザインで制作をしておりますが、SEOでGoogle検索やYahoo検索での上位表示やプログラミングの知識がなくても記事の投稿やサイトの修正が可能なワードプレスを使用して事務所ホームページを制作するのが、現在では間違いなくベストな選択になります。

また、現在のワードプレスのテーマやプラグイン(スマホのアプリのようなイメージです。)には、かなり綿密なSEOに関する対策が含まれていますので、SEO対策を考えるのであればワードプレスで事務所ホームページを制作することが必須の条件になります。

士業の事務所ホームページに限らずホームページの制作会社には、SEOの内部対策済みです!といったことが書いてありますが、おおよそ以下のメニューが一般的なホームページの制作会社のSEO内部対策になります。

  • どのデバイスでも綺麗に表示されるレスポンシブデザインでの制作
  • スマホで見る人に優しいモバイルフレンドリー設計
  • SSL化の適用
  • WEBサイトの構造の最適化
  • 画像のaltタグの適正化
  • XMLサイトマップの作成
  • 各種タグの最適化
  • 内部リンクの最適化
  • パンくずリストの設置
  • ページ速度の高速化

以上の項目が一般的なホームページの制作会社のSEOの内部対策のメニューになります。

SEO対策については一般的なワードプレスの有料テーマ(テンプレートのようなイメージです。)であればすべて最初から内部対策されていますので、TCDやEMANONなどのテーマを使用すると、とても美しくSEOにも強い事務所ホームページの構築が可能です。

しかし、そのままワードプレスのテーマを使用しても先生の事務所サイトに訪れてきたお客様を問い合わせに効率よく繋げるためのLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、不足している部分が多く、アディーレ法律事務所のトップページぐらいまでの効率がいいユーザーからの問い合わせの受託率を実現したいのであれば、テーマを使用しないでオリジナルで先生の事務所ホームページを制作する必要があります。

以下も画像がアディーレ法律事務所の本体である「アディーレ法律事務所の公式サイト」になります。

アディーレ法律事務所

アディーレ法律事務所のホームページぐらい訪問してきたユーザーから仕事に繋げることができる専門サイトだと制作にもある程度の費用がかかることはある程度覚悟する必要があります。

一般的な商品やサービスを売るのとは違い、法律業務であれば低額でホームページを制作して仕事に繋がらないより、2件~3件ぐらい受託すればペイできるのであれば、わたしならこのぐらいのクオリティを考えて事務所ホームページを制作し、長い目で見れば!ということではなく、短い目で見てもずっとお得になるとわたしなら判断いたします。

前項のページでもお話しをいたしましたが事務所ホームページの制作には、ホームページを作成する技術が必要なのは当然のことで、士業のWEBマーケティングのことをある程度は理解していなければ、訪問してきたユーザーから先生の事務所へのお問い合わせに繋げることの出来る効率のいい事務所ホームページの制作はできません。

ネット集客に繋がる事務所ホームページの制作とは、事務所ホームページを綺麗に作る技術ではなく、事務所ホームページのトップページには、ユーザーの行動を意図的に促して先生の事務所ホームページからユーザーの問い合わせを増やす高度なライティング技術やロジックを使うことで、効率がいい事務所ホームページや広告用のランディングページが制作することが可能になります。

そして、士業の事務所ホームページの作成にはもう1つの大きな壁があり、一般的なホームページ制作会社では、弁護士事務所や司法書士事務所など、士業の事務所のコンテンツを理解することは非常に困難な作業だからです。

ですから、先ほどもお話しをしたような事務所ホームページに訪問してきたユーザーを問い合わせに誘導しようにも根本的な法律の理解がなければ、何を書いていいかということさえ理解できないというのが本当のところではないでしょうか。

弁護士、司法書士、税理士など、士業の事務所ホームページを作成している制作会社が多くありますが、法律業務の内容の熟知についてはなかなか難しいというのが現実なのではないでしょうか。

サムライ集客ガイド」では、事務所ホームページの作成についてもかなり細かい部分まで成功へのノウハウの情報を発信いたしますので、これから事務所ホームページを制作会社に依頼する先生はその時の参考にしていただきたいと思います。

士業の事務所サイトからネット集客するためのSNSの拡散とSEO対策

前述いたしましたが、WEBマーケティングで1番重要なことは先生の事務所サイトにお客様をネット集客できるかどうかで、先生の事務所の売り上げが確保できるかの80パーセント以上は決まると考えていいという話しをいたしました。

ここでは、費用をかけずにネット集客するためのWEBマーケティングの施策について解説いたします。

まず、1つ目の施策のSNSでの拡散についてですが、「Instagram」「Twitter」「Facebook」という3つの柱が頭に浮かびますが、それ以外にも「Line」や「YouTube動画」なども士業のネット集客に使用できるツールになります。

それぞれのSNSによってネット集客に関する効果も違いますし、それぞれのSNSによっても拡散する方法が違ってきますので、「サムライ集客ガイド」では、それぞれのメディアごとに拡散の方法とその効果について紹介していきたいと思っています。

次に、士業のネット集客を長い目で見たときの要であるSEOSearch Engine Optimaizationについてですが、士業の先生の事務所のネット集客の大きな柱の1つになりますので、SEOについては基本的な部分から上級者向きのかなり細かいテクニックまで紹介していく予定でいます。

SEO「Search Engine Optimaization」は、Google検索やYahoo検索などの検索エンジンでユーザーが検索した時に先生の事務所サイトを上位に表示させる施策のことをいいます。

ただし、現在ではYahooのアルゴリズムはGoogleのものを使用していますので、SEO「Search Engine Optimaization」はGoogleの検索エンジン対策ということになります。

SEO「Search Engine Optimaization」で上位表示を考えた場合には早くても3か月から6か月、長い場合には1年程度も時間がかかる場合もありますので、SEO対策にはかなり時間がかかるということは覚悟していただきたいと思います。

これは、法律系のSEOのみならず、一般的なブログも運営しているわたしの実感で、最近のGoogleでのSEOにはとにかく時間がかかります。

ただ、SEOに成功して検索エンジンで上位に表示された場合はかなり強力で、先生の事務所ホームページがクリックされる確率はかなり高くなる可能性があります。

GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果の1位に表示された場合のクリック率は30パーセント程度まで上昇することがあります。

わたしがサポートしている事務所のSEO対策についても、やはり法律関連で割りと検索ボリュームがあるキーワードだと半年ぐらいかかってからアクセス数が急激に伸びることが多く、当初は1日ほぼ「ゼロ」だったクリックが1年後には「200クリック」ぐらいまで伸びるケースがあります。今お話ししたのはわたしがサポートしている実例で、この事務所は離婚関連を取り扱い業務にしていてSEOを続けていて6カ月ぐらいからクリックが増えて約1年で1日200クリックまで成長いたしました。

SEOはとても時間がかかりますが先生の事務所ホームページにユーザーが訪問し始めればずっと継続的に、しかも無料で依頼に繋がっていくストック型の資産になりますので、先生の事務所ホームページを大切に育てていくことをお勧めいたします。

SEOはとにかく時間がかかる施策ということで、同じようなSEOの技術であれば、やはり先行して始めた方が有利になるのは当たり前なことなので、今後先生がネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

ネット集客に効率がいい士業のリスティング広告の運用について

今まで法律関係の事務所のネット集客のサポートをしてきて確実にいえることは、リスティング広告は費用対効果がとても高い広告だということです。

リスティング広告については、士業の先生が最初からご自身でリスティング広告を運用していくのは難しいので、まずはリスティング広告を広告代理店にお願いすることを前提にして、「サムライ集客ガイド」ではリスティング広告の基礎知識から解説をいたします。

リスティング広告の運用に関しても事務所ホームページの制作と同じで、一般的な広告代理店では、弁護士事務所や司法書士事務所など、士業事務所の法律サービスを理解することは非常に困難な作業になります。

法律サービスのリスティング広告の運用したことがある広告代理店でも、やはり法律のことを本質的に理解をしているわけではありませんので、広告代理店は運用のテクニックは優れていても、広告を表示させたいキーワードの選定や広告文の作成については、なかなか最善のキーワードの選定や広告文の作成は難しい作業になってくると思います。

最終的には、少し大変な作業にもなりますが、リスティング広告はインハウス化ができれば広告代理店に支払うリスティング広告の運用に関する手数料を節約できますので、ぜひ「サムライ集客ガイド」を読み続けていただき、先生の事務所のリスティング広告のインハウス化を目指していただきたいと思います。

また、インハウス化まではできないとしても、リスティング広告に関しては、できれば先生ご自身がリスティング広告についての理解を深めていただきたと思います。

その理由については法律業務の内容について深く理解している広告代理店は基本的に存在しませんので、先生ご自身がリスティング広告の理解を深めることで広告代理店のサポートをする方が能力的にも効率的にもずっと速いですし、リスティング広告の運用で大きな成果に繋がると考えられるからです。

法律業務についての知識がないとリスティング広告の基本的なキーワード選定が難しいですし、広告文についても十分にCTR「クリック率」が高い広告文が作成することが難しいので、先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がり、CPC「クリック単価」の高騰に繋がる可能性がありますので、効率がいいリスティング広告の運用をするためにも先生ご自身がリスティング広告の知識を身につけることが大切だと思います

また、リスティング広告の費用対効果についてですが、もちろん取り扱い業務によっても成果は大きく変わってはきますが、多い領域の費用対効果が3倍から5倍ぐらいで(50万円の広告費で事務所の売り上げが150万円から250万円ぐらい)がリスティング広告の運用の一般的な費用対効果になり、そこからどれくらい費用対効果をあげることができるのかがリスティング広告の運用のポイントになると考えています。

WEBマーケティングの世界は、日進月歩で日々新しい商品や新しいテクノロジーが開発され、常に新しい情報の収集、その研究と施策によって、初めて最先端の広告運用スキルを維持していくことが可能になります。

わたしは飛躍的に変化し続ける技術革新の未来に対応し、安定した広告の成果をお届けするために、日々の研究と分析、その取り組みをずっと続けていきます。

それでは、「サムライ集客ガイド」を最後まで読んでいただきありがとうございました。

サムライ集客ガイド」への疑問やご質問などがありましたらお気軽に当サイトの無料相談をご利用ください。

サムライ集客ガイドの無料相談へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

目次