事務所の売り上げを2倍に!ネット集客に繋がる士業のリスティング広告

アマンプリ

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

ネット集客に力を入れようと考えている士業の先生にとって、リスティング広告は1番費用対効果の高い事務所の売り上げに直結する効率がいいネット集客の施策です。リスティング広告は広告代理店に丸投げせずに先生ご自身で理解することでさらに費用対効果を良くして売り上げをあげることが可能になります。

士業の法律業務に関してのリスティング広告の運用をした経験がない広告代理店やリスティング広告の運用者もいますし、何よりも法律業務を深く理解してリスティング広告の運用をすることはとても困難な作業になりますので、リスティング広告のキーワード選定や広告文の作成が上手くいかないことで、リスティング広告の成果に繋がらないケースも考えられます。

リスティング広告の出稿には費用がかかりますので、リスティング広告の運用が上手くいかなくなれば大きな損失に繋がります。広告代理店に法律業務を理解させるのは無理があり任せて失敗するぐらいなら、いっそのこと先生ご自身がリスティング広告の知識を理解して、広告代理店のリスティング広告の運用を管理、サポートする方がずっと速いのではないでしょうか。

今回のサムライ集客ガイドは「事務所の売り上げを2倍に!ネット集客に繋がる士業のリスティング広告」というテーマでリスティング広告について、まずリスティング広告の基本的な知識から最終的には先生ご自身でリスティング広告の運用できるぐらいまでを、わかりやすく丁寧にリスティング広告について解説いたします。

また、とても大切な当社のリスティング広告の実際のデータもいろいろとご紹介していますので、ぜひそのデータを今後の先生の事務所のネット集客や開業後の先生のネット集客に活用していただけたら幸いです。

リスティング広告を完全に理解して事務所の売り上げを2倍にしよう!

サムライ集客ガイドは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など、士業の事務所ホームページの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用について、そのノウハウを発信する士業専門の集客ガイドです!

◆今回の記事の信頼性◆

今回のサムライ集客ガイドを書いている株式会社バウンスバックは、今までにSEOで自己破産、会社設立、民事再生などのビッグワードでGoogle、Yahooで1位表示の実績があり、年商3億円以上の事務所の立ち上げからサポートまでの実績があります。

◆読者の先生方へのメッセージ◆

本記事は、まだリスティング広告を出稿したことがない士業の先生から、リスティング広告の出稿の経験はあっても十分な成果が出なかった先生、これから本格的にネット集客に力を入れていくためにリスティング広告の出稿を考えている先生に向けてリスティング広告で結果を出すためのノウハウについてわかりやすく丁寧に解説をいたします。

今回のサムライ集客ガイドを読むことで、「リスティング広告の特徴やメリット、リスティング広告の出稿、リスティング広告の広告アカウント構造、リスティング広告のキーワード選定とマッチタイプ、リスティング広告の広告文の作成、リスティング広告の入札戦略、各資格者ごとのリスティング広告の現状」までを理解できるようになります。

それでは、さっそく「事務所の売り上げを2倍に!ネット集客に繋がる士業のリスティング広告」を始めていきましょう。

今回のサムライ集客ガイドの内容について

士業のリスティング広告の特徴とメリット【費用対効果が最高の広告】

当社でサポートしている士業の事務所の実証されたデータからも士業の事務所のネット集客で1番効率がいい広告がリスティング広告になります。

リスティング広告は、ランディングページ、キーワード選定、広告文、入札戦略などによって成果が大きく変わってきますが、当社で運用するリスティング広告の費用対効果は、取り扱い業務によってもまったく変わってきますが、広告費に対しての費用対効果は最低ラインで3倍程度で、広告の運用の改善が上手くいくと5倍以上の成果が上がっています。

例を挙げますと、1カ月のリスティング広告の予算が50万円だと、最低ラインで3倍の150万円、その状況からそれぞれのパートを改善することで費用対効果が5倍の250万円以上の事務所の売り上げが目標になってきます。

とても即効性があり費用対効果が高いリスティング広告ですが、どのような特徴とメリットがあるのでしょうか?。

今この記事を読んでいただいている先生も、リスティング広告を普段の生活の中で目にする機会も多いと思いますが、実際に検索結果のどこに、どのように表示されているかを見てみましょう。

以下の画像は、パソコンでのGoogle検索とYahoo検索の検索結果で、赤線の枠で囲まれた部分がの「広告」という表示されている場所がリスティング広告の表示部分になります。

リスティング広告

Google検索でもYahoo検索でも、リスティング広告の表示エリアは検索結果の最上位になり、SEO対策によって表示されている青線で囲まれている自然検索結果より上部に表示されています。

多くの企業や大手の法律事務所などが多額な広告費をかけてまでこの部分にリスティング広告を出稿するということは、リスティング広告の費用対効果がとても高いということを実証しています。

まず、リスティング広告は一般的なテレビ広告や新聞広告などとは違って、リスティング広告が検索サイトに表示されているだけでは費用は発生しません。

実際に検索を行ったユーザーが、目にしたリスティング広告をクリックすることで初めて費用が発生いたします。

ここで簡単な例を挙げてみますが、離婚問題の解決を得意分野とする弁護士先生の事務所がリスティング広告を出稿するために、リスティング広告の検索キーワードを「離婚 相談」として出稿したケースを考えてみましょう。

このケースだと、検索エンジンで「離婚 相談」というキーワードで検索したユーザーに対し弁護士事務所の広告を表示することになります。

そして、この表示した広告を見ているユーザーが実際に広告をクリックをした瞬間に広告料が発生することになります。

新聞広告やテレビ広告は、広告を掲載するときに広告料が発生しますので、この点が一般的な広告とリスティング広告の大きな違いになります。

会社に電車で通勤していて、つり革の上に結婚式場の広告があっても、結婚の予定がない人には目に留まることはないでしょう。

しかし、結婚を考えている女性にはとても興味深い広告に映るものです。

このように広告はユーザーの意識の程度によって同じ広告でも心に響く度合いは大きく違うものです。

その点、リスティング広告は自らパソコンやスマホに検索ワードを打ち込むわけですから、他の広告と比較しても、最もユーザーの意識の高い広告といってもいいでしょう。

リスティング広告は最高に意識が高いユーザーに対し、的確にピンポイントで配信ができる広告ということから、士業の事務所の運営にとって1番お勧めできる広告といえます。

ただし、そんなリスティング広告も万能ではなく向き不向きがあります。

リスティング広告が向いていない商材について3つ説明します。

1つ目のリスティング広告に向いていない商材は、「駄菓子」、「安い文房具」、「百円ショップの商品」など単価の安い商材です。

リスティング広告は、ワンクリックする度に費用が発生しますので、単価が安い商材だと費用対効果という点でリスティング広告には向いていません。

2つ目のリスティング広告に見ていない商材は、小さな会社が開発したような、そもそも名前が分からないので検索されないキーワードの商材です。

名前がわからない商材は検索キーワードがわからないため、検索自体がされませんので、リスティング広告には向いていません。

3つ目のリスティング広告に向いていない商材は、ニッチすぎる商材です。

例えば、「ドリアンパーラー」や「野鳥カフェ」など、これも検索する人が少なすぎてリスティング広告には向いていません。

リスティング広告に向いている商材について4つ説明します。

1つ目のリスティング広告に向いている商材は、「水漏れ対策、「鍵の紛失」、「逮捕」、「相続」、「自己破産」など、緊急性が高い商材です。

本当に困ったときは、まずスマホやパソコンからキーワード検索するのが現在の最善の解決手段です!

2つ目のリスティング広告に向いている商材は、「健康食品」、「ウォーターサーバー」、「顧問契約」などサブスクリプションの商材です。

1つ1つの単価は低いこともありますが、定期購入で契約できるような商材はリスティング広告に向いています。

3つ目のリスティング広告に向いている商材は、「薄毛」、「肥満」、「借金」、「離婚」など、人に言いにくいコンプレックス商材です。

ユーザーが一人で検索するような商材は、リスティング広告にとても向いています。

4つ目のリスティング広告に向いている商材は、「不動産」、「中古車」、「交通事故」、「慰謝料請求」、「自己破産」、「民事再生」、「債務整理」、「相続」、「各種許可申請」など単価が高額の商材です。

ワンクリックの単価は高くても費用対効果が高い高額な商材はリスティング広告に向いています。

士業の法律サービスについてのリスティング広告の結論です。

法律サービス系の検索キーワードは、リスティング広告の効果が1番発揮されやすい商材の宝庫だといってもいいでしょう。

リスティング広告が士業の法律サービスにとてもマッチしているということがわかりました。

ここからは、リスティング広告の特徴のメリットの解説になります。

まず、リスティング広告とはGoogle広告Yahoo広告の2つの広告の総称になります。

リスティング広告はPPC広告「PayPerClickの略」と呼ばれることもありますが、基本的には同じだと考えていただいても問題ありません。

1つ目の特徴がリスティング広告は基本的にすぐにスタートができるということです。

リスティング広告の広告アカウントの設定さえ終われば、15分ぐらいあればリスティング広告の配信をスタートさせることができるぐらい即効性が高いところがまず1つ目のリスティング広告の特徴になります。

要するに、極端に言えば今日初めて今日ネット集客することが可能なのがリスティング広告になります。

ただ、リスティング広告は即効性があるところがとても優れた特徴なのですが、法律の分野に関してはその限りではない場合もあり、その業務ができるかどうかの保有資格の確認が事前に必要な場合がありますので、この通りに行かないことが多くリスティング広告をお願いしている広告代理店に事前の確認が必要になります。

このことは一般の広告代理店だと知らない業者が多いので、リスティング広告をお願いする法律の分野を事前に広告代理店に伝えてGoogle側に大丈夫かどうかの確認を取らせておかないと広告の出稿までに長く時間がかかってしまう場合もあります。

2つ目の特徴がリスティング広告は費用対効果がわかりやすいということです。

テレビ広告で、ビールの広告を2000万円で制作しても、その広告を出稿したことにより、そのビールが何本売れたのかを把握することはできません。

しかし、リスティング広告だと何人の人がリスティング広告を見て、何人の人が広告をクリックをして、何件の仕事に繋がったのかを正確に把握することができます。

そして、その分析結果を次のリスティング広告の運用に活かすことで、リスティング広告の精度を常に向上させることができるのがリスティング広告の優れている特徴です。

ここで、リスティング広告の費用対効果を測るためにリスティング広告で使う用語がありますので、これはぜひ覚えていただきたいと思います。

まず、インプレッションという用語で、ご自身の事務所の広告がGoogle検索やYahoo検索で何回表示されたのかの回数のことです。

ここでは仮に、ご自身の事務所の広告が10万回表示(インプレッション)されたと仮定しましょう。

リスティング広告は、広告が表示されただけでは費用がかからずクリックされて初めて費用がかかります。

次が、クリック率「CTR、Click Through Rate」で、インプレッションに対しどれぐらいクリックされたかの率になります。

仮にクリック率を1%と仮定しますと、インプレッション10万回に対しクリック率が1%で1000回クリックされたことになります。

次が広告費「コスト」で、今回は仮に10万円使用しているとしましょう。

そうすると、クリック1回当たりのクリック単価(CPC、Cost Per Click)は10万円で1000クリックなので、クリック単価は今回の例だと100円となります。

先ほども書きましたが、リスティング広告は広告が表示されただけでは費用がかからずクリックされて初めて費用がかかります。

次にコンバージョン「CV、Conversion」という用語がありますが、一般の販売業であれば商品が売れた件数がコンバージョン数になりますが、士業の業務で考えますとお客様からお問い合わせや資料請求などがコンバージョンということになります。

そして、このケースで20件のお客様からお問い合わせがあれば、20件のコンバージョン数になり、クリック数が1000件なので、コンバージョン率「CVR、Conversion Rate」は2%になります。

最後がコンバージョン単価「CPA、Cost Par Action」で広告費10万円をクリック数20件で割るとコンバージョン単価は5000円ということになります。

ここで、士業の場合であれば20件のお問い合わせの中から5件が受託に繋がったと仮定し、仕事の受託単価が5万円であれば、売り上げは25万円になり、広告費の10万円を差し引いても15万円の利益が出たことになります。

以上のようにリスティング広告は、いくら広告費を使っていくらの売り上げがあったのかを正確に把握できますので、費用対効果が把握しやすく、収益に対しての広告費の設計がしやすいというのも特徴になります。

今回のサムライ集客ガイドを1度読んだだけではリスティング広告の用語を覚えるのは難しいかもしれませんが、リスティング広告を理解していくのに必ず必要になりますので、がんばって覚えていただきたいと思います。

3つ目の特徴がリスティング広告は、少ない金額からリスティング広告が始められるということです。

月に1万円からでもリスティング広告の出稿が可能ですし、広告の効果がなければすぐにやめることもできます。

また、リスティング広告の費用対効果がいい場合は、すぐに予算を増やすことも可能です。

4つ目の特徴がリスティング広告は、とっても柔軟な調整ができることです。

まず、リスティング広告を出稿する地域や時間帯、曜日などを絞ることが可能ですし、またパソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスを選択して広告を出稿するも可能です。

また、その調整をすぐ対応して反映させることができるのもリスティング広告の柔軟性になります。

士業の実務で考えると、最初は小さめの商圏で仕事の受託を始めて、仕事の効率が上がってきたら徐々にエリアを広げるといったこともリスティング広告では簡単に対応できます。

5つ目の特徴はリスティング広告には競合相手との勝負という一面があり、広告を上位に載せるための金額は競合相手とのオークションになりますし、リスティング広告では競合相手と比較されること多いと考えておいた方がいいと思います。

そして、競合と比較されてもご自身の事務所を選んでもらえるような強みさえあれば、リスティング広告はより成果が上がりやすくなりますので、リスティング広告で最高の成果を望むのであれば、ランディングページの完成度を無視することは絶対にできません。

最後の特徴がリスティング広告は、広告代理店や運用者によって成果に違いがあるということです。

特に法律業務という特殊なサービスに対しリスティング広告を運用するという性質上、法律業務で広告運用したことがない広告代理店や広告の運用者もとても多いですし、たとえ法律業務のリスティング広告の運用経験があったとしても所詮法律に関しては素人なので、少し手前味噌になりますが当社のように運用者が元システムエンジニアに加えて各種法律の資格を持つ専門家である方が、それは法律業務のリスティング広告は確実に成果は上がりやすいと思います。

ここまでで、リスティング広告の特徴とメリットについての解説は以上になります。

士業のリスティング広告の環境分析【成果が出せるかの事前調査】

これからネット集客に力を入れてリスティング広告の出稿を始めようと考えている先生に対し、その前に先生が考えている法律業務で効率がいいリスティング広告の運藤ができるかどうかの事前調査をする必要があります。

リスティング広告が効率よく運用することができるかどうかの環境を分析するための基本的な考え方を3C分析といいます。

3C分析を簡単に説明いたしますと、リスティング広告で検索サイトからお客様を誘導し、実際にお仕事に効率よく繋げることができるかという環境について調査分析をするという意味になります。

3C分析のCは、カスタマー「Customer」、コンペティター「Competitor」、カンパニー「Company」の3つの単語の頭文字を取ったもので、カスタマー「Customer」は市場規模及び顧客ニーズのこと、コンペティター「Competitor」は競合相手、カンパニー「Company」はご自身の事務所のことになります。

まず、最初のCであるカスタマー「Customer」についてですが、カスタマーを分析するということは、今後事務所で取り扱っていく業務の市場規模、顧客のニーズを調査分析していくことになります。

市場規模というと難しそうに聞こえますが、簡単にいうと先生の事務所の法律業務を必要としているユーザーの数で、顧客ニーズというとそのユーザーが先生の事務所が提供する法律業務を求めているかどうかということになります。

ですから、リスティング広告で選ぶ取り扱い分野においては、ある程度の市場規模があり、さらに顧客ニーズがあることを事前に確認する必要があります。

まったく、ニーズがない法律業務をリスティング広告で運用しても先生の事務所の売り上げには繋がりません。

最初のCである市場規模と顧客ニーズがある程度問題ないと判断できれば、次のCであるコンペティター「Competitor」、競合相手について分析調査をしていきます。

リスティング広告で選ぶ取り扱い分野において、競合相手が多いのか、少ないのか、強いのか、弱いのか、それによってリスティング広告での戦略は変わってくることになりますので、ネット集客において競合相手を分析するということはとても大切なことです。

競合相手については、取り扱い業務の価格設定や売上の規模、ネット集客の方法などを細かく分析、検討する必要があります。

そして最後が、3つ目のCであるカンパニー「Company」、先生ご自身の事務所について分析していくことになります。

ご自身の事務所について分析するということは、先ほど分析した2つ目のCである競合相手に対し、ご自身の事務所にどんな強みがあり、どんな弱点があるかを冷静に判断していくことになります。

そして、分析結果から考えて、先生のスキル、実績、価格設定、仕事のスピード、対応の仕方などから、どのように競合相手とリスティング広告で勝負するのかの方向性を決めていくことになります。

士業のようなお仕事ですと、3C分析といったマーケティング用語は聞きなれていないかもしれませんが、リスティング広告で成果をあげるためにはとても大切で基本的な考え方になります。

士業のリスティング広告のランディングページ 【売り上げが2倍にもなる!】

前回の記事で3C分析の結果として、先生の取り扱い業務のリスティング広告を運用する上での市場規模と顧客ニーズ、そして競合相手についての調査分析をおこない、リスティング広告で十分な成果が出せる環境だという分析結果にもなりました。

ここでは、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についての解説をいたします。

ランディングページを直訳いたしますと着地するページということになり、事務所ホームページの中で1番最初に見られるページということになりますが、ここではリスティング広告で表示される縦長のページのことになります。

そして、今回の記事のLPOとは、そうしたランディングページの最適化を意味していて、例えば事務所のランディングページに100人もユーザーの訪問があり、今まで平均10件の相談に繋がっていた状況から、ランディングページを改善することで、平均20件の相談に改善するといった施策のことになります。

もし、10件の相談が20件になると仮定すると事務所の売り上げは単純に2倍になりますので、ランディングページの最適化は売り上げに直結するとても重要な施策になります。

また、備品などの安価なものを購入する場合と異なり、法律サービスは高価な商品になりますので、比較された場合でも先生ご自身の事務所の法律サービスを選んでもらう必要があります。

士業の事務所のネット集客の売り上げを倍増!PASONAの法則を解説!

今回のサムライ集客ガイドでは、LPO「Landing Page Optimization」を実現させる考え方の1つであるPASONAの法則の解説いたします。

PASONAの法則とは、事務所のランディングページを作成する上で、ユーザーからお問い合わせに繋げるための効率を最適化するための1つの考え方になり、このPASONAの法則に当てはめて文章を書いていくことで、お客様をお問い合わせにスムーズに誘導していくためのライティングの型になります。

PASONAの法則は、3C分析と同様に単語の頭文字を取った集客のための理論なので、それぞれの単語について解説をしていきましょう。

まず、ですがProblem(問題提起)で士業の事務所ランディングページに当てはめて例を出すと、「借金で悩んでいませんか?」とか「相続の手続きは済んでいますか?」といった訪れたユーザーに問題提起をする文章を入れることです。もちろん各事務所が取り扱っている業務のターゲットに向けての文章になります。

次のがAgitation(問題を煽る)で、「このまま放置してしまうと今よりもまずいことになりますよ!」といった少しユーザーを煽る文章を入れることです。

次がSО、Solution(問題解決)で、「当事務所に相談することで悩んでいる問題を解決することができます!」といった文章を入れていきます。ここでは、さらに解決後の明るい未来も入れてあげるとさらにいい文章になります。「借金を解決して安心な生活を取り戻しましょう!」といったユーザーが想像できるような問題解決後の未来も書いてあげるとさらに効果があがります。

そして、次が、Narrowdown(限定感)で、「当事務所はその問題解決の手続きに多くの実績があります!」といった限定感があるような文章を入れることです。この部分は他の事務所と比較されたケースで先生ご自身の事務所を選んでもらうためのキーポイントになります。

最後が、、Action(購買行動)で、こうした流れの中で相談に繋がるボタンを掲載することで、実際にユーザーがお電話やメールでの相談という行動に繋げていきます。

ここで、大切なことはユーザーが検索したキーワードから広告文をクリックして事務所ランディングページに訪れたユーザーを先生の事務所への相談に繋げるようなストーリーを作り、最終的に事務所に相談するようにユーザーの背中を押してあげる、そんなランディングページを作成して効率よく事務所の売り上げに繋げていきたいですね。

以前のサムライ集客ガイドでもずっとお話しをしていますが、いろいろな業務をしますよ!といった商品カタログのようなホームページだと、なかなか仕事の依頼には繋がりません。

後はランディングページをとにかくよくするための極意とは、競合相手などの多くのランディングページを見て先生ご自身で考えることに尽きると思います。

最終的にランディングページの作成を業者にお願いするにあたっても、先生ご自身でランディングページのことを理解していないと本当にいいランディングページを作成することはできません!

制作会社が発注元である士業の法律業務を完全に理解するのは困難ですので、まず先生ご自身がランディングページについて理解していることで、初めてよりよいランディングページ作成することが可能になると思います。

とにかく制作会社に丸投げすることだけは、絶対にダメですので、発注元である士業の先生と制作会社が必ず二人三脚で良いランディングページを作成していきましょう!

そして、リスティング広告においてはランディングページの良し悪しによってお問い合わせが2倍になることも普通にあるとても重要なことなので、ぜひ時間をかけてランディングページを作成や改善を行うようにしましょう。

士業の事務所のネット集客を2倍にする凄いキャッチコピーを作ろう!

このランディングページのキャッチコピーについては、ちょっと変えるだけでも売り上げが1.5倍や場合によっては2倍以上になることもあるくらいとても大切なリスティング広告でのネット集客のカギになる施策になります。

それでは、士業の事務所のネット集客を2倍にする凄いキャッチコピーを作ろう!について解説をしていきます。

このキャッチコピーについては、LPO「Landing Page Optimization」というランディングページを内容を改善して依頼を増やそうという施策の中の1つになります。

さて、依頼に繋がるキャッチコピーについてですが、全部で7つの基本的な項目があります。

まず、1つ目はランディングページに訪れるユーザーのターゲットを決めるということです。これはウェブマーケティングの施策においては「ペルソナ」といい、ランディングページでネット集客するユーザー像はできるだけ具体的に鮮明に描いている方がランディングページのお問い合わせまでのストーリーを描きやすく、事務所の仕事の依頼に繋げやすくなります。

これは大企業でもよくやる手法で、スープストックのペルソナは名前から性別、年齢、職業、趣味といった詳細な情報まで決めていて、そのペルソナに向けて商品開発から販売までのシナリオを作っているそうです。

そして、次がランディングページに訪れてきたユーザーに対しベネフィットを示すということで、事務所に依頼をすることで現在の問題が解決できて、どんな明るい未来が手に入れられるかをキャッチコピーに入れる必要があります。債務整理であれば「借金のない安心な生活が手に入る」ですとか、交通事故なら「想定以上の慰謝料が手に入ります」といったことがここでいうベネフィットになります。

次は、ユーザーに対し簡易性を示すということで、弁護士に任せれば「相手との交渉を全部引き受けます」とか、「面倒な書類は全部作成いたします」といったことをキャチコピーに入れるようにしましょう。

次が、ユーザーに権威性を伝えるということで、資格関連であれば当然のキャッチコピーになりますが、本を出版してるとかテレビに出演したことがあるといったプラスアルファの権威性が示せるとさらにいいキャッチコピーになります。

次が社会的証明具体的な表記についてですが、多数の離婚案件を扱ったと書くよりも10年間で1400件の離婚案件を扱ったという風に具体的な数字の表記を書くことでキャッチコピーがユーザーに伝わりやすくなります。

最後が、ユーザーボイスを使うということで、依頼人が事務所で手続きをしたことで、「300万円あった借金がなくなった」とか、「泥沼だった離婚がスムーズに終わった」とか、そういった依頼人の体験談をホームページに入れることでユーザーへの信憑性が高まることになります。

後半は、とにかくユーザーの不安を取り除いてユーザーの背中を押してあげる施策に尽きると思いますので、最終的にユーザーに事務所に問い合わせてもらえるように誘導して仕事に繋げていきましょう。

ランディングページに関しては、ユーザーの目線で考えると、ランディングページに訪れて大体3秒から5秒ぐらいで自分にとって有益かどうかを判断して、必要ないと感じたらすぐにホームページを離脱してしまうので、ネット集客する上でキャッチコピーとメインビジュアルはとても重要になります。

ランディングページのキャッチコピーの良し悪しで、事務所の売り上げは大きく変わってきますので、じっくりと考えて効果的なキャッチコピーを作成しましょう!

士業のリスティング広告の出稿の準備【事務所の売り上げを2倍に!】

とりあえず、仕事に繋がる素晴らしいランディングページの作成は完了いたしました。

これからは、そのランディングページにユーザーをどうやって誘導してくるかということになり、実際にリスティング広告を使って事務所の効率がいいランディングページにネット集客していくことになります。

今回は、リスティング広告出稿の準備というテーマで解説をしていきます。

まず、リスティング広告はGoogle広告とYahoo広告の2つの広告の総称というお話しをいたしましたが、初めてリスティング広告を出稿するのであれば、まずGoogle広告から初めてみるのがいいと思います。

広告費に余裕があるのであれば両方の広告をスタートさせた方がいいですし、最終的には両方の広告を効率よく配信するのがベストなのですが、まずリスティング広告に慣れるという意味からもGoogle広告から始めてみるのがいいでしょう。

初めてGoogle広告を出稿するのに、先生ご自身でGoogle広告の広告アカウントをすべて構築してリスティング広告を配信するというのは、現実的ではないと思いますので、初めてのリスティング広告を配信は広告代理店にお願いすることになると思います。

そこで、リスティング広告を広告代理店にお願いするとしても知っておいていただきたいことがいろいろありますので解説をしていきます。

また、以前のサムライ集客ガイドでお話しをしたリスティング広告の用語については徐々でも覚えておいた方が広告代理店との打ち合わせがスムーズにいきます。

まず、以前のサムライ集客ガイドでも説明をしましたコンバージョン「お客様からのお問い合わせ」を測定するために、ご自身のランディングページにコンバージョンタグを設置する必要があります。

コンバージョンタグの設置についてはHTMLの知識がないと少し難易度が高いと思いますが、事務所のランディングページをワードプレスで作成している場合は先生ご自身でも割と簡単に設置できます。

広告代理店にリスティング広告の出稿をお願いすれば、代理店の方でGoogle広告の広告アカウントを構築いたしますが、コンバージョンタグの設置については対応してくれない代理店もいますので、ご自身で設定ができない場合には、広告代理店に代行して設置していただけるかを事前に確認いたしましょう。

あとは、Googleが提供する高性能な分析ツールであるグーグルアナリティクスに関しては広告の分析をするためにも必要なので、必ずGoogle広告のアカウントとの連携も行っておくように広告代理店にお願いしておきましょう。

また、以前のサムライ集客ガイドでお話しをしましたが、リスティング広告の出稿に法律の分野ではその業務ができるかどうかの保有資格の確認が事前に必要な場合がありますので、リスティング広告で運用する法律の分野を事前に広告代理店に伝えてGoogle側に大丈夫かどうかの確認を取らせておく必要があります。

最近ではほとんどなくなりましたが、広告アカウントの閲覧権限の付与を顧客にしていただけない広告代理店が未だに存在しますので、広告アカウントの閲覧権限の付与をしてもらえるかの確認も必ずしましょう。

当社では運用の状況を隠す必要はまったくありませんので、取り引き先の皆様に対し必ず広告アカウントの閲覧権限を付与させていただいています。

そして、閲覧権限の付与があれば、Google広告のアカウントの内容をご自身で毎日確認することができますので、リスティング広告についての理解も徐々に深まると思います。

ここまでが、士業のリスティング広告の出稿準備についての解説になります。

士業のリスティング広告の広告アカウントの解説【事務所の売り上げを2倍に!】

リスティング広告の出稿の準備が終わりましたら、次はリスティング広告の広告アカウントの構造を理解しよう!というテーマで解説をしていきます。

さて、今回はリスティング広告の構造を理解しようということなのですが、リスティング広告の出稿を広告代理店にお願いをしますと、月に1回程度広告会社との打ち合わせがあり、前月のサマリーと今後どのようにリスティング広告を出稿していくかの展望の打ち合わせをします。

そして、その打ち合わせで広告会社が何を話しているかわからないと、その後の効率のいいリスティング広告の運用が出来なくなる可能性があります。

まず、以前のページのサムライ集客ガイドでお話しをした内容を覚えていますか?

インプレッション、クリック単価「CPC」、クリック率「CTR」、コンバージョン「CV」、コンバージョン率「CVR」、コンバージョン単価「CPA」、広告代理店は普通にこのようなウェブマーケティング用語を使って前月の結果の報告をしてきますので、完全にこれらの言葉の意味が先生の頭の中に入ってないと、広告代理店から報告を聞いていても何を言っているのかがよくわからなくなります。

そして、ここからがまたリスティング広告の難解なところなのですが、リスティング広告の広告アカウントの構造に関する用語も広告代理店のお話しの中によく出てくることになります。

リスティング広告の広告代理店は本当に専門用語をどんどん使ってきますので、ちゃんと理論武装をして対応しましょう!!

それでは、リスティング広告の広告アカウントの構造について解説をしていきます。

まず、リスティング広告を出稿するにあたり1番大きな箱が「広告アカウント」になります!

例えば、佐藤法律事務所のリスティング広告の出稿であれば広告アカウントは「佐藤法律事務所」ということになります。

広告アカウントは、リスティング広告を出稿する際に絶対に作成しなければならないもので、おそらく広告代理店に広告アカウントを構築してもらっていると思います。

そして、広告アカウントの下にある箱が「キャンペーン」になります。

私自身もリスティング広告を初めて運用しようと思って1番意味がわからなかったのが、このキャンペーンという用語だったように感じました。

例えば、先ほどの佐藤法律事務所という事務所が「離婚」と「慰謝料」とい2つの業務でリスティング広告を出稿するというケースでは、広告アカウントは「佐藤法律事務所」で、その広告アカウントの中に、「離婚」と「慰謝料」という2つのキャンペーンを作成するというイメージになります。

そして、そのキャンペーンという箱の下に「広告グループ」という箱を作成します。

上記のケースだと「離婚」というキャンペーンの下に、「親権」という広告グループと「財産分与」という広告グループを作成するといったイメージになります。

リスティング広告を出稿する場合の箱としては3段階で、「広告アカウント」、「キャンペーン」、「広告グループ」の順で小さな箱になります。

なんか、リスティング広告のアカウントの構造はロシアのマトリョーシカみたいですね!

なぜ、わざわざこのように3段階の箱に分かれていると言いますと、箱が小さくなるほど細かい広告の設定をしていくような構造になっています。

上記の例であれば、2つの「キャンペーン」でまず1日の予算や広告の配信時間や配信エリア、配信デバイスを分けて、その下の「広告グループ」でさらに細かい広告内容や広告ターゲットなどの設定ができると現時点では覚えておけばいいでしょう。

広告グループが1番小さな箱ということになりましたが、その広告グループの中に「キーワード」と「広告文」が入っていることになります。

上記の例であれば、広告グループの中に「離婚 相談」、「離婚 親権」、「離婚 流れ」といったユーザーに検索してもらう検索キーワードは広告グループの中に設定いたします。

そして、上記キーワードで検索された時に「離婚のご相談なら実績豊富な佐藤法律事務所へ」といった広告分が表示されるように設定いたします。

今回もたくさんのリスティング広告についての専門用語が出てきました!

ぜひ、完璧に覚えていただき広告代理店での打ち合わせで困惑しないように、「広告アカウント」、「キャンペーン」、「広告グループ」、「検索キーワード」、「広告文」といったリスティング広告の用語は確実に覚えていきましょう!

ここまでが、士業のリスティング広告の広告アカウントの構造についての解説になります。

士業のリスティング広告の掲載順位の決まり方【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは、リスティング広告での広告の掲載順位の決まり方について解説をいたします。

Google検索でキーワード検索をした時に、上から順番に広告が並んでいると思いますが、もちろん上位の広告の方がクリックはされやすくなります。

ですからGoogle検索結果の1位に掲載された広告のクリック率が1番よくなることは簡単に想像できることだと思います。

今までも何度の説明していますが、リスティング広告に関しては広告をクリックした瞬間に広告費が発生いたします。

では、検索サイトの検索結果の広告の掲載順位がどのように決まるかというと、オークション形式で掲載順位が決まることになります。

ただ、オークションといっても一般的な美術品などのオークションとは違って、単純に1番高い金額を付けたから検索結果の1位に広告が掲載されるわけではなく、広告ランクというデータを加味して掲載順位が決まることになります。

ですから、リスティング広告で検索結果の上位に表示したいと考えたときには、広告ランクがとても重要な要素になります。

それでは、その広告ランクの算出方法になりますが、入札価格に品質スコアを掛けることで算出いたします。

例を出しますと、A事務所のリスティング広告の入札単価を100円と設定して品質スコアが5だったケースでは、500という数値が算出されますが、B事務所がリスティング広告の入札単価を80円と設定して品質スコアが10だったケースだと800という数値が算出されます。

この場合には、B事務所が800でA事務所が500なのでB事務所の広告の方が検索結果の上位に掲載されることになります。

ですから、リスティング広告では1番高い入札価格を入れても品質スコアが低いと広告の掲載順位が上位に掲載されないこともあります。

では、その品質スコアはどのように決まるのでしょうか?

品質スコアは、広告のクリック率と検索したキーワードと広告文の関連性、そして広告文とランディングページの関連性という3つの要素が正しいことが評価の対象になります。他にも細かい要素がありますが、今回はこの3つを抑えておきましょう。

リスティング広告のクリック率は広告文が魅力的じゃないとクリック率が下がりますので、品質スコアにも影響がでてしまいます。リスティング広告の運営においてキーワードの選定以上に広告文の完成度は非常に重要になります。

これは極端な話しになりますが、法律事務所で旅行というキーワードで広告を出稿しようとしても関連性がありませんので品質スコアは極端に低くなり、リスティング広告での広告の掲載は非常に難しくなります。

ここまでが、士業のリスティング広告の広告の掲載順位の決まり方についての解説になります。

士業のリスティング広告のキーワードのマッチタイプ

ここでは、リスティング広告のキーワード設定のマッチタイプというテーマで解説をしていきます。

前回の記事では、広告の掲載順位の決まり方について解説をいたしましたが、今回は実際にリスティング広告でどんなキーワードを設定していけばいいのかを解説していきます。

まず例を挙げて考えてみましょう、ここに離婚をメインの業務にしている法律事務所があります。

この事務所の場合には、「離婚」というキーワードを中心にしてリスティング広告のキーワードを選定していくことは誰にでも理解ができると思います。

例を挙げれば、まず「離婚」というキーワード単体が考えられますが、その以外にも「離婚 相談」「離婚 慰謝料」「離婚 財産分与」など様々なキーワードが考えられます。

ただし、リスティング広告では「離婚」というキーワードを設定しても「離婚」というキーワードで検索をしたユーザーにだけ広告が表示されるわけではありません。

リスティング広告のキーワードで絶対に押さえておかなければならないのが「キーワードのマッチタイプ」になります。

まず、リスティング広告で「離婚 相談」というキーワードを設定したとしても「マッチタイプ」によって広告が表示されるケースが変わってきます。

リスティング広告のマッチタイプには3つのタイプがあり、「部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」の3種類があります。

そのマッチタイプによってリスティング広告の表示のされ方が変わってきますので「離婚 相談」というキーワードを例にして3つのマッチタイプを解説していきます。

まず、リスティング広告の「部分一致」になりますが1番拡張性が高いマッチタイプになり、「離婚 相談」であれば、「離婚 相談」だけではなく、それに関連する語句、例えば「離婚調停」、「親権」、「離婚したい」、「離婚率」といった、あまり事務所の広告を表示させたくない検索語句まで拡張されて事務所の広告が表示されるケースがあります。逆に言えば想像できなかったようなキーワードを見つけられるといったメリットもありますが広告費のロスが多くなる可能性が高いので、当社では法律業務のマッチタイプに部分一致を使用することはほとんどありません。

次に広告表示の拡張性が高いのが「フレーズ一致」になります。先ほどの「離婚 相談」であれば、「離婚 相談」だけではなく、その「離婚 相談」を含んだ関連語句、例えば「離婚 相談 東京」「離婚 無料相談」「離婚親権 相談」といった、離婚と相談を含んだ語句をベースにして拡張した関連する検索語句に対し広告を表示いたします。

このフレーズ一致が1番想定しやすい検索語句で広告が表示されますので、非常にコントロールしやすく現在のリスティング広告のマッチタイプで1番利用されているのがフレーズ一致になります。

最後が、完全一致でその名の通り「離婚 相談」でれば、まったく同じ「離婚 相談」と、その逆の「相談 離婚」のみで広告が表示されます。

このリスティング広告のマッチタイプに関してはとてもややこしいのですが、とても大切なのでぜひ覚えていただきたいと思います。

マッチタイプに関しては以下の表に簡単にまとめてみましたので、ぜひご覧になってください。

スクロールできます
マッチタイプ記載例「離婚 相談」で広告表示される検索語句
部分一致離婚 相談「離婚調停」「親権」「離婚したい」など、関係している語句
フレーズ一致”離婚 相談”「離婚 相談 東京」「協議離婚 相談」など
完全一致[離婚 相談]「離婚 相談」「相談 離婚」のみ

よく当社に質問があるのが、同じキーワードで違うマッチタイプでも設定した方がいいのかという問題があるのですが、基本的には「フレーズ一致」を入れてあれば他の「完全一致」などは設定する必要はありません。

ただ、例を挙げますと、「離婚 相談」というキーワードで、このキーワードの完全一致には、高い入札単価を設定してもいいようなケースでは、完全一致とフレーズ一致の両方のマッチタイプを設定するケースもあります。

ただ、現在のリスティング広告の主流が自動入札なので、その場合には「フレーズ一致」のみの設定で問題ありません。

次に、リスティング広告のキーワードの設定には逆に広告を表示させないようにする「除外キーワード」の設定もすることができます。

リスティング広告の除外キーワードはどんな時に設定するかを先ほどの「離婚 相談」の例で説明しますと、「離婚 相談 芸能人」、「離婚 相談 ドラマ」などのように先生の仕事の依頼には繋がらない、芸能人やドラマといったキーワードを含んだ場合には事務所の広告を表示させないように「芸能人」と「ドラマ」というキーワードを除外キーワードに設定をすることができます。

今まで説明してきたようにリスティング広告では事務所の依頼に繋がりそうなキーワードは常に追加していき、逆に依頼に繋がらないと判断したキーワードを除外していくことで、リスティング広告のパフォーマンスをどんどん上げていくように運用していくので、リスティング広告が運用型広告と呼ばれる所以でもあります。

ここまでが、士業のリスティング広告の広告のキーワードのマッチタイプについての解説になります。

士業のリスティング広告のキーワード選定【事務所の売り上げを2倍に!】

リスティング広告のキーワードには、マッチタイプによって広告の表示に違いがあることは理解できたと思いますので、では実際の士業の事務所のキーワードをどのように選定していくかの解説をいたします。

これは、士業専門のリスティング広告を運用している広告会社ならではのとっても有益な情報なので、しっかりと読んでいただき先生の事務所のリスティング広告の運用に活かしていただきたいと考えています。

さて、実際の士業の事務所のリスティング広告のキーワードの選定についてですが、今回ずっとお話しをしている離婚をメインにした法律事務所で考えてみましょう。

一般的にリスティング広告の運用にには、キーワードをいくつかのグループに分けて設定をおこないます。

まず1つ目のグループは「離婚」「離婚 親権」「離婚調停」などのように事務所の仕事に繋がる可能性もありますがただ離婚について調べているだけの可能性もあるグループです。

これらのキーワードに対しては、必ず設定する必要はありますが、事務所の仕事に繋がる確率は高いとは言えないグループといえます。CPC「クリック単価」に関してはかなりキーワードによって価格が違いますので、価格が高騰しているキーワードは一時的に広告表示させないといった細かい点まで考えた広告運用がリスティング広告の費用対効果に繋がっていきます。

次の2つ目のグループは「離婚 相談」「離婚 弁護士」のようにほぼ間違いなく事務所の仕事に繋がるグループになります。

基本的に事務所の仕事に対しての直撃系のキーワードになりますので、リスティング広告で1番表示したいキーワードになりますが、その辺は競合相手も理解しているので、CPC「クリック単価」が1番高いグループになります。

次の3つ目のグループが「離婚 横浜」「離婚 渋谷」といった離婚というキーワードに場所を掛け合わせた例で、このケースも離婚の相談をする事務所を実際に探している可能性があるので事務所の仕事に繋がる可能性があるグループになります。

このエリア系のキーワードもCPC「クリック単価」が様々なキーワードになりますので、1つ目のグループ同様にリスティング広告の綿密な広告運用が必要なグループになります。

最後の4つ目のグループがリスティング広告で「指名系」といわれる先生の事務所の名前を含んだグループで、「〇〇法律事務所」といったキーワードを「フレーズ一致」のマッチタイプで設定しておけば「○○法律事務所 離婚」「○○法律事務所 相談」といったキーワードでも広告表示されますので、このグループも事務所の仕事に繋がる可能性が高いグループになります。

士業の事務所のリスティング広告では、基本的にこの4つのグループを作成して、それぞれのグループのCPC「クリック単価」を決めていきます。

まず、1番高いクリック単価を設定するのが、2つ目の事務所の仕事に直結するグループで、2番目に高く設定するのが3つ目のエリア系のグループか1番目のグループを広告運用しながら決めていきます。

4番目のグループは、リスティング広告の費用対効果は高いのですが、CPC「クリック単価」は先生の事務所の名前が入っていますので、かなり安く設定できます。

士業の法律系のリスティング広告の運用でのキーワード選定は、以上の4つのグループを上手に運用していくことでかなり費用対効果の高い運用ができますし、広告代理店とのキーワード選定の打ち合わせでもかなり役に立つ情報になると思います。

ここまでが、士業のリスティング広告のキーワード選定についての解説になります。

士業のリスティング広告の広告文の作成【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは、リスティング広告の運用でとても重要な広告文の作成!というテーマで解説をしていきます。

以下は、Google 検索で「レンタルサーバー おすすめ」というキーワードで検索したときの検索結果になります。

赤い線で囲んでいる部分が検索連動型のリスティング広告の広告文になります。

リスティング広告の広告文

前回お話しをしたキーワードの選定が上手くいって、ユーザーが検索した時にいろいろなキーワードで上位に表示される広告が増えたとしても、そこで表示された広告文がクリックされなければ、ユーザーがランディングページに訪れることはありません。

当社でも、広告文を改善することで、CPC「クリック率」が上昇し、結果的に受託が増えることで事務所の売り上げが大きく増えることはよくあることになります。

「士業のリスティング広告のランディングページ」という記事で、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化のお話しをいたしました。

ランディングページの改善が上手くいけば、事務所の売り上げが2倍になることもあり、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化は事務所の売り上げに直結する重要な施策だというお話しもいたしました。

その中で、PASONAの法則やキャッチコピーといったランディングページの受託率を改善する施策についての解説もいたしましたが、ランディングページの最適化についてはランディングページに訪問したユーザーからお問い合わせに繋げる施策ですので、事務所のランディングページに訪問してくれないことには、LPO「Landing Page Optimization」の施策の意味がありません。

検索連動型のリスティング広告によってユーザーが検索した結果、検索サイトの上位に事務所の広告が表示されても、その広告文がクリックされなければ事務所のランディングページにユーザーを誘導することができません。

そこで、とても重要になってくるのが、ユーザーが検索した画面に表示されるリスティング広告の広告文をどのように作成するかということになります!

そして、この広告文に関しては当社がリスティング広告の運用を扱っていて思うことですが、リスティング広告のキーワードの選定やキーワードの入札戦略を含めて、たくさんあるリスティング広告の設定の中でも1番重要だといっても過言ではありません。

また、掲載された広告文のCPC「クリック率」が高くなると多くのユーザーを事務所のランディングページに誘導できるというメリットだけではなく、以前の記事でも解説した「品質スコア」にもプラスに影響いたしますので、検索キーワードの入札単価が下がる可能性があるといったメリットもあります。

まず、リスティング広告の広告文の基本的な考え方はユーザーの検索は質問であり、広告文はその回答であるという考え方で作成していきます。

そして、今までもLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化でユーザーを問い合わせに誘導する多くの施策について詳細に解説してきました。

リスティング広告の広告文は短くて多くの制限がありますが、同じように魅力ある広告文を作成するとクリック率も上がり、結果としてユーザーからのお問い合わせに繋がる率も上がります。

また、広告文には先生の事務所に依頼した場合のメリットを入れることはもちろんですが、実績などに関しては多くの借金問題を解決しましたという書き方よりも2300件の借金問題を解決をしました!といった具体的な数字を広告文の中に入れることが効果的です。

リスティング広告の広告文に関しては、「レスポンシブ検索広告」といっていくつかの広告の文章を組み合わせて自動で最適な広告文を生成してくれる設定方法もあるのですが、法律サービスでのリスティング広告に関しては通常の広告文「拡張テキスト広告」の方がクリック率が安定するケースが多いというのが当社での現在の状況です。

ただし、業務内容を考慮してレスポンシブ検索広告で広告文を作成した方が成果が期待できそうであれば、レスポンシブ検索広告の設定を検討していく必要があります。

まあ、これは広告代理店側の話しになりますが2022年6月からは通常の広告文である「拡張テキスト広告」ができなくなりレスポンシブ検索広告一本に統一されますので、その時までにその部分ついての対応を考えていく必要があります。

リスティング広告の広告文に関しては、クリック率が改善されると先生の事務所の売り上げに直接影響いたしますので、いろいろと試してみてクリック率が高い広告文を表示するようにしましょう。

キーワードの選定やキーワードの入札戦略と同様に、広告文についてもある程度広告文の作成のノウハウを理解した上で広告代理店と二人三脚でクリック率の高い広告文を作成していきましょう。

ここまでが、士業のリスティング広告の広告文の作成についての解説になります。

士業のリスティング広告の入札戦略【事務所の売り上げを2倍に!】

ここまで、リスティング広告の入札の仕組みの説明をして、いくらまで入札単価を出せるのかといった解説をしてきましたが、この設定はリスティング広告の手動入札という入札設定の説明になります。

リスティング広告の手動入札では、広告代理店のリスティング広告の運用担当者が1つ1つのキーワードごとに入札単価を決めるといった作業をしてリスティング広告の成果に繋げるような運用をいたします。

しかし、現在のリスティング広告の主流は自動入札という入札設定で、Googleが予算内で最大限のパフォーマンスを発揮できるように自動で入札戦略を設定をいたしますので、リスティング広告の運用をGoogleのAIにお任せする設定方式になります。

手動入札と自動入札のどちらがいいかというのは、意見がわかれるところではありますが、これから新たにリスティング広告を始めるという方にとっては、自動入札を選択する方が当社のお勧めになります。

ただし、リスティング広告の自動入札にもいくつかの種類の戦略があり、リスティング広告の自動入札の戦略によってはGoogleのAIにある程度のデータが集まってからでないと、上手く機能しない自動入札の戦略もあります。

割りと多くのリスティング広告の代理店では、広告出稿の初動では手動入札でリスティング広告を運用して、その後に自動入札に切り替える広告代理店もありますが、最初から自動入札の戦略でリスティング広告の運用を始める広告代理店もあります。

そして、自動入札についてもいろいろな入札戦略を選ぶことができるのですが、リスティング広告の運用の初動は「コンバージョン数の最大化」といって1日の予算の中で事務所への問い合わせ数「コンバージョン数」を最大化する戦略を用いて、ある程度GoogleのAIにデータが溜まったらよりリスティング広告の費用対効果を高めることができる「目標コンバージョン単価」がお勧めになります。

「目標コンバージョン単価」は、1件のコンバージョン単価「お問い合わせ1件の単価」を決めて、それに合わせて入札戦略を決めていきます。この目標コンバージョン単価については、現実とかけ離れたコンバージョン単価を設定してしまうとGoogleのAIが上手く機能しなくなるので、ある程度データが溜まってからでないと上手く機能しない入札戦略で、リスティング広告の初動は「コンバージョン数の最大化」を使用してGoogleのAIが上手く機能するまでのデータを収集します。

少し難しい部分も多かったと思いますが、ここまでが士業のリスティング広告の入札戦略についての解説になります。

士業のディスプレイ広告の特徴とメリット【事務所の売り上げを2倍に!】

ここまでは、検索連動型のリスティング広告の解説をしていきましたが、リスティング広告についてはひと通り解説が終わりましたので、ここではディスプレイ広告の特徴とメリットについて解説をいたします。

ディスプレイ広告は、先生の皆様がYahooニュースなどを見ていると、記事と記事の間に出てくるバナー画像の広告のことで、ディスプレイ広告には必ず小さく広告と書いてあります。

以下の画像の中で赤線で囲まれているのが、ヤフージャパンの中に表示されているディスプレイ広告の一例です。

ディスプレイ広告についても、リスティング広告と同様にGoogle広告とYahoo広告があり、それぞれでディスプレイ広告のバナー画像が表示される場所も形も大きさも違って様々なタイプがあります。

士業の関連でよく見るディスプレイ広告は、圧倒的に借金問題の解決が多く、借金減額シミュレーターといったや過払い金診断といったバナー広告がよく配信されています。

法律系のキーワードは検索連動型のリスティング広告の場合はCPC「クリック単価」が高いものだと500円から1000円を超えることもあるぐらい、かなり高騰していますのでCPC「クリック単価」が10円から30円ぐらいのディスプレイ広告を出稿した方がすごくお得感があるような気がしますが、基本的にお問い合わせに繋がるのは、検索連動型のリスティング広告の方がずっと効率がいいです。

ディスプレイ広告の配信は「ユーザー」と「配信面」という大きく分けると2つの設定ができます。

まず、ユーザーに関してはディスプレイ広告の、配信時間、配信地域、性別、年齢、興味関心、世帯年収、行動履歴といった細かい設定をしてディスプレイ広告をそれぞれのユーザーに配信することができます。

また、配信面に関しては、どういう内容が書かれているページにディスプレイ広告を出すか、URL指定して直接広告を載せたいWEBサイトにディスプレイ広告を配信することができます。

ここでは、今まで解説をしたきた検索連動型のリスティング広告とディスプレイ広告の比較を考えてみましょう。

仮に1か月に10万円の予算で検索連動型のリスティング広告を配信するとして、クリック単価が仮に500円だった場合には、10万円の予算は200クリックで消化してしまうことになり、200クリックのうちの5%が問い合わせ繋がったとすると10件のお問い合わせが事務所にきたことになり、そのうちの2割が実際に受託になったと仮定すると、1か月10万円の予算で2件のお仕事が受託になったことになります。仮に1件20万円の仕事が受託できたとすると、40万円の売り上げになりますので、事務所の利益は30万円ということになります。

これをディスプレイ広告で考えると、1か月に10万円の予算でクリック単価が仮に20円だった場合には、10万円の予算を消化するのに5000クリックもかかることになりますので、とても多くの広告がクリックされたことになりますが、その5000クリックの中から実際に依頼に繋がるかどうかは、検索連動型のリスティング広告のように結果を予想することがとても難しいのがディスプレイ広告になります。

また、ディスプレイ広告を配信する広告代理店の中には、ディスプレイ広告が多くのクリックがされますので、事務所の認知拡大にもなると提案してくる代理店がいますが、ディスプレイ広告で先生の事務所の認知拡大を考えると数百万円から数千万円ぐらいは予算は軽く必要になりますので、数十万円程度では先生の事務所の指名系の検索が増えることは絶対にありません。

当社でも長くリスティング広告とディスプレイ広告の配信をしていて、お客様が検索連動型のリスティング広告のクリック単価が高すぎると考えて、ディスプレイ広告の10円~30円というクリック単価に魅力を感じてしまう気持ちもよく理解できますが、まずは検索連動型のリスティング広告でネット集客するのがベストな選択だといえます。

検索連動型のリスティング広告はユーザーが直接検索したいキーワードを自らパソコンやスマホに打ち込みますので、そのキーワードに対する意欲が非常に高いのですが、ニュースを見ていた時にたまた見たディスプレイ広告をクリックしたユーザーの意欲はそれほど高くないと推測されます。

ですから、ディスプレイ広告は、その後に仕事に繋がるかもしれない予備軍を発掘するような役割で、検索連動型のリスティング広告をサポートするという使い方が、士業の業務でディスプレイ広告の1番正しい使い方になると思います。

そんなリスティング広告のサポート的な使い方が向いているディスプレイ広告なのですが、実はとても有効な使用方法があります。

それが、ディスプレイ広告のリマーケティング「Yahooではリターゲティング」という配信方法になり、1度ご自身の事務所に訪れたユーザーに対しディスプレイ広告を表示させることができます。

先生の皆様も、例えばGoogle検索でパソコン教室を調べた後に、たくさんのパソコン教室の広告が表示されて驚いた経験があると思います。

この配信方法は通称「ストーカー広告」とも呼ばれていて、1度閲覧したユーザーを追跡してディスプレイ広告を表示させることができますので、通常のディスプレイ広告と比較すると事務所へのお問い合わせに繋がる確率は大幅に上昇します。

このディスプレイ広告の配信方法が「リマーケティング」といって、ディスプレイ広告の中で1番費用対効果に優れた配信方法になりますので、ディスプレイ広告を始める場合には、このリマーケティングでの配信が1番優先順位が高い配信方法になります。

極端に言いますと、ディスプレイ広告はこのリマーケティングでの配信ができるから利用価値が高いといってもいいと思います。

しかし、士業の法律サービスの中には、とてもセンシティブな問題が含まれているケースが多くあります。

例えば、離婚を考えていて離婚のサイトをこっそりと閲覧したケースで、リマーケティングでの配信ができてしまうと、職場のパソコンや自宅の共有パソコンで、離婚の広告が何度も表示されてしまい非常に困ることになるからです。

ですから、当社のように法律業務の配信に慣れていれば問題ないのですが、一般の広告代理店は法律業務の中にはリマーケティングでの配信ができないことを知らない広告代理店も多いので、士業の業務でディスプレイ広告を検討する場合には、必ずリマーケティングでの配信が可能かどうかを事前に広告代理店に確認を取る必要があります。

せっかくバナー広告を作成してディスプレイ広告の配信をスタートさせても思ったような配信ができなということになってしますと、ディスプレイ広告の広告戦略の見直す必要が出てきますので、できれば法律業務の配信に詳しい広告代理店を選んだ方がディスプレイ広告の広告戦略はスムーズに展開できると思います。

ここまでが士業のディスプレイ広告の特徴とメリットについての解説になります。

弁護士のリスティング広告【事務所の売り上げを2倍に!】

ここからは、それぞれの資格の取り扱い業務の中で、リスティング広告に向いている業務の紹介と、その業務のリスティング広告の費用対効果、CPC「クリック単価」やCPA「相談単価」などのデータとして掲載いたしますので、ぜひ先生の事務所のリスティング広告の運用に活用していただきたいと思います。

まず1番最初は弁護士の取り扱い業務についてのリスティング広告の運用の解説になります。

当社がお勧めする弁護士の取り扱い業務別にリスティング広告の解説をいたします。

弁護士の取り扱い業務でネットトラブルのリスティング広告の解説です!

弁護士の取り扱い業務の中で、当社がリスティング広告の運用に1番お勧めする業務が「ネットトラブル」になります。

まず、ネットトラブルとしての業務は、「風評被害」、「誹謗中傷」、「悪質な書き込み」、「ネガティブな関連ワード」といったネット上の記事や検索結果などへの削除対策がメインになります。

リスティング広告でのネットトラブルに関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「削除請求 弁護士」の検索キーワードで100円~600円程度で上位表示が可能ですので、他の弁護士の業務と比較するとかなり安い金額だというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関してはネットトラブルで現状は1万程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を5千円以内に近づけていくことが目標になってきます。

現在のネットトラブルに関してのCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページの質などを考えますと、ネットトラブルに関してのリスティング広告はさらに費用対効果を上げることが可能だと判断できます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、先生の事務所のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化をおこないユーザーからのお問い合わせを意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが可能になると判断できます。

また、ディスプレイ広告に関しては、ネットトラブルでのバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。

弁護士が取り扱うネットトラブルのリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で離婚問題のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で「離婚問題」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での離婚問題に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「離婚 弁護士」の検索キーワードで200円~700円程度で上位表示が可能ですので、他の弁護士の業務と比較すると離婚問題関連のCPC「クリック単価」はかなり安いというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては離婚問題で現状では1万程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を5千円程度に近づけていくことが目標になってきます。

ディスプレイ広告に関しては、プライバシーの問題からGoogleの広告のリマーケティング広告が利用できません。しかしYahoo広告のリターゲティング広告は現在ではまだ利用可能なので離婚問題に関してのリターゲティング広告は出稿すれば確実に成果はあがると思います。

現在の離婚問題関連のCPC「クリック単価」を考慮して、さらに競合相手のランディングページの質を考えますと離婚問題のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができる可能性があります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

弁護士が取り扱う業務で離婚問題のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で労働問題のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で「労働問題」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

労働問題としての業務は、「未払い給料の請求」、「未払い残業代に請求」、「未払い退職金の請求」、「不当解雇」といったことへの請求または対応になります。

リスティング広告での労働問題に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「残業代 弁護士」の検索キーワードで400円~1000円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に労働問題のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。そう考えると他の弁護士の業務と比較しても労働問題関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状です。

労働問題についてのリスティング広告は他の業務と比較すると決まった検索キーワードがなく、多くの検索キーワードに分散していますので、キーワードの選択によってはCPC「クリック単価」を抑えることが可能だと考えられます。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては労働問題で現状では1万5千円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を1万円以内に近づけていくことが目標になってきます。

現在の労働問題関連のCPC「クリック単価」を考慮して、さらに競合相手のランディングページの質を考えますと労働問題のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができる可能性があります、リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

また、ディスプレイ広告に関しては、労働問題のバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。しかし労働問題に関してはリマーケティング広告の出稿が可能ですので、まだまだ費用対効果が高いディスプレイ広告の出稿が可能だと判断できます。

弁護士が取り扱う業務で労働問題のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で慰謝料請求のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で、「慰謝料請求」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

慰謝料の請求については、慰謝料を請求する側と請求される側での2つの業務がありますが、どちらかを選択してランディングページを作り広告運用を運用するケースと、2つのランディングページを作って、どちらの側からも依頼を受ける方法が考えられます。

1つのランディングページに両方の業務を載せることも考えられますが、ランディングページは請求する側に寄り添うようなキャッチコピーで集客の効率を上げていきたいので、2つの違ったランディングページを作成することをお勧めいたします。

リスティング広告での慰謝料請求に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「慰謝料 弁護士」の検索キーワードで300円~1000円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に慰謝料請求のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。そう考えると他の弁護士の業務と比較しても慰謝料請求関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては慰謝料請求で現状では1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になってきます。

現在の慰謝料請求関連のCPC「クリック単価」を考慮して、さらに競合相手のランディングページの質を考えますと慰謝料請求のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができる可能性があります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、プライバシーの問題からGoogleの広告のリマーケティング広告が利用できません。しかしYahoo広告のリターゲティング広告は現在ではまだ利用可能なので慰謝料請求に関してのリターゲティング広告は出稿すれば確実に成果はあがると思います。

弁護士が取り扱う業務で慰謝料請求のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で交通事故のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で「交通事故」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での交通事故に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、他の弁護士の業務と比較しても交通事故請求関連のCPC「クリック単価」は最高額に近いぐらい高騰しているというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては交通事故で現状では1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円に近づけていくことが目標になってきます。

現在の交通事故関連のCPC「クリック単価」を考慮して、さらに競合相手のランディングページの質などを考えますと交通事故のリスティング広告はさらに費用対効果を上げるにはかなり綿密な戦略が必要になります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、それぞれのクオリティを最大限に高めることで初めて事務所へのCPA「相談単価」を下げることが可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、プライバシーの問題からGoogleの広告のリマーケティング広告が利用できません。しかしYahoo広告のリターゲティング広告は現在ではまだ利用可能なので交通事故に関してのリターゲティング広告は出稿すれば確実に成果はあがると思います。

弁護士が取り扱う業務で交通事故のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で債務整理のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で「債務整理」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

債務整理については、正確に言うと任意整理だけでなく、自己破産と民事再生(個人再生)を含めた借金整理の総称になりますが、今回の取り扱い業務としては過払い金を含む任意整理をメインに考えての業務になります。

過払い金に関しては今後さらに少なくなっていくことが予想されますが、任意整理をメインにしての業務とはいえ自己破産や民事再生(個人再生)の案件がくれば、それぞれの手続きで受託していくことになります。

リスティング広告での債務整理に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「債務整理 弁護士」の検索キーワードで700円~2000円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に債務整理のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。そう考えても他の弁護士の業務と比較しても債務整理関連のCPC「クリック単価」はかなり高騰しているというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては債務整理で現状では1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になってくきます。

現在の債務整理関連のCPC「クリック単価」を考慮して、さらに競合相手のランディングページの状況を考えますと債務整理のリスティング広告はさらに費用対効果を上げるためにはかなり綿密な戦略が必要になってきます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、プライバシーの問題からGoogleの広告のリマーケティング広告が利用できません。しかしYahoo広告のリターゲティング広告は現在ではまだ利用可能なので債務整理に関してのリターゲティング広告は出稿すれば確実に成果はあがると思います。

弁護士が取り扱う業務で債務整理のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で自己破産のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で「自己破産」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

自己破産については、正確に言うと債務整理の1部の業務になりますが、自己破産単体でも取り扱い業務としても十分な売り上げが期待できますし、自己破産をメインにしての業務とはいえ任意整理や民事再生(個人再生)の案件がくれば、それぞれの手続きで受託していくことになります。

リスティング広告での自己破産に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「自己破産 弁護士」の検索キーワードで600円~2000円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に自己破産のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。そう考えても他の弁護士の業務と比較しても自己破産関連のCPC「クリック単価」はかなり高騰しているというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては自己破産で現状では1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になってきます。

現在の自己破産関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページの質を考えますと自己破産のリスティング広告でさらに費用対効果を上げるためには、リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、プライバシーの問題からGoogleの広告のリマーケティング広告が利用できません。しかしYahoo広告のリターゲティング広告は現在ではまだ利用可能なので自己破産に関してのリターゲティング広告は出稿すれば確実に成果はあがると思います。

弁護士が取り扱う業務で自己破産のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で民事再生(個人再生)のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で「民事再生、個人再生」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

民事再生(個人再生)については、正確に言うと債務整理の1部の業務になりますが、自己破産単体でも取り扱い業務としても十分な売り上げが期待できますし、自己破産をメインにしての業務とはいえ任意整理や自己破産の案件がくれば、それぞれの手続きで受託していくことになります。

リスティング広告での民事再生(個人再生)に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「民事再生 弁護士」の検索キーワードで300円~1200円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に民事再生(個人再生)のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。そう考えると他の弁護士の業務と比較しても民事再生関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては民事再生(個人再生)で現状では1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円程度に近づけていくことが目標になってきます。

現在の民事再生関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページの質を考えますと民事再生のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができる可能性があります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

民事再生のディスプレイ広告については出稿がありませんし、民事再生というキーワード自体が少し専門的すぎるので、ディスプレイ広告で成果を出すのは少し難しいと考えられます。

弁護士が取り扱う業務で民事再生のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で逮捕(刑事事件)のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で「逮捕、刑事事件」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での逮捕(刑事事件)に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「逮捕 弁護士」の検索キーワードで200円~1200円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に民事再生(個人再生)のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。そう考えると他の弁護士の業務と比較しても民事再生関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては逮捕(刑事事件)で現状では1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円程度に近づけていくことが目標になってきます。

現在の逮捕(刑事事件)関連のCPC「クリック単価」を考慮して、競合相手のランディングページの質を考えますと逮捕(刑事事件)のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができる可能性があります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、プライバシーの問題からGoogleの広告のリマーケティング広告が利用できません。しかしYahoo広告のリターゲティング広告は現在ではまだ利用可能なので逮捕(刑事事件)に関してのリターゲティング広告は出稿すれば成果はあがる可能性があると思います。

弁護士が取り扱う業務で逮捕(刑事事件)のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で相続問題のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で、「相続問題」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での相続問題に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「相続 弁護士」の検索キーワードで300円~1300円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に相続問題のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。そう考えると他の弁護士の業務と比較しても民事再生関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては相続問題で現状では1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になってきます。

現在の相続問題関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページの状況を考えますと相続問題のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができる可能性があります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、相続問題のバナー広告が出稿されているのはわずかですが確認できます。相続問題に関してはリマーケティング広告の出稿が可能ですので、費用対効果が高いディスプレイ広告の出稿が可能だと判断できます。

弁護士が取り扱う業務で相続問題のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁護士の取り扱い業務で債権回収のリスティング広告の解説です!

次は弁護士の取り扱い業務の中で、「債権回収」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での債権回収に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「債権回収 弁護士」の検索キーワードで200円~1000円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に相続税のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。そう考えると他の弁護士の業務と比較しても民事再生関連のCPC「クリック単価」はそれごどでもないというのが現状です。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては債権回収で現状では1万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して5千円程度に近づけていくことが目標になってきます。

現在の債権回収関連のCPC「クリック単価」を考慮して、さらに競合相手のランディングページの質を考えますと債権回収のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができる可能性があります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

債権回収に関するディスプレイ広告の特徴の出稿は確認することができませんし、債権回収をディスプレイ広告から効率よく仕事の受託に繋げるは難しいと考えられます。

弁護士が取り扱う業務で債権回収のリスティング広告についての解説は以上になります。

司法書士のリスティング広告【事務所の売り上げを2倍に!】

ここからは司法書士の取り扱い業務についてのリスティング広告の運用の解説になります。

司法書士の取り扱い業務で債務整理のリスティング広告の解説です!

ここでは司法書士の取り扱い業務の中で「債務整理」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

債務整理については、正確に言うと任意整理だけでなく、自己破産と民事再生(個人再生)を含めた借金整理の総称になりますが、今回の取り扱い業務としては過払い金を含む任意整理をメインに考えての業務になります。

過払い金に関しては今後さらに少なくなっていくことが予想されますが、任意整理をメインにしての業務とはいえ自己破産や民事再生(個人再生)の案件がくれば、それぞれの手続きで受託していくことになります。

リスティング広告での債務整理に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「債務整理 司法書士」の検索キーワードで300円~1500円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に債務整理のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。債務整理関連のCPC「クリック単価」はかなり高騰しているというのが現状になります。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては債務整理で現状では1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になってきます。

現在の債務整理関連のCPC「クリック単価」を考慮して、さらに競合相手のランディングページの状況を考えますと債務整理のリスティング広告でさらに費用対効果を上げるためにはかなり綿密な戦略が必要になってきます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化をさらに効率よく進めるのが1番効率がいい方法で、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが可能になると判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、プライバシーの問題からGoogleの広告のリマーケティング広告が利用できません。しかしYahoo広告のリターゲティング広告は現在ではまだ利用可能なので債務整理に関してのリターゲティング広告はとても多く出稿されています。競合他社との差別化からバナー画像からランディングページまでの流れを精査することで確実に成果はあがると考えられます。

司法書士が取り扱う業務で債務整理のリスティング広告についての解説は以上になります。

司法書士の取り扱い業務で自己破産のリスティング広告の解説です!

次は司法書士の取り扱い業務の中で「自己破産」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

自己破産については、正確に言うと債務整理の1部の業務になりますが、自己破産単体でも取り扱い業務としても十分な売り上げが期待できますし、自己破産をメインにしての業務とはいえ任意整理や個人再生の案件がくれば、それぞれの手続きで受託していくことになります。

リスティング広告での自己破産に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「自己破産 司法書士」の検索キーワードで300円~1000円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に自己破産のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。自己破産関連のCPC「クリック単価」はかなり高騰しているというのが現状になります。

問い合わせのCPA「相談単価」に関しては自己破産で現状では1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になってきます。

現在の自己破産関連のCPC「クリック単価」を考慮して、さらに競合相手のリスティング広告の状況を考えますと自己破産のリスティング広告でさらに費用対効果を上げるためには、リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化をさらに効率よく進めるのが1番効率がいい方法で、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが可能になると判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、プライバシーの問題からGoogleの広告のリマーケティング広告が利用できません。しかしYahoo広告のリターゲティング広告は現在ではまだ利用可能なので自己破産に関してのリターゲティング広告は出稿すれば成果はあがる可能性があると思います。

司法書士が取り扱う業務で自己破産のリスティング広告についての解説は以上になります。

司法書士の取り扱い業務で相続遺言のリスティング広告の解説です!

次は司法書士の取り扱い業務の中で「相続遺言」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での相続遺言に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「相続 司法書士」の検索キーワードで100円~400円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に相続遺言のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。相続遺言関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

相続遺言の問い合わせのCPA「相談単価」に関してCPCと比較すると現状では割りと高く1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内に近づけていくことが目標になってきます。

現在の相続遺言関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページの状況を考えると相続遺言のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができる可能性があります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、相続遺言のバナー広告が出稿されているのはわずかですが確認できます。相続遺言に関してはリマーケティング広告の出稿が可能ですので、費用対効果が高いディスプレイ広告の出稿が可能だと判断できます。

司法書士が取り扱う業務で相続遺言のリスティング広告についての解説は以上になります。

司法書士の取り扱い業務で成年後見のリスティング広告の解説です!

次は司法書士の取り扱い業務の中で、「成年後見」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での成年後見に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「成年後見 司法書士」の検索キーワードで100円~300円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に成年後見のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。成年後見関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

成年後見の問い合わせのCPA「相談単価」に関してはCPC「相談単価」を考えると現状では割りと高く1万5千円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内にしていくことが目標になってきます。

現在の成年後見関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページの質を考えますと成年後見のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、成年後見のバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。成年後見に関してはリマーケティング広告の出稿が可能ですので、費用対効果が高いディスプレイ広告の出稿が可能だと判断できます。

司法書士が取り扱う業務で成年後見のリスティング広告についての解説は以上になります。

税理士のリスティング広告【事務所の売り上げを2倍に!】

ここからは税理士の取り扱い業務についてのリスティング広告の運用の解説になります。

税理士の取り扱い業務で創業融資のリスティング広告の解説です!

次は税理士の取り扱い業務の中で「創業融資」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での創業融資に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできませんが、「創業融資 税理士」の検索キーワードで300円~1000円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に創業融資のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。 創業融資関連のCPC「クリック単価」はかなり高騰しているというのが現状になります。

創業融資の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては現状で1万円~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内にしていくことが目標になってきます。

現在の創業融資関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページの質を考えますと創業融資のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができる可能性があります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、先生の事務所のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化をおこないユーザーからのお問い合わせを意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、創業融資のバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。創業融資に関してはリマーケティング広告の出稿が可能ですので、費用対効果が高いディスプレイ広告の出稿が可能だと判断できます。

税理士が取り扱う業務で創業融資のリスティング広告についての解説は以上になります。

税理士の取り扱い業務で相続税のリスティング広告の解説です!

次は税理士の取り扱い業務の中で「相続税」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での相続税に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできませんが、「相続税 税理士」の検索キーワードで300円~1400円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に相続税のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。相続税関連のCPC「クリック単価」はかなり高騰しているというのが現状になります。

相続税の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては現状で1万円~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内にしていくことが目標になってきます。

現在の相続税関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページの質などを考えますと、相続税のリスティング広告はさらに費用対効果を上げるにはかなり綿密な戦略が必要になります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、先生の事務所のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化をおこないユーザーからのお問い合わせを意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが可能になると判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、相続税のバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。相続税に関してはリマーケティング広告の出稿が可能ですので、費用対効果が高いディスプレイ広告の出稿が可能だと判断できます。

税理士が取り扱う業務で相続税のリスティング広告についての解説は以上になります。

行政書士のリスティング広告【事務所の売り上げを2倍に!】

ここからは行政書士の取り扱い業務についてのリスティング広告の運用の解説になります。

行政書士の取り扱い業務で入管業務のリスティング広告の解説です!

次は行政書士の取り扱い業務の中で、「入管業務」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での入管業務に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「入管業務 行政書士」の検索キーワードで50円~300円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に入管業務のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。入管業務関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

入管業務の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては、入管業務の種類によっても変わってきますが平均で1万円を切る程度が予想されます。ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して5千円以内にしていくことが目標になってきます。

現在の入管業務関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと入管業務のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、入管業務のバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。

行政書士が取り扱う業務で入管業務のリスティング広告についての解説は以上になります。

行政書士の取り扱い業務で建設業許可のリスティング広告の解説です!

次は行政書士の取り扱い業務の中で、「建設業許可」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での建設業許可に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「建設業許可 行政書士」の検索キーワードで100円~400円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に建設業許可のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。建設業許可のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

建設業許可の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては当社および当社の関連会社にはデータがありませんが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になります。

現在の建設業許可のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと建設業許可のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、建設業許可のバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。

行政書士が取り扱う業務で建設業許可のリスティング広告についての解説は以上になります。

行政書士の取り扱い業務で営業許可のリスティング広告の解説です!

次は行政書士の取り扱い業務の中で、「営業許可」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での営業許可に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「深夜営業 行政書士」の検索キーワードで100円~500円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に営業許可関連のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。営業許可関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

営業許可に関するの問い合わせのCPA「相談単価」に関しては、営業許可といっても種類が多すぎるので相談単価を判断するのは難しいというのが現状です。ただ、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になってきます。

現在の営業許可関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと営業許可関連のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、営業許可関連のバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。

行政書士が取り扱う業務で営業許可のリスティング広告についての解説は以上になります。

行政書士の取り扱い業務で相続遺言のリスティング広告の解説です!

次は行政書士の取り扱い業務の中で、「相続遺言」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での相続遺言に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「相続 行政書士」「遺言 業務の」の検索キーワードで100円~300円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に相続遺言のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。相続遺言のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

相続遺言の問い合わせのCPA「相談単価」に関してCPCと比較すると現状では割りと高く1万~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を安定して1万円以内にしていくことが目標になってくると思います。

現在の相続遺言関連のCPC「クリック単価」を考慮しても、実際に「相続 行政書士」で検索結果に表示されるのは行政書士事務所以外がほとんどで、競合相手のランディングページのレベルを考えますと相続遺言のリスティング広告でさらに費用対効果を上げるためには綿密な戦略が必要になります。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが可能になると判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、相続遺言のバナー広告が出稿されているのはわずかですが確認できます。相続遺言に関してはリマーケティング広告の出稿が可能ですので、費用対効果が高いディスプレイ広告の出稿が可能だと判断できます。

行政書士が取り扱う業務で相続遺言のリスティング広告についての解説は以上になります。

行政書士の取り扱い業務で古物商許可のリスティング広告の解説です!

次は行政書士の取り扱い業務の中で、「古物商許可」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での古物商許可に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「古物商許可 行政書士」の検索キーワードで50円~150円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に古物商許可のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。古物商許可のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

古物商許可の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては当社および当社の関連会社にはデータがありませんが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になります。

現在の古物商許可のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと古物商許可のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、古物商許可のバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。

行政書士が取り扱う業務で古物商許可のリスティング広告についての解説は以上になります。

行政書士の取り扱い業務で酒類販売のリスティング広告の解説です!

次は行政書士の取り扱い業務の中で、「酒類販売」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での酒類販売に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「酒類販売 行政書士」の検索キーワードで50円~150円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に酒類販売のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。酒類販売のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

酒類販売の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては当社および当社の関連会社にはデータがありませんが、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になります。

現在の酒類販売のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと酒類販売のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、酒類販売のバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。

行政書士が取り扱う業務で酒類販売のリスティング広告についての解説は以上になります。

行政書士の取り扱い業務で補助金のリスティング広告の解説です!

次は行政書士の取り扱い業務の中で、「補助金」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での補助金に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「補助金 行政書士」の検索キーワードで100円~300円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に補助金のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。補助金関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

補助金の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては、補助金の種類によってもCPA「相談単価」は変わってきますが、当社および当社の関連会社には補助金に関するデータがありませんので、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になります。

現在の補助金関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと補助金のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、補助金に関するバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。

行政書士が取り扱う業務で補助金のリスティング広告についての解説は以上になります。

土地家屋調査士のリスティング広告【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは土地家屋調査士の取り扱い業務についてのリスティング広告の運用の解説になります。

土地家屋調査士の取り扱い業務の中で、「土地測量」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での土地測量に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「測量 費用」の検索キーワードで100円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に土地測量のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。土地測量関連のCPC「クリック単価」はかなり安いというのが現状になります。

土地測量の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては、当社および当社の関連会社には土地測量に関するデータがありませんので、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になります。

現在の土地測量関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと土地測量のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、土地測量に関するバナー広告が出稿されている確認はできませんでした。

土地家屋調査士が取り扱う業務で土地測量のリスティング広告についての解説は以上になります。

社労士のリスティング広告【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは社労士の取り扱い業務についてのリスティング広告の運用の解説になります。

社労士の取り扱い業務の中で、「助成金」についてのリスティング広告の運用の解説になります。

リスティング広告での助成金に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「助成金 社労士」の検索キーワードで100円~500円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に助成金のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。助成金関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

助成金の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては、助成金の種類によってもCPA「相談単価」は変わってきますが、当社および当社の関連会社には補助金に関するデータがありませんので、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になります。

現在の助成金関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと助成金のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

ディスプレイ広告に関しては、助成金に関するバナー広告が出稿されている確認はできませんでしたが、効率のいいバナーを用意してリマーケティング広告を活用することで、ディスプレイ広告でのネット集客の成果も期待できると思います。

社労士が取り扱う業務で助成金のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁理士のリスティング広告【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは弁理士の取り扱い業務についてのリスティング広告の運用の解説になります。

弁理士の取り扱い業務で特許出願のリスティング広告の解説です!

弁理士の取り扱い業務で「特許出願」のリスティング広告の解説です!

リスティング広告での特許出願に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「特許出願 弁理士」の検索キーワードで100円~500円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に特許出願のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。特許出願関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

特許出願の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては、特許出願の種類によってもCPA「相談単価」は変わってきますが、当社および当社の関連会社には特許出願に関するデータがありませんので、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になります。

現在の特許出願関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと特許出願のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

特許出願に関してのディスプレイ広告の出稿は確認ができませんが、効率のいいバナーを用意してリマーケティング広告を活用することで、ディスプレイ広告でのネット集客の成果も期待できると思います。

弁理士が取り扱う業務で特許出願のリスティング広告についての解説は以上になります。

弁理士の取り扱い業務で商標登録のリスティング広告の解説です!

弁理士の取り扱い業務で「商標登録」のリスティング広告の解説です!

リスティング広告での商標登録に関してのCPC「クリック単価」は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「特許出願 弁理士」の検索キーワードで300円~800円程度で上位表示が可能です。この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に商標登録のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。商標登録関連のCPC「クリック単価」はそれほどでもないというのが現状になります。

商標登録の問い合わせのCPA「相談単価」に関しては、商標登録の種類によってもCPA「相談単価」は変わってきますが、当社および当社の関連会社には特許出願に関するデータがありませんので、ランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」をできるだけ下げることが目標になります。

現在の商標登録関連のCPC「クリック単価」を考慮して、また競合相手のランディングページのレベルを考えますと商標登録のリスティング広告はさらに費用対効果を上げることができます。リスティング広告の運用での検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんですが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について、ユーザーの行動を意図的に促すことで、さらに事務所へのCPA「相談単価」を下げることが十分に可能だと判断できます。

商標登録に関してのディスプレイ広告の出稿は確認ができませんが、効率のいいバナーを用意してリマーケティング広告を活用することで、ディスプレイ広告でのネット集客の成果も期待できると思います。

弁理士が取り扱う業務で商標登録のリスティング広告についての解説は以上になります。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

サムライ集客ガイドでは、ネット集客にはウェブマーケティングの習得がマストだといったお話しを続けていますが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ウェブマーケティングの習得は難しいという先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせはこちらへ