事務所の売り上げを2倍に!ネット集客に繋がる士業のSEO対策

アマンダリ

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

ネット集客に力を入れようと考えている士業の先生にとって事務所ホームページのSEO対策は必須のウェブマーケティングの施策になります。先生の事務所が検索サイトで上位表示されれば費用をかけずにネット集客ができますのでSEOで上位表示されたWEBサイトは先生にとって大きな資産になります。

わたしは副業でブログから少しの副収入を得ているのですが、ブログがなぜ稼げるかご存じでしょうか?「ブログで商品を売って報酬を得られるから」というのが普通の考え方なのですが、実は「ブログが人を集めることができるツール」だからなんです。

士業の事務所サイトも同じ原理で、先生の事務所サイトに多くの人を集めることができれば事務所の売り上げを大きく伸ばすことができますが、逆に言えば先生の事務所サイトに誰も訪れなければ1件の仕事の受託にも繋がりません。

先ほど話しをしたブログに人を集めるネット集客の施策がSEOになりますが、このSEOは士業の先生の事務所サイトに多くのお客様を集めるためのネット集客の施策でもあります。

今回のサムライ集客ガイドは、「事務所の売り上げを2倍に!ネット集客に繋がる士業のSEO対策」というテーマで先生の事務所ホームページのSEO「Search Engine Optimaization」について、まず基本的な知識からちょっと上級なテクニックまでをわかりやすく丁寧にSEO対策について解説いたします。

SEOという言葉は聞いたことがあっても、SEOの施策にどんなことをするのかは知らない先生も多いと思いますが、SEOに関しては1番資産性が高いWEBマーケティングの施策になります。

そんなわかりにくい士業のSEOを習得するために、サムライ集客ガイドの「事務所の売り上げを2倍に!ネット集客に繋がる士業のSEO対策」を読んでいただくことで、士業の先生方のネット集客についてのSEOの基本的な知識を習得することができます。

また、とても大切な当社の実際のデータもいろいろとご紹介していますので、ぜひそのデータを今後の先生の事務所のSEOや開業後の先生の事務所のSEOに活用していただけたら幸いです。

弁護士、司法書士、税理士、行政書士などの士業に向けたSEO対策!

サムライ集客ガイドは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など、士業の事務所ホームページの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用について、そのノウハウを発信する士業専門の集客ガイドです!

◆今回の記事の信頼性◆

今回のサムライ集客ガイドを書いている株式会社バウンスバックは、今までにSEOで自己破産、会社設立、民事再生などのビッグワードでGoogle、Yahooで1位表示の実績があり、年商3億円以上の事務所の立ち上げからサポートまでの実績があります。

◆読者の先生方へのメッセージ◆

本記事では「これから本格的にネット集客に力を入れていくために、事務所のホームページのSEO対策をおこないたいが、どこから手を付けていいのかがわからない!」という先生方に向けてSEOで結果を出すためのノウハウについてわかりやすく丁寧に解説をいたします。

今回のサムライ集客ガイドを読むことで、「士業の事務所サイトのSEOの基礎知識、SEOの内部施策、SEOの外部施策、SEOのキーワード選定、SEOのEATについて、SEOの良質なコンテンツについて、各資格者の取り扱い業務についてのSEOの可能性」までを理解できるようになります。

それでは、さっそく「事務所の売り上げを2倍に!ネット集客に繋がる士業のSEO対策」を始めていきましょう。

今回のサムライ集客ガイドの内容について

  1. 士業のSEOでネット集客の資産化を目指そう
     
  2. 士業のSEOの成果を上げる分析ツールの紹介!
     
  3. 効果が高いSEOの外部施策の解説!
     
  4. SEOはキーワード選定が大切です!
     
  5. SEOのタグと内部リンクの解説!
     
  6. SEOで有効な良質なコンテンツを解説!
     
  7. 弁護士のSEO対策について
     
  8. 司法書士のSEO対策について
     
  9. 税理士のSEO対策について
     
  10. 行政書士のSEO対策について
     
  11. 土地家屋調査士のSEO対策について
     
  12. 社労士のSEO対策について
     
  13. 弁理士のSEO対策について

士業のSEOでネット集客の資産化を目指そう!【事務所の売り上げを2倍に!】

どんなに素晴らしい事務所のホームページを制作しても、その事務所のホームページを誰も見てくれなければ1件の仕事にも繋がることはありません。

この記事を書いているわたしは副業でブログからも副収入を得ているのですが、ブログでお金を稼ぐことができる理由はアフィリエイトで商品を売れるから!といった理由ではないんです。

ブログでお金を稼ぐことができる理由は「ブログが人を集めることができるツール」だからなんです!

ブログで読者が喜ぶような記事を書けるような人でも、そのブログに人を集めることができなければ1円も収入を得ることができません。

士業の先生の事務所ホームページも同じで、どんなに素晴らしい事務所ホームページでも先生の事務所ホームページに人が集まらなけれな1件の仕事にも繋がることはありません。

士業の事務所ホームページにユーザーを集めるためには、SEOの他にもリスティング広告などがありますが、SEOは費用をかけずにユーザーを集めることができますので、ぜひSEOの仕組みやテクニックを習得して先生の事務所にお客様を集めることができるようになっていただきたいと思います。

士業の事務所サイトのSEOは正しい施策で続けていれば、士業事務所のSEOを続けている期間が長くなると共に必ず少しずつ成果が上がってきて、先生の事務所サイトに訪れてくるユーザーが増えていきます。

当社がサポートしている事務所では、初めは1日1件もなかった事務所サイトへのクリックがSEO対策を続けたことで約1年後には1日に200件ぐらいのクリック数まで成長した事務所もあります。

このケースのように1日200件のクリック数まで育てるにはかなりの記事数も必要になりますので、SEOで成果をあげるためにはそれなりの手間と継続が必要になります。

ここで、SEOに対して大きな勘違いをしている先生がとても多いのですが、例えば田中事務所という名前の事務所サイトを所有していて、その田中事務所をSEOすると考えている先生もいるようなのですが、田中事務所でSEOしても田中事務所が検索結果の上位に表示されても仕方ありませんし、田中事務所というキーワード検索する方はすでに田中事務所のクライアントなので、田中事務所が田中事務所という検索キーワードで上位表示されても意味がありませんよね。

例えば田中事務所の取り扱い業務が離婚がメインであれば、「離婚」というキーワードで田中事務所が上位表示されたいわけなのですが、残念ですが田中事務所が離婚というキーワードで上位表示されることはありません。

なぜなら、田中事務所という事務所名の中に上位表示したいキーワードの「離婚」が入っていないからなんです。

まあ、「離婚専門の田中事務所」という事務所名を考えれば「離婚」というキーワードで上位表示が可能だと考えられますが、実はSEOは事務所サイトで行うのではなく、事務所サイト内で書いた記事ごとにSEOをおこないます。

わかりますでしょうか?ちょっとこれだけでは理解するのは難しいかもしれませんね。

それでは、実際の例を挙げて考えてみましょう。

田中事務所のホームページの中で「離婚で慰謝料の金額について」という記事を書いて、この記事をSEO対策してこの記事を「離婚 慰謝料」というキーワードで上位表示を狙っていき、その記事から本体の田中事務所に誘導していくのが士業のSEOということになります。

この場合には離婚の専門サイトを作成していれば、専門サイト内の記事と専門サイト自体の2つをSEOすることができますし、現在のSEOは、EAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」がGoogleに重要視されていることもあって士業の業務の専門サイトを作成するメリットはかなりあると考えられます。

SEOについては、1度上位表示させてしまえば、ずっとネット集客がされますので、とても資産性が高い施策になります!

このように1度上位表示されてしまえば、かなりメリットがあるSEOの施策ですが、SEOにはメリットばかりではありません。

まず、SEOの特徴についてですが、まず原則として無料でSEOの施策をすることができますので、ノーリスクでSEOの施策ができますが、とにかく時間がかかるということは覚悟する必要があります。

SEOで先生が考えたキーワードで上位表示を考えた場合には早くても3か月から6か月、長い場合には1年程度も時間がかかる場合もありますので、SEOにはまったく即効性がないということは覚えておいたいただきたいと思います。

ただ、売り上げに関してはSEOで上位に表示された場合は、かなり強力で検索サイトの検索結果の上位に表示された場合には先生の事務所サイトがクリックされる確率はかなり高くなる可能性があります。

SEOで検索結果の1番上位に表示された場合には20%前後のクリック率まで伸びる可能性があり、仮に1位から2ページ目に表示が落ちてしまった場合には7~8割ぐらい売り上げが落ちてしまったというデータも存在します。

ただ、SEOの場合は狙っても上位表示ができない可能性もあります。SEOで上位表示がされると売り上げが伸びることは周知の事実なので、他のライバルたちもSEOで上位表示を狙っていろいろな施策をしていますので、このキーワードで上位表示がしたいと考えていても必ず上位表示が出来るわけではないということを理解しておいてください。

最後が、アルゴリズムの変更により影響を受ける可能性があるということです。これはGoogleの検索エンジン側の問題なのですが、ホームページを評価する基準が変わることで、今までは1位から2位ぐらいをキープしていた事務所のWEBサイトがアルゴリズムが変更されたことで、急に2ページ目に落ちてまうようなことがよくありますので、そういったリスクがあるということも理解しておく必要があります。

ここまでで、士業のSEOでネット集客の資産化を目指そう!の解説は以上になります。

SEOの成果を上げる分析ツールの紹介!【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは、今後先生の事務所サイトをSEOしていく上で導入していただきたいツールがありますので、それぞれのツールについて解説をしていきたい思います。

まず、1つ目のツールがGoogleが無料で提供している分析ツールの「グーグルサーチコンソール」です。

グーグルサーチコンソールは先生の事務所サイトがGoogle検索で何回表示されて何回クリックされたのか、またどんなキーワードで検索されて先生の事務所サイトに訪れたかなどの情報を分析することができるツールです。

SEOの初期段階はGoogle検索で先生の事務所サイトが何回表示されたかのデータはとても大切で、毎日必ずチェックするようにしましょう。

最近の士業の事務所ホームページであればワードプレスで制作されていると思いますので、グーグルサーチコンソールの導入はとても簡単で、まず先生ご自身のグーグルアカウントを作成する必要がありますが、後はワードプレスのプラグインの「Site Kit by Google」をインストールすれば簡単にグーグルサーチコンソールを使用できるようになります。

ワードプレスのプラグインの「Site Kit by Google」はGoogleが無料で提供している高性能な分析ツールのグーグルアナリティクスも同時にインストールできますので、同時にグーグルアナリティクスも導入しておきましょう。

グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールの違いについては、簡単に説明するとグーグルアナリティクスがユーザーが先生の事務所サイトに来てからの分析で、グーグルサーチコンソールはユーザーが先生の事務所サイトに来るまでの分析だと考えていただければ問題ありません。

グーグルサーチコンソールの詳細は、サムライ集客ガイドの士業の事務所の売上のアップに!流入元の分析にグーグルサーチコンソール!で解説をしています。

2つ目のSEOに必要なツールが「キーワードプランナー」で、以前のサムライ集客ガイドの士業の事務所の売上の確保に!3C分析で市場規模と顧客ニーズの分析調査!でキーワードプランナーの導入の方法を解説していますので、ぜひそちらを参考にしてキーワードプランナーを導入していただきたいと思います。

キーワードプランナーは、分析したいキーワードをキーワードプランナーの検索窓に入力することで、月間にどれくらいそのキーワードが検索されているのかといった情報を取得できますので、そのデータはSEOの施策を行っていく上で絶対に必要な情報になります。

先生ご自身で、いくらいいと思ったキーワードでも検索数が少なければ、そのキーワードで上位表示されてもほとんどアクセスがないといった結果になってしまうこともありますし、逆にあまりに検索数が多いキーワードだとSEOが非常に難しい可能性があります。

そういったことにもならないために、SEOで上位表示を狙うキーワードのアクセス数は必ず事前に把握しておく必要があります。

前にもお話しをいたしましたが、ブログでの副業をしていると、キーワードプランナーの検索結果を見ただけで、そのキーワードのSEOの難易度もわかるようになります。

3つ目のSEOに必要なツールは、ちょっと面白い名前なのですが「ラッコキーワード」です。

このラッコキーワードの機能は、Google検索のサジェストを表示してくれるツールです。

では、サジェストについての説明ですが、Googleの検索窓に文字を打ち始めると予測でこんなキーワードじゃないですか?といったものが表示されますが、それをサジェストといい、ラッコキーワードはそのサジェストを一覧で出してくれるツールなんです。

このラッコキーワードはとても便利で、例えば「債務整理」とGoogleの検索窓に入力した場合には、「債務整理とは」、「債務整理 相談」といったいろいろなキーワードが検索窓の下に表示されますが、そのキーワードをわざわざ検索することなく一覧表で表示してくれる便利なツールなんです。

例えば先生が「債務整理」のWEBサイトのSEOを考えた時にどんなキーワードで上位表示をすればいいか思いつかない時に、このラッコキーワードを使えばSEOの候補のキーワードを教えてくれるツールです。

このラッコキーワードに関しては、検索エンジンでラッコキーワードと入力すればそのまま無料で使用できますので、とっても簡単で使いやすいSEOに必要なツールになります。

最後が「GRC」で、これもある程度の範囲までは無料で使用できるツールです。

このGRCは、先生がが指定した検索キーワードで先生の事務所サイトが何位にあるかを一覧表にして表示してくれるとっても便利なツールです。

例えると、先生の事務所サイトで順位が知りたいキーワード「債務整理とは」、「債務整理 相談」、がGoogle検索では54位でYahoo検索では62位といったそのキーワードごとの順位が一目でわかるように表示されます。

これから先生ご自身でSEOに取り組んでいくのに、とにかく情報がまったくないと、どこから手を付けていいのかもわからない状態になってしまいます。

今回紹介した4つのツールはすべて無料で導入できますので、そのツールから取得したデータを有効利用して、先生の事務所サイトぼSEOを少しずつでも進めていただきたいと思います。

効果が高いSEOの外部施策の解説!【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは、士業の事務所サイトでSEOの外部施策について!というテーマで解説をいたします。

まず、先生の事務所サイトのSEOについて今後どのような施策をしていけばいいのかということのお話しをしていきます。

SEOの施策には大きく分けますと、外部施策と内部施策の2つに分けられます。

そして、今回はSEOに関しての1つ目の施策である外部施策についての解説になります。

SEOの外部施策については、「被リンク」は今でもかなり効果的ということになります。

では、被リンクについて説明をいたしますと、他のサイトで先生の事務所サイトを紹介していただき、先生の事務所サイトへのリンクを貼っていただくことを言います。

例を挙げますと、先生の事務所で会社設立のお手伝いをした場合に、その手続きのお世話になったことをお客様がブログなどに書いてくれて、さらにそのブログの中に先生の事務所へのリンクを貼ってくれると。そのリンクから先生の事務所サイトに飛べるようになります。

このように、先生の事務所サイトへの被リンクが貼られると、Googleの先生の事務所に対してのSEOの評価アップに繋がります。

多くのWEBサイトが紹介をしてリンクを貼るような事務所サイトは有益なサイトだとGoogleが判断をしますので、被リンクはとてもSEO的にも効果があります。

次が「サイテーション」で、リンクまでは貼っていませんが、ご自身の事務所でお仕事をしてもらったことがよかったといったことを記事などに書いていただくことで、Googleがその内容を読み取り先生の事務所サイトの評価に繋がることをいいます。

上記のように外部の方が記事を書いてくれたり、被リンクを貼るような施策のことをSEOの外部施策と言います。

ただ、注意しなければならないことがあり、まず自作自演は絶対にNGになります。

先生の事務所サイト以外にブログを作って、対応がよかったといった記事を作り被リンクを貼るようなことは、Googleが公式にNGを出していることなので、絶対にしないようにしましょう。

ただし、本当に複数サイトを持っていて相互にリンクを貼るのは問題ありません。

今から10年ぐらい前の話しにはなりますが、ブログを300個ぐらい自分で作成して、そのブログ全部から被リンクを貼ることで簡単に上位表示ができる時代がありました。

現在のGoogleは本当の意味で有益な情報が載っているWEBサイトを上位表示したいという理念がありますので、そのGoogle本来の理念から外れるような自作自演の行為に対してはペナルティを与えるようになりました。

また、そういった悪質なSEOの歴史を踏まえていますので、Googleは自作自演のSEOを見抜くことにとても優れています。

SEO対策の会社も正式なリンクを貼って上位表示を狙いますと言って、何位以上に表示されると費用が発生するシステムになっているところもあり、そういった会社の中にはやはりリンクをあてれば検索結果の順位が上がることがわかっていますので、リンクをあてて上位表示させて費用をいただき、もしペナルティを受けてしまったときは仕方がないと考えているような会社もあります。

Googleからペナルティを受けてしまうと回復はとても難しいので、外部施策を推奨するSEOの会社にお願いするのはやめておいた方がいいでしょう。

外部施策に関しては自然に書いてもらうのが1番いいことですし、外部施策をコントロールするのは難しいのでリンクを貼ってもらうために何かするといったことは考えなくていいでしょう。

また、先生の事務所の仕事が増えてきて、その仕事を真摯にこなしていれば自然と外部からも評価されますので外部施策のSEOについてのGoogleからの評価もあがっていくと考えられます。

SEOはキーワード選定が大切です! 事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは、SEOの内部施策の前提となるSEOのキーワード選定というテーマで解説をいたします。

まず、SEOの内部施策の前提となるキーワード選定については、ユーザーの検索意図を把握することが必要になってきます。

では、このユーザーの検索意図を把握するということがどのような意味なのかを解説いたします。

例えば、「会社設立」というキーワードでユーザーが検索した時の検索結果を考えてみましょう。

まず、上位には有料のリスティング広告の会社設立を仕事として提供している会社や事務所が表示されます。

そして、SEOで表示される自然検索の部分には、会社設立の流れや会社設立の必要書類といった会社設立のための情報提供のサイトが表示されます。

要するに、「会社設立」というキーワードで検索をしているユーザーは会社設立についての有益な情報が欲しいとGoogleは考えていることになりますので、「会社設立」というキーワードでSEOの上位表示を狙うのであれば会社設立に関しての情報をわかりやすく提供しているページが上位表示される可能性があることが予想されます。

これが、ユーザーの検索意図を把握するということの基本的な考え方になります。

また、検索するキーワードごとにGoogleが求めている情報が違いますので、SEOで上位表示をしたいキーワードごとにGooglの求めている内容に沿ったサイトを作成する必要があります。

ただ、士業の業務については「会社設立」といったビッグキーワードでの上位表示は基本的に難しいので、「会社設立 費用」「会社設立 助成金」「会社設立 流れ」といった2つの単語を掛け合わせたキーワードでの上位表示を狙っていくのが現在の妥当なSEOの考え方になります。

この単語の掛け合わせを調べるためにも実際に検索エンジンで検索をしたり、前回ご紹介したツールのラッコキーワードでサジェストを調べていくことになります。

そして、ご自身でSEOをしていきたいキーワードが決まりましたら実際にどれぐらいの検索ボリュームがあるかをキーワードプランナーで調べていきます。

では、実際に弁護士事務所を開業するケースで、SEOの内部対策の前提となるキーワード選定を一緒に考えてみましょう。

今回は仮に「離婚」をメインの取り扱い業務にした事務所の場合には、「離婚 準備」「離婚 協議書」「離婚 財産分与」「離婚 慰謝料」「離婚 親権」「離婚 相談」といったキーワードで上位表示を目指していくことがSEOのキーワード選定ということになります。※当社の実際の業務ではより細かく分析してからSEOのキーワードを選定していきますので、こんな簡単にキーワードが決まるわけではありません。

ここまでが、SEOの内部対策の前提となるSEOのキーワード選定という作業になります。

というの基本的なSEOの考え方なのですが、先生にとっては実際にどうやって選定したキーワードを使ってSEOをしていくのかが1番興味があるところだと思います。

それでは、上記の離婚について例を挙げて説明していきますと、「離婚 財産分与」というキーワードでGoogle検索で上位表示を狙った場合には、「離婚における財産分与の方法とは?家やローンの算出方法の解説」といったタイトルで内容の充実した記事を書くことでユーザーが「離婚 財産分与」とGoogle検索などの検索エンジンで検索した時に上位表示させるというのが実際のSEOのやり方になります。

どうでしょう?SEOのキーワード選定から実際のSEOのやり方までをイメージできましたでしょうか。

また、ユーザーが検索するキーワードの意図には、大きく分けると5種類になります。

まず1番目が、特定のサイトを探す意図(楽天市場、amazonなど)

次の2番目は、そこに行きたいという意図(ネイルサロン、渋谷駅など)

そして3番目が、知りたいという意図(離婚 手続き、債務整理など)

次の4番目が、やってみたいという意図(自己破産、慰謝料請求など)

最後の5番目が、購入したいという意図(有機野菜、通販など)

士業の事務所ホームページの検索キーワードの意図を考えると、3番目の知りたいという意図と4番目のやってみたいという意図がSEOの内部施策のキーワード選定で検討しなければならないキーワードで、さらに4番目のやってみたいという意図を含む検索キーワードは直接依頼に繋がる可能性が高い1番重要なキーワードになります。

そして、ご自身で上位表示を考えたキーワードに関しては実際に検索をしてみましょう!上位表示されているのがどのようなサイトなのかを確かめて、Googleがどういう意図で上位表示をさせているかを考えてみることがとても大切なことになります。

ここまでで、SEO対策のキーワード選定の解説は以上になります。

SEOのタグと内部リンクの解説!【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは、SEOの内部施策としてタグの設定と内部リンクというテーマで解説をしていきます。

ただし、現在ではワードプレスで事務所のホームページを作成しているケースがほとんどですので、HTMLのタグの設定について解説するよりもワードプレスの実際の作業画面を見せながらタグの記述方法について解説をいたします。

以下がワードプレスの記事の投稿画面の作業画面になります。

今回は記事タイトルに「士業のSEO対策について!」と入力しましたが、これが記事タイトルになります。前回のキーワード選定でお話しした「離婚 財産分与」で上位表示を狙うのであれば、ここには「離婚における財産分与の方法とは?家やローンの算出方法の解説」といった記事タイトルをつけて記事の内容を書いていきます。

以前はHTMLというプログラミング言語を使って書く必要がタイトルタグもワードプレスではマイクロソフトのワードで編集するように書くことができます。

ワードプレスの記事投稿の作業画面を下にスクロールすると、今までHTMLで記述しなければならなかった難解なタグを普通に文章で書くだけでOKなSEO用のエリアがあります。

以下の画面の「このページのタイトルタグ」と「このページのディスクリプション」の中に文章を書くことができますので、簡単に記述することができます。

以下の画面が「離婚 財産分与」で検索した時のGoogle検索での検索結果になりますが、赤線で囲まれているのが記事タイトルで、青線で囲まれているのがディスクリプションになります。

先ほど、ワードプレスの記事投稿の作業画面で入力する作業を以前のHTMLで記述すると以下の画面のようになりますので、ワードプレスの作業のしやすさが本当にユーザビリティに優れたツールだということがよくわかると思います。

どうでしょうか?ワードプレスだと難解なタイトルタグやディスクリプションのマイクロソフトのワード感覚で記述ができてしまいます。

基本的に記事タイトルとタイトルタグの内容は同じで問題ありませんが、とにかく前回も解説をいたしましたが、記事タイトルの付け方でSEOの成功が決まるぐらい重要な要素なので、記事タイトルは検索されたい「キーワード」を入れてユーザーがクリックしたくなる内容で32文字程度で作成するようにしましょう。

ディスクリプションの内容に関しては以前ほどSEOで重要視されなくはなりましたが、ディスクリプションの内容によって記事がクリックされる率が変わってくることがありますので、ディスクリプションの内容も140文字以内でしっかりと作成しましょう。

ここまでが、記事タイトルとタイトルタグ、ディスクリプションの解説になります。

次がキーワードタグで、もちろん上位表示を狙っているキーワードを記載いたします。

このキーワードタグも以前は上記画面のような難解なHTMLで記述したのですが、現在のワードプレスだと簡単に記述できてしまいます。

以下の画像の赤線で囲まれている「このページのキーワード」の下の部分に検索されたいキーワードを記述いたします。先ほどの例だと「離婚」「財産分与」といった離婚関連のキーワードを記述します。

キーワードタグは以前はホームページの情報がどのようなキーワードと関係しているのかをGoogleに対し伝える重要な役割を持っていましたが、現在ではGoogleの非サポートのメタタグとなってしまいましたので、SEO的な効果はほとんどないと言われていますが、とりあえずキーワードタグの設定は必要だとされています。

次に「hタグ」についてですが、「h1」が冒頭でもお話しをした記事タイトルになります。

「hタグ」は大きさによって「h6」まで文字のサイズがあります。

これは、簡単に言うと本の見出しと同じだと考えていただき、Googleにホームページの構成を知らせるためのものですが、それぞれの見出しの内容についてはSEOの効果を考えて「h2」、「h3」のといった見出しの中にも検索されたいキーワードは入れておくことをお勧めいたします。

ここまでで、SEOの内部施策のタグに関連した解説は以上になります。

続いては、ホームページの内部リンクについて解説をしていきます。

内部リンクとは、その名の通りご自身のホームページの内部のページへのリンクになります。

当社のサムライ集客ガイドであれば、ウェブマーケティングの話しの中で分析の話しが出てきたときに、過去のグーグルアナリティクスの導入についてのページにリンクを貼るようなイメージで、ご自身のホームページな中で移動できるようにすることで、SEOの効果を高める効果があります。

上記の画像の赤線で囲んでいる部分が内部リンクの例で、他のページへの内部リンクを貼ることで、SEOの効果だけでなく、ご自身のホームページの中でのユーザーの回遊率を上げる効果が期待できます。

この内部リンクについても以前のHTMLだと記述が難しかったのですが、ワードプレスだと簡単に内部リンクを設定することができます。

次に、パンくずリストというSEOの内部施策を説明いたします。

それでは、以下の画像をご覧ください。

上記の画像の赤線で囲んでいる部分がパンくずリストになります。パンくずリストとは、ウェブサイト内で自分がどこにいるかの現在地を示すものです。

ちょっと勘のいい方ならパンくずリストという名前が童話のヘンゼルとグレーテルのお話しからきていることだと想像いただけた方も多いと思いますが、パンくずリストもSEOに効果があると考えられています。

このパンくずリストに関してもワードプレスだと表示するか非表示にするかのボタン1つなので、この部分でもワードプレスは事務所ホームページの作成について優秀なツールですね。

ここまでで、SEOの内部施策のタグの設定と内部リンクについて解説は以上になります。

SEOで有効な良質なコンテンツを解説!【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは、SEOの内部施策で1番重要であると思われる優良なコンテンツを解説!というテーマで解説をしていきます。

良質なコンテンツを使ったSEOの施策に関しては、コンテンツSEOとも呼ばれています。

SEOに関しては、良質なコンテンツが1番効果が高いと、いろいろなところで言われていますが、ではSEOにおいての良質なコンテンツとはどういったことなのでしょうか?

まず、理解しておきたいことは、ユーザーが検索するキーワードは「質問」で、ウェブサイトはその「回答」だということです。

良質なコンテンツとは、ユーザーの質問にわかりやすく回答しているようなサイトが、良質なコンテンツを持つサイトだというのが基本的な考え方になります。

以前のSEOの内部施策の前提となるSEOのキーワード選定というテーマで「会社設立」を例に出して解説をいたしました。

その時に「会社設立」というキーワードでユーザーが検索した時の検索結果を考えてみる話しをしました。

検索結果の上位には有料のリスティング広告の会社設立を仕事として提供している会社や事務所が表示されますが、その下のSEOで表示される自然検索の部分には、会社設立の流れや会社設立の必要書類といった会社設立のための情報提供のサイトが表示されます。

要するに、「会社設立」というキーワードで検索をしているユーザーは会社設立についての有益な情報が欲しいとGoogleは考えていることになりますので、「会社設立」というキーワードでSEOの上位表示を狙うのであれば会社設立に関しての情報をわかりやすく提供しているページが上位表示される可能性があることが予想されます。

この話しは、今回のブログのテーマである良質なコンテンツに繋がる要素で、「会社設立」というユーザーの質問に対しては、会社設立の流れや会社設立の必要書類といった会社設立のための情報提供のサイトがユーザーの求めている回答だとGoogleは考えていることがわかります。

こうして考えると、Googleが求めている良質なコンテンツが何かが理解できると思います。

ユーザーがした質問である「会社設立」の回答として、そのWEBサイトを読むことでユーザーが完全に満足できるとGoogleが判断したWEBサイトが上位表示されることになります。

士業のSEO対策の良質なコンテンツについてはGoogle検索の検索結果を見ると想像ができると思います。

例えば先生ご自身が先生の事務所で「離婚 財産分与」と検索して上位表示されているWEBサイトの内容を見てみれば、Googleが「離婚 財産分与」というユーザーの質問に対してどのような模範解答を求めているかを理解することができます。

もちろん、今までも解説しているように「離婚」と「財産分与」というキーワードを入れた記事タイトルで記事を作成して、その内容でもあるコンテンツはGoogleが求めている回答としてのコンテンツで書く必要があります。

そのコンテンツがGoogleが求めている内容であれば、「離婚 財産分与」というキーワードで検索された時に先生のWEBサイトが上位表示される可能性が出てくることになります。

そこで、上位表示を狙って選定したキーワードを盛り込んで、良質なコンテンツの記事やサイトを作成していくことになります。

さて、今回のテーマである良質なコンテンツのポイントについては、Google検索で上位表示されたWEBサイトに負けないようなコンテンツを作らないと先生のWEBサイトが上位表示されることはありません。

法律業務のキーワードでの上位表示されているWEBサイトはかなりの量のコンテンツが作成されていますので、それに負けないようなコンテンツを作成するとなるとかなりの労力と知識と文章力が必要になります。

このコンテンツSEOに関しては、ウェブマーケティングで成功している事務所はそれぞれがかなり高いレベルで実現していますし、実際に上位表示されているWEBサイトを多く所有しています。

ベリーベスト法律事務所、アディーレ法律事務所、法律事務所MIRAIO、司法書士法人みつばグループなど、ウェブマーケティングで成功している事務所は想像を超える量の記事と良質なコンテンツを保有しています。

さむらい行政書士法人の小島先生や松戸の司法書士の高島先生はSEOの技術に優れていてSEOからかなりご自身の事務所に仕事を受託されています。

SEOから安定して仕事を受託されているや名立たる事務所たちのことを考えると、もはやご自身が上位表示したいと考えたキーワードでの上位表示は現実的には不可能に思えますが、そこまで悲観的になる必要はありません。

最終的にはやり方次第で、SEOからの仕事の受託は今でも可能であると当社では考えています。

上位表示を狙うキーワードの的確な選定とキーワードを盛り込んだ良質なコンテンツの記事を作成し続けることで、まだまだ上位表示が可能ですし、SEOで多くのユーザーを事務所サイトにネット集客させることは現在でも可能であると当社では考えています。

SEOについてはまったく即効性がありませんし、必ず上位表示できるという補償もありません。

しかし、1度SEOによって上位表示されれば、上位表示されている間は無料でユーザーを事務所サイトにネット集客させることができますし、なによりSEOによって上位表示されたWEBサイトを所有するということは先生にとって価値のある財産を手に入れたのと同じだと考えることができます。

そんな価値ある財産を手に入れるために少しずつでも先生の事務所サイトのSEOを始めてみてはいかがですか?

1年後に振り返った時に、あの時にSEOを始めていたから安定して仕事の受託に繋がっていると思うことがあるのかもしれません。

SEOはリスティング広告と違ってとにかく即効性はありませんし、かなり地味で面倒な作業ですが、有名なブロガーさんたちは今でもSEOを使ってブログから大きな収益を上げていますので、SEOはまだまだ可能性がある世界だという印象を持っています。

ここまでで、SEOで有効な良質なコンテンツを解説は以上になります。

弁護士のSEO対策について!【弁護士事務所の売り上げを2倍に!】

ここからは各資格ごとでSEO対策について解説をいたします。

基本的に士業の多くの業務に関するSEOについては、かなりのレッドオーシャンで、すでにある程度飽和状態になっていることは、士業の先生皆様の共通した認識だとは思うのですが、そういわれている状況の中でもSEOからネット集客してブログからかなりの収益を上げているブロガーの方がいるのも事実になります。

大手の法律事務所などは、SEOを業者にお願いしてコンテンツを作成していることが多いと思いますが、さむらい行政書士法人の小島先生や松戸の司法書士の高島先生といったSEOに特化して事務所を経営されている先生もいらっしゃいます。

ですから、法律業務のSEOの難易度が高いことはもちろん理解した上で、正しいSEOについての技術とコンテンツを作成できれば、まだまだキーワードによっては上位表示が可能だということは、当社がサポートしている事務所がSEOからも仕事の受託ができているという事実からも証明されています。

それでは、まず最初は弁護士先生の業務についてのSEOについて解説をしていきます。

弁護士のネットトラブルについてのSEO対策の解説です!

弁護士のネットトラブルとしての業務は「風評被害」「誹謗中傷」「悪質な書き込み」「ネガティブな関連ワード」といったネット上の記事や検索結果などへの対策になります。

ネットトラブルに関してのSEOに関しては、まだまだ可能性があるというのが当社の見解で、その理由はネットトラブルの検索キーワードの種類が多いこととSEOで上位表示されているWEBサイトに専門用語が多いサイトが多いことなどがあげられます。したがって精度の高い正しい技術を使ってSEOすれば、もちろんある程度の時間はかかりますが、ネットトラブルに関しては、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

ネットトラブルに関してのSEOについては、ネットトラブルに関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、かなりの確率での上位表示が可能ですので、ぜひネットトラブルに関してのSEOについては進めていっていただきたいと思います。

また現在のSEOについてはEAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」が重視されていますので、弁護士以外のネットトラブルに関してのSEOは難しくなっていますので、その部分でもネットトラブルに関してのSEOについては追い風になっていると思います。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

ネットトラブルに関してのSEOをおこない先生のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されれば、先生のWEBサイトに費用をかけずにユーザーを集めることができます。SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な先生の資産になりますので、ぜひ早くにネットトラブルに関してのSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後の先生の主力業務の1つになるネットトラブルに関して、本体である弁護士事務所の他にネットトラブルに関しての専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、先ほどもお話しをしたEATのこともありますし専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

ここまでが、弁護士のネットトラブルに関してのSEOについての解説になります。

弁護士の離婚問題についてのSEO対策の解説です!

次は、弁護士の離婚問題についてのSEO対策の解説をいたします。

離婚問題に関してのSEOに関しては、まだまだ可能性があるというのが当社の見解で、その理由は離婚問題関連の検索キーワードの種類が多いことがあげられます。したがって精度の高い正しい技術を使ってSEOすれば、もちろんある程度の時間はかかりますが、離婚問題関連に関しては、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

離婚問題関連のSEOに関しては、先生の仕事を受託する商圏を考慮した「ローカルSEO」または複数の単語を組み合わせた「ロングテールキーワード」で上位表示を狙うことになります。

離婚問題に関してのSEOについては、離婚問題に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、かなりの確率での上位表示が可能ですので、ぜひ離婚問題に関してのSEOについては進めていっていただきたいと思います。

また現在のSEOについてはEAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」が重視されていますので、弁護士以外の離婚問題に関してのSEOは難しくなっていますので、その部分でも離婚問題に関してのSEOについては追い風になっていると思います。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

離婚問題に関してのSEOをおこない先生のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されれば、先生のWEBサイトに費用をかけずにユーザーを集めることができます。SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な先生の資産になりますので、ぜひ早くに離婚問題に関してのSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後の先生の主力業務の1つになる離婚問題に関しては、本体である弁護士事務所の他に離婚問題に関しての専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、先ほどもお話しをしたEATのこともありますし専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

ここまでが、弁護士の離婚問題に関してのSEOについての解説になります。

弁護士の労働問題についてのSEO対策の解説です

次は、弁護士の労働問題についてのSEO対策の解説をいたします。

労働問題としての業務は「未払い給料の請求」「未払い残業代に請求」「未払い退職金の請求」「不当解雇」といったことへの請求または対応になります。

労働問題に関してのSEOに関しては、少し離婚と似ているというのが当社の見解で、その理由は離婚関連と同様に労働問題の検索キーワードの種類が多いことがあげられます。したがって精度の高い正しい技術を使ってSEOすれば、もちろんある程度の時間はかかりますが、労働問題関連に関しては、かなりの確率でネット集客に繋がるキーワードでの上位表示が可能だと判断できます。

労働問題関連のSEOに関しては、先生の仕事を受託する商圏を考慮した「ローカルSEO」または複数の単語を組み合わせた「ロングテールキーワード」で検索結果の上位表示を狙うことになります。

労働問題に関してのSEOについては、労働問題に関してのWEBサイトを作成しコンテンツを充実させていくことで、かなりの確率での上位表示が可能ですので、ぜひ労働問題に関してのSEOについては進めていっていただきたいと思います。

また現在のSEOについてはEAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」が重視されていますので、弁護士以外の労働問題に関してのSEOは難しくなっていますので、その部分でも労働問題に関してのSEOについては追い風になっていると思います。

また、SEOに関してはどうしても時間がかかるネット集客の施策なので、先行して始めた方が有利なのは当然のことなので、もし先生がSEOでのネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、SEOを始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

労働問題に関してのSEOをおこない先生のWEBサイトが検索エンジンで上位表示されれば、先生のWEBサイトに費用をかけずにユーザーを集めることができます。SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な先生の資産になりますので、ぜひ早くに離婚問題に関してのSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後の先生の主力業務の1つになる労働問題に関しては、本体である弁護士事務所の他に労働問題に関しての専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの結果に繋がりやすくなります。

これには実証された根拠があり、先ほどもお話しをしたEATのこともありますし専門分野に特化したサイトの方がSEOで結果を出しやすいだけでなく、WEBサイトのデザインが自由にできますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてもSEOと同時に行うことができます。

ここまでが、弁護士の労働問題に関してのSEOについての解説になります。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

ここまでネット集客が事務所の売り上げのアップにマストな方法だといったお話しを続けてきましたが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ネット集客を先生ご自身で勉強して身に付けることが難しい先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせはこちらへ